糖質制限は危険?正しい取り組みで糖尿病に打ち勝つ方法を医師が解説

Young woman upset when her partner eat and enjoys carbohydrates

糖質制限食をご存知ですか? 食事のなかで摂取する糖分を減らすというものです。ダイエットに効果的と言われ、健康に気をつけている方にはブームになっています。 ところが、先日の週刊新潮では「糖質制限は癌・認知症のリスク」「糖質制限で老ける、寿命が縮まる」など、糖質制限が絶対悪のように書かれていました。 実は、当クリニックでは糖尿病のコントロールがあまりよくない方には、糖質制限食を指導していま...

続きを読む

木の芽時は認知症患者さんにも影響?変調を乗り越える対応改善法

Blossoming chestnut tree bud - spring

3月になってから、認知症専門外来の患者さんが、どこか不安定です。意味不明な発語が増えたり、徘徊が増えたり、どことなく落ち着きがありません。ご家族によっては、「認知症が進行したのでしょうか?」と心配されます。しかし、長年にわたって介護されているご家族は、「木の芽時ですから少し不安定なんですよね。でも毎年のことですから様子をみます」と、冷静に判断されています。 3月は季節的には、「木の芽時」です...

続きを読む

認知症予防の食事・専門医が提言!「食品よりも歯が大事」な理由とは

Senior couple having fun in kitchen cooking healthy food together

50歳前後になると、物忘れや認知症の不安が出てくるものです。 何か、今のうちに将来認知症にならないようにしたい。できれば毎日の食事によって認知症を予防できたら、こんなに安心できることはありません。 今回の記事では、認知症予防にお勧めの食べ物を紹介します。それと同時に食事の中身以上にとっても大事な「歯の話」をします。 なぜ「歯」が認知症予防にとって大事なのか、専門医長谷川嘉哉の経験...

続きを読む

認知症介護の話 健康長寿の裏ワザ・。○○○は畑のカルシウム!

90歳を超えても肉体的にも精神的にも健康な方の健康法にはとても関心があります。何しろ、本人が結果を出しているわけですから50歳代の医師の意見より信憑性があります。 先日も94歳でもとてもしゃっきとした女性が毎朝食べているものが・・納豆、チーズ、ヨーグルトここまでは、よく聞くものです。しかし、彼女はそれに加えイナゴの佃煮を毎日食べるそうです。 イナゴ?と思いながら調べるとこれが凄いんです!イナゴには...

続きを読む

冥途の土産・・白トリュフ

親子旅行初日の昼食は、祇園のイタリアン料理のキメラさんでとりました。夕食はご馳走が予想されるため、お昼は、軽く・・二つあるメニューのうちの軽いほうをお願いしました。しかし、オーダーの際に「とても良い、白トリュフが入荷していますが、メイン料理の際にいかがですか?」実は、白トリュフは家族全員食べたことがありません。そして、極めて高価であることは知っています。恐る恐る値段を聞くと"おひとり3000円です...

続きを読む

読書後の食べ過ぎに注意!

"東京會舘とわたし"を読んでいると、 食べたくなるようなメニューが 次から次へと登場してきます。 小説ですので、 画像はありませんが、 勝手に想像しては、食欲が湧いてきてしまいます。 第二章 "最後のお客様"、 第六章 "金環のお祝い"で登場する"ソール・ボン・ファム" パリのレストラン・プルニエ、ホテル・リッツで修行を重ねた 田中徳三郎氏の代表的な料理です。 舌平目とシャンピニオンを 独自の配合...

続きを読む

大好き! ”切り落とし”

定期的にスタッフの誕生日ケーキを 持ってきてくれる 多治見のサンドールさん 時々、私の大好物をお土産に持ってきてくれます。 それは、バームクーヘンの切り落としです。 サンドールさんのバームクーヘンは 手焼きで丁寧に作られており、 ふんわりとした不揃いの層が 行程の手間を物語る逸品です。 当然、その味は抜群です。 しかし、その切り落としは 形は不揃いですが 砂糖も少し余分についていたりして さらに美...

続きを読む

長寿の秘訣・・食への執念

元気な高齢者の特徴を一つ上げるとすると "食への執念"です。 世間では、 "粗食が健康に良い"と思われていますが、 粗食では長生きはできません。 大事なのは、タンパク質の摂取です。 高齢で元気な人は 間違いなく、肉を食べます。 もちろん、 肉以外の 魚や 卵も しっかり摂取されます。 その上、結構"好き嫌い"も激しい人が多いようです。 野菜は嫌いで、肉しか食べない 天ぷら、鰻、寿司、など高いものし...

続きを読む

手渡し寿司が、親ゆびを刺激する!!

先回ご紹介した集まりは、 有名なお寿司屋さんで行われました。 平成27年3月に出かけ その時に1年4か月後を予約。 "1年4か月先は自分はどうなっている?" という不安を持ちながらも 平成28年7月に2回目の訪問が 実現できた凄いお店なのです。 A型が一人もいないメンバーの中で 大将が一人A型でした、 握りずしは、大将の手から直接握りをつまみあげるスタイル・・ これには理由があるそうです。 一つ...

続きを読む

大根・かぼちゃで中風(脳血管障害)予防

お寺や神社へ参拝のご利益に良く出てくる言葉に 中風除けがあります。 “中風”という言葉をご存知ですか? 中風は、ちゅうふう、地方によって「ちゅうぶ」、「ちゅうぶう」、「ちゅうふ」などと呼びます。 医学的には、脳血管障害。 つまり脳出血や脳梗塞による後遺症。 片麻痺(半身不随とも・・)、言語障害、手足のしびれやまひなどを指します。 中気、脳卒中、 あまり良い言葉ではありませんが、「よいよい」ともいい...

続きを読む

error: Content is protected !!