脳の使い方

言葉が出てこない・前頭葉改善で記憶とリンク!専門医推薦改善法7選

Japanese senior women in a cafe

「あの、昔すごく流行った、あの芸能人、名前は何だっけ、最近またよくテレビに出てるほら、あの、誰でも知ってるでしょ…」 「昨日とても良い映画を見たの、タイトルはほらあれ、あの、すごく良いお話で、あの俳優さんが出てる…」 「○○君、ちょっとあれをあれしてほしいんだけど、あれ、と言ったらあれだよ、あのこと…」 皆さんのまわりでよくあるできごとだと思います。このように言葉が出てこないこと...

続きを読む

物忘れがひどい!ぜひ行うべき「物忘れ改善」のための5つの習慣

物忘れ000-1

「物忘れがひどい」と悩まれる方が増えています。私の周りでも30代にもかかわらず「物忘れがひどい」と自覚する方がいらっしゃいます。今まで覚えられたこと、思い出せたことが、ある日できなくなる… こうした自覚を持つと誰もが不安を感じることと思います。 ただ、多くの方が物忘れについて勘違いをされているのも事実です。不安な状態は正しい情報を知らないから続いてしまいます。今感じている不安は解消できること...

続きを読む

記憶のフックを刺激しよう!

先日、外来の患者さんで面白いことがありました。患者さんは、側頭葉機能は比較的保たれています。しかし、前頭葉機能低下によりワーキングメモリーの機能が低下しています。患者さんは、定期的に俳句の会に行っています。娘さんが、帰宅してから、『今日は、どこに行ってきたの?』と質問すると。『どこにも行っていないよ‥』と答えるのです。娘さんは、帰宅してすぐに行き先を忘れてしてしまっていることに悲観されていました。...

続きを読む

社会迷惑になる前に、準備しよう!

前頭葉機能は加齢により必ず機能が低下します。つまり、50歳前後になるとワーキングメモリーの低下は避けられないのです。皆さんの周囲に、こんな人はいらっしゃいませんか? "サラリーマンとして働くが、出世もほどほど。現在の年齢とポジションでは、経営層になることも不可能。最近では、責任ある仕事にも関わらせてもらっていない。どこか、仕事にもやる気がなくなってきている。大した仕事をしていなくても、単純なミス...

続きを読む

困ったときは書き出そう

スタッフが退職する際に送る言葉があります。『人生、大変なことは重なる!』です。これは患者さんの子供さんを見ていて感じます。両親の介護問題に悩んでいるときに限って子供の、学校・就職・結婚・出産が重なります。その上、自身の仕事も忙しく体調も少しずつガタがくる・・あまりに同時に起こるために時にパニックなったり感情的になることもあります。 これは脳の前頭葉のワーキングメモリーがパンクすることが原因です。...

続きを読む

50歳を超えると言い間違える!?

先日、ポッドキャストの収録の際、"先生、○○○を言い間違えられましたから再度、言い直してください"と指摘されました。正直、自分の頭の中は"???"です。なぜなら、自分では正しく言ったつもりだったからです。しかし、自分以外に2人とレコーダが証人・・騙された気になって、録音しなおしました。 そんなことがあってから、クリニックの外来で橋本院長が、看護婦さんたちと"言った言わない"でもめていました。しかし...

続きを読む

“ほらあれだよあれ”を言っちゃあおしまいです

どれだけ工夫をして、努力してもやはり加齢変化により、覚えている言葉が出てこないことはあります。そんな時、"ほらあれだよあれ"を言いたくなりますが、"これを言っちゃあおしまい"です。最近では、打ち合わせや会話の際にも調べているようなふりをして、スマホをいじっていても許されます。ですから、会話の際に"ほらあれだよあれ"という前に、調べてしまうんです。そうすると、いくつになっても"仕事のできる感"を漂わ...

続きを読む

“思い出せなかったノート”の薦め

40歳を超えると、"ほらあれだよあれ"が増えてきます。それなりに時間をかけたり他人に教えてもらったりスマホで調べると何とか答えは出るものです。そんな時にお勧めなのが、"思い出せなかったノート"です。ノートには、思い出せなくて格闘の末、思い出した単語を記載するだけです。ノートに記載される単語が増えてくると不思議と、傾向がわかるものです。そもそも、思い出せなかったものは、人名、本・映画の題名、お店の名...

続きを読む

error: Content is protected !!