病気

痩せ型でも油断禁物・睡眠時無呼吸症候群7つのポイントを医師が解説

Man sleeping in his bed and snoring loudly

近年、睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)のドライバーによる事故が多発しています。 実は、世界中でもこれまで大規模事故に発展することがあり、SASが関与したとされる事故災害としては、アメリカ・スリーマイル島原子力発電所事故(1979)、チェルノブイリ原子力発電所爆発事故(1986)、日本でも、山陽新幹線の居眠り運転(2003)、関越自動車道のツアーバス45人...

続きを読む

肥厚性幽門狭窄症について…自ら乳児の時に罹患経験がある医師が解説

Mother's hands holding newborn baby

生後間もない大事な大事なお子さんが、「肥厚性幽門狭窄症」と診断された親御さんがいらっしゃいます。この記事を読まれる方もそのような方かもしれません。診断を受ける前に、嘔吐を繰り返し、体重も増えずに心配だったでしょう。そのうえ、手術が必要と言われ、さらに不安が増しているかもしれません。 でも安心してください。この病気は、決して将来影響を及ぼす病気ではありません。手術さえすれば、まったく普通の子供...

続きを読む

耳鳴り・放置は危険な場合も!脳神経内科専門医が解説する9つの知識

Man blocking his ears

耳鳴りで困っている方は大勢いらっしゃいます。 そのような方は、人と話している間、仕事の会議中、あるいは単に静かに座っているときなど、いつでも、どこでも、耳鳴りが起こっています。 さらに夜、眠るときに耳鳴りが聞こえだすと気になって寝付けません。耳鳴りは誰も聞こえない、音源がない騒音ともいうようなものでそれに悩まされるのです。他の人には正確な音は分かりませんが、困っているのはあなた一人では...

続きを読む

総合内科専門医が解説!ED治療薬「バイアグラ」のまじめな話

Mature couple in love

「バイアグラ」と聞くと、「いやらしい」などと嫌悪感を抱かれる人もいらっしゃいます。しかし、高齢者の患者さんが大勢いらっしゃる当院でも、バイアグラの処方を希望される方がいらっしゃいます。 若い方には理解できないかもしれませんが、現実は「いくつになっても男と女」です。そんな時に、精神的な結びつきを維持する意味でも性行為は避けては通れません。法的には「ED(Erectile Dysfunction...

続きを読む

脳神経内科医が教える起立性低血圧(たちくらみ、脳貧血)のすべて

Elderly person with heart attack

昔から朝礼の最中に倒れたり、街中で突然倒れる人がいるものです。幸いすぐに意識も戻り、周囲もホッとするものです。そんな時「立ちくらみ?」、「脳貧血?」などとの言葉が飛び交います。倒れなくても、日常生活で立ち上がった際に「ふわー」とすることはあるものです。それらは医学的には起立性低血圧であることが大多数です。 但し、すべてが起立性低血圧ではありません。しかるべき診察と、除外診断をおこなってはじめ...

続きを読む

高次脳機能障害・経済的対応法をFP資格を持つ脳神経内科医が解説

Feeling tired and depressed.

高次脳機能障害(こうじのうきのうしょうがい)という症状をご存知でしょうか? この症状は、年齢にかかわらず誰でもなる可能性があります。脳血管障害や交通事故で、脳に損傷を受けた際に生じるのです。高次脳機能障害の第一の特徴は、見た目は正常に見えることです。しかし、記憶力が低下したり、物の認識力が低下したり、人格が変わってしまうことで、従来の仕事はできなくなるのです。 高次脳機能障害は、「見えにくい...

続きを読む

ハルシオンの効果、副作用について。体に優しく変更する方法を医師が解説

外来をやっていると「先生、眠れないので睡眠薬をください」と簡単に依頼されることがあります。しかし、脳神経内科専門医としては、睡眠薬には副作用があり、慎重に検討する必要があるため安易な処方は行いません。 しかし残念ながら、専門外の先生の中には、安易に睡眠薬を処方される先生もいらっしゃいます。その中でも特に大きな悪影響を与えるのが、ハルシオン(一般名:トリアゾラム)の処方です。20年以上前に私が...

続きを読む

胃腸風邪:判定方法と感染予防方法を総合内科専門医が解説

冬場になると、突然の嘔吐や下痢で発症する胃腸風邪にかかる方がいらっしゃいます。胃腸風邪は感染力が大変強いため、いったん流行ると、小児から大人さらには高齢者まで、広範囲に感染が広がります。症状も、悪心・嘔吐・下痢のため不快で、仕事や学業にも支障をきたすため、できれば罹りたくない病気です。 正直、私も普通の風邪やインフルエンザの患者さんは、マスクもつけずに診察をしますが、胃腸風邪の患者さんの診察...

続きを読む

ケガ、病気で会社を休んだ!傷病手当金を最大活用する全知識

Doctor doing health check up of hospitalised man

傷病手当金(しょうびょうてあてきん)という制度をご存知でしょうか? 病気やケガのために会社を休み、報酬が受けられない場合にお金が支給される制度です。この制度は、本当にありがたい制度です。利用することで、働けなくても最低限の生活費は補償されます。 そのため、私はこの書類を患者さんから依頼されたら、その場で書いて渡すようにしています。しかし、そんな優れた傷病手当金ですが、ちょっとしたコツでさらに...

続きを読む

高血圧は放置しないで!脳神経内科医が解説する危険性など7つの知識

Young female doctor or nurse taking patients

健康診断等で、高血圧を指摘された方は多いと思います。しかし、症状もないので何となく放置している方もいらっしゃいます。また、マスコミや関連本での間違った情報を信じて、高血圧をそのままにしている方もいます。しかし、これはとても危険なことです。 はっきり申し上げます、高血圧は治療が必要です。放置してよい理由はありません。私は、脳神経内科専門医として、脳出血や脳梗塞の患者さんを診ています。その経験で...

続きを読む

error: Content is protected !!
専門医監修のイチョウ葉エキス
長谷川嘉哉が独自開発。他の脳サプリとの違いとは
専門医監修の脳サプリ
成分の量と質にこだわりました