認知症施設

歯科医急募!高齢者専門クリニックで新時代の歯科医になりませんか?

Chair background concept - recruitment hire hiring interview

このたび土岐内科クリニック(岐阜県土岐市)では、歯科医を急募します。当院では、医科歯科連携の重要性から、平成30年2月から歯科ユニットも1台設置し、歯科衛生士を採用しました。その結果、患者様及びご家族からは本当に本当に多くの感謝の声を頂くことができました。(参考記事:これからの超高齢社会において飛躍する職業が「歯科衛生士」の理由) 近年「内科系疾患改善や認知症予防のために、口腔内環境の整備が...

続きを読む

特別養護老人ホームとは・重介護生活の第一選択肢に向く人向かない人

Sick elderly patient

特別養護老人ホーム(以下、特養)は、介護保険が使えて費用が安く抑えられるなどのメリットがあり、多くの方が希望される公的施設です。 自宅での介護が不可能になったご家族が、最終的に患者さんの入所を希望される際の第一選択肢といえるでしょう。人気があるために、特養は一時、入所に3年待ちと言われていました。しかし最近、地方では待機期間も短縮化しています。 では単純に「自宅で看られなくなったから、...

続きを読む

介護施設選びの注意点・土岐市に小規模多機能ホームがない理由

Marriage holding hand's in hospital

「小規模多機能ホーム」が全国各地に存在しています。利用者一人ひとりにケアプランが作成され「通い」「泊まり」など臨機応変に利用できるというものです。 私は、最近立て続けにこの小規模多機能ホームを利用している患者さんから相談を受けました。いずれも患者さんが重症化しており、他の入所施設への移動をしたいのですが、ケアマネが動いてくれないとのこと。家族は困ってしまい、相談のために当院に受診されました。...

続きを読む

介護に限界を感じる前に…要介護3未満の介護保険施設選び6つの知識

Seniors sitting together

自宅で頑張って介護をしてきても、「これ以上は限界」になることがあります。昔のように、お嫁さんが介護のために人生をかける時代ではありません。介護生活を社会全体で支えるために、2000年4月に介護保険が施行されたのです。 そのようなご家族の多くは「施設にお任せしたいが、できるだけ費用を安くしたい」とお考えではないでしょうか。 実は、介護保険の公的施設である特別養護老人ホーム(特養)は、介護...

続きを読む

グループホーム選びの最も重要なポイントが「看取り」である理由

Senior couple in wheelchair in autumn nature.

軽度認知症の方が集団で生活するのがグループホームです。 そこで入所者の方の体調が悪化するとどうなると思いますか?  もちろん急激に悪化する場合も徐々に悪化する場合もあります。 そのうちに医学的に「余命がわずか」と判断される状況は誰にも訪れます。入院ですか? 今の病院は長く入院させておくことができません。ではどうすればいいのでしょうか? ご家族が施設を選択する場合、まずは費用や施設...

続きを読む

世帯分離…家計を守る裏ワザ的方法のメリットとデメリット【事例も】

Two senior couples holding their arms

介護をしている家族にとって、施設型や訪問型などの介護サービスは、介護負担を軽減するためにも必要です。しかし、サービスによっては高額の費用がかかります。介護が長期化したり、サービスの利用頻度が高まったりするほど、要介護者を支える家族には経済的な負担が家計にのしかかります。 そんな介護費用を節約する“裏ワザ”ともいえるのが「世帯分離」です。二つ以上の家族が同居している場合、世帯分離をすることで介...

続きを読む

リハビリ特化型デイとは・従来のデイサービスを嫌がる方にお勧めする3つの理由

Old healthy Asian senior couple exercise together in gym running treadmill

介護認定を受けたのにも関わらず、介護サービスの利用を拒否される要介護者は結構いらっしゃいます。 家族としては、なんとか介護サービスを利用してもらいたいものです。しかし、特にデイサービスについて「俺はあんなところでお遊戯みたいなことはしたくない」「私はあんなところで皆と一緒にお風呂に入りたくない」といった不満を言われます。 そんな時は、リハビリ特化型デイサービス(リハビリ特化型デイ)を検...

続きを読む

認知症のリハビリについて・専門医が解説する改善のための5つの知識

Hands of senior lady folding Origami paper

認知症専門外来では、ご家族の方から「薬以外に何かできることはありませんか?」としばしば質問されます。 「薬だけに頼らずに改善のために何かしてあげたい」と考えるご家族の気持ちはとてもよくわかります。少しでも以前のような生活を取り戻したいと願うはずですから。 結論から言うと、認知症に対するリハビリは絶対に行うべきです。事実、私の外来でも改善された例が多々あります。反面、薬と医師に頼りっぱな...

続きを読む

住宅型有料老人ホーム&高齢者賃貸住宅

総量規制の対象である、特別養護老人ホーム、老人保健施設、認知症生活介護(グループホーム)や介護付有料老人ホーム以外で最近見られるのは、住宅型有料老人ホームと高齢者専用賃貸住宅です。 住宅型有料老人ホームは厚生労働省の管轄ですので年1回の監査が義務付けられます。 一方高齢者賃貸住宅は、国土交通所管轄となりますので、監査等は全くありません。 形態は、異なる二つですが、運営は極めて似ています。 ...

続きを読む

介護保健施設総量規制

先回までご紹介した特別養護老人ホーム&老人保健施設といった介護保健施設は、2006年の介護保険改正による総量規制により、今後新規の建築は望めないのが実情です。 たしかに、100名定員の介護保健施設を作るには10億円以上の費用がかかります。 その建築には、助成金が必要になるため国としてもこれ以上の費用負担は困難かもしれません。  そのために介護保険施設を補完する目的で、民間の資源を利用した認知...

続きを読む

error: Content is protected !!