脳の使い方

美容はもちろん脳寿命にも効果的な表情筋トレーニングを医師が解説

attractive asian woman in front of mirror

我々、脳神経内科医は人の表情筋を見ることがクセです。公共交通機関の中でも、「この方は脳血管障害の既往がある」や「この女性は、普通では分からないが過去に顔面神経麻痺になった」など表情筋を見るだけで分かるものです。そんな多彩な情報を与えてくれる表情筋ですが、加齢に伴い衰えてきます。 そのことは美容的な問題だけでなく、将来の健康寿命にまで直結します。今回の記事では、脳神経内科医が表情筋の正しい知識...

続きを読む

おしゃべりの効能・人との繋がりが認知症、寝たきりまで予防するとは

Happy group of women having fun

高齢の方がデイサービスを利用された時の様子です。女性ばかりのグループは、とても会話が盛り上がっていてとても楽しそうです。「以前からお知り合いだったのですか?」とお伺いすると、今日はじめて会ったとのこと。初めて会ったにも関わらず、共通点から会話の糸口を探り、話題を盛り上げていくあたりは流石です。 一方で、男性ばかりのグループは、30分経ってもまったく会話がありません。誰も会話の糸口を探そうとも...

続きを読む

子供の習い事はそろばんがおすすめ!認知症専門医が脳科学的に解説

Abacus

「子供にどんな習い事をさせよう?」これは多くの親が悩むことです。そんなときにぜひ選択していただきたいものがそろばんです。 「そろばんは昔のもの」、「これからの時代はそろばんを使う機会はないから無駄」と思われているかもしれません。しかし、そろばんは、左右の脳をバランスよく使うとても優れた手法なのです。昔から「読み書きそろばん」と言われますが、脳の働きを考えても有用なのです。 また、あまり...

続きを読む

ワーキングメモリ改善!「鍛錬よりも解放」で能率向上する7つの知識

The next step

最近、同時にこなせる仕事量が減ったと感じることはありませんか? もしくは、同時に仕事を進めていると今まででは考えられないミスを犯してしまうことはありませんか? これはワーキングメモリ低下の可能性があります。脳の機能の一つである、このワーキングメモリは加齢に伴って低下します。しかし少しでも早いうちから、ワーキングメモリの仕組みを知っておけば、対策をとることが可能です。 ワーキング...

続きを読む

言葉が出てこない!記憶と単語を結びつける専門医推薦の改善法7選

Japanese senior women in a cafe

「あの、昔すごく流行った、あの芸能人、名前は何だっけ、最近またよくテレビに出てるほら、あの、誰でも知ってるでしょ…」 「昨日あれに行ってきたの、あれを診てもらいに。そうしたらあれはなんともなくて、あっちのほうを検査したほうがいいって言われて…」 「○○君、ちょっとあれをあれしてほしいんだけど、あれ、と言ったらあれだよ、あのこと…」 皆さんのまわりでよくあるできごとだと思います。こ...

続きを読む

物忘れがひどい方必見!認知症専門医が語る改善のための5つの知識

物忘れ000-1

「物忘れがひどい」と悩まれる方が増えています。私の周りでも30代にもかかわらず「物忘れがひどい」と自覚する方がいらっしゃいます。今まで覚えられたこと、思い出せたことが、ある日できなくなる… こうした自覚を持つと誰もが不安を感じることと思います。 ただ、多くの方が物忘れについて勘違いをされているのも事実です。不安な状態は正しい情報を知らないから続いてしまいます。今感じている不安は解消できること...

続きを読む

記憶のフックを刺激しよう!

先日、外来の患者さんで面白いことがありました。患者さんは、側頭葉機能は比較的保たれています。しかし、前頭葉機能低下によりワーキングメモリーの機能が低下しています。患者さんは、定期的に俳句の会に行っています。娘さんが、帰宅してから、『今日は、どこに行ってきたの?』と質問すると。『どこにも行っていないよ‥』と答えるのです。娘さんは、帰宅してすぐに行き先を忘れてしてしまっていることに悲観されていました。...

続きを読む

社会迷惑になる前に、準備しよう!

前頭葉機能は加齢により 必ず機能が低下します。 つまり、50歳前後になるとワーキングメモリーの低下は避けられないのです。 皆さんの周囲に、こんな人はいらっしゃいませんか? "サラリーマンとして働くが、出世もほどほど。 現在の年齢とポジションでは、経営層になることも不可能。 最近では、責任ある仕事にも関わらせてもらっていない。 どこか、仕事にもやる気がなくなってきている。 大した仕事...

続きを読む

困ったときは書き出そう

スタッフが退職する際に送る言葉があります。『人生、大変なことは重なる!』です。これは患者さんの子供さんを見ていて感じます。両親の介護問題に悩んでいるときに限って子供の、学校・就職・結婚・出産が重なります。その上、自身の仕事も忙しく体調も少しずつガタがくる・・あまりに同時に起こるために時にパニックなったり感情的になることもあります。 これは脳の前頭葉のワーキングメモリーがパンクすることが原因です。...

続きを読む

50歳を超えると言い間違える!?

先日、ポッドキャストの収録の際、 "先生、○○○を言い間違えられましたから再度、言い直してください" と指摘されました。 正直、自分の頭の中は"???"です。 なぜなら、自分では正しく言ったつもりだったからです。 しかし、自分以外に2人とレコーダが証人・・ 騙された気になって、録音しなおしました。 そんなことがあってから、 クリニックの外来で 橋本院長が、看護婦さんたちと ...

続きを読む

error: Content is protected !!