健康

正しい感染予防対策を医師が解説・マスクだけでは不十分な理由とは

Doctor Washing Hands Before Operating.

麻疹(はしか)が流行しています。その一因として予防接種の不徹底が大きいと言われています。はしかは感染力が強く、また人間の抵抗力を大きく損なうので肺炎や脳炎にも繋がる怖い病気なのです。 このような感染症にはできれば罹りたくないものです。しかし、最近毎年流行するインフルエンザ、ノロウイルスなど、感染症は種類も頻度も増えてきています。 感染症の特徴として、短期的に多くの方に広がってしまう恐れ...

続きを読む

よく噛むことの勧め。脳と体への効果を医師が解説。おすすめのガムも

Chewing gum

よく噛むことには顎の発育、肥満防止、味覚の発達など良い効果がたくさんあります。最近では、認知症の予防・改善にまでつながることがわかっています。しかし、最近の食事では昔に比べ咀嚼回数が激減していることもわかっています。 そのような咀嚼回数を補う効果的な方法がガムを噛むことです。しかし、ガムならなんでもよいわけではありません。 今回の記事では月に1,000人の認知症患者さんを診察しながら、...

続きを読む

口呼吸はデメリット大・前頭葉機能低下で認知症のリスクも

Man snoring because of apnea lying in the bed

あなたは舌をどこにおいてますか? いきなり聞かれても「何のこと?」「考えたこともない」「どこに置いているかわからない」と即答できるかたは少ないのではないでしょうか? 実は、舌にも正しい位置があるのです。正しい位置は上あごにあることです。ベロ先を前歯の付け根の上に置き、舌全体を吸盤のよう上口蓋にくっつけるイメージです。大切なポイントは、舌の根元から上にくっつけることです。 胃まれたばかり...

続きを読む

認知症専門医が、医学的効果不明のオイルプリングを続ける理由とは

Girl making mouthwash in the morning

私は半年以上前から一日2回、植物性オイルを口ですすぐオイルプリングを行っています。一時、ブームになったオイルプリング。専門の歯科の先生からは医学的な効果は疑問視されています。しかし、認知症専門医の自分は、すっかり病みつきになって一日たりとも欠かすことはありません。 オイルプリングだけでは歯周病を改善することはできませんが、正しいブラッシングを組み合わせることで効果が上がるでしょう。そのうえオ...

続きを読む

高齢者も仕事のススメ・健康と金銭のメリット大!認知症での仕事例も

Worker on Forklift Looking at Camera

私の外来では、認知症があっても生き生きと仕事をしている方がたくさんいらっしゃいます。 それなりの認知症があるので、介護申請をしてデイサービスなどの介護サービスの利用を開始することも可能です。しかし、彼らはあまり利用せずに積極的に仕事を続けているのです。「認知症があっても仕事ができるのか?」と疑問に思うのですが、実際に仕事をしていますし、むしろ労働現場では貴重な戦力になっているようです。 ...

続きを読む

糖質制限は危険?正しい取り組みで糖尿病に打ち勝つ方法を医師が解説

Young woman upset when her partner eat and enjoys carbohydrates

糖質制限食をご存知ですか? 食事のなかで摂取する糖分を減らすというものです。ダイエットに効果的と言われ、健康に気をつけている方にはブームになっています。 ところが、先日の週刊新潮では「糖質制限は癌・認知症のリスク」「糖質制限で老ける、寿命が縮まる」など、糖質制限が絶対悪のように書かれていました。 実は、当クリニックでは糖尿病のコントロールがあまりよくない方には、糖質制限食を指導していま...

続きを読む

口腔ケアで認知症患者さんの症状が改善!医科歯科連携の重要性とは

Professional dentist office

平成30年2月に、当クリニックでは歯科衛生士さんを採用することで認知症専門外来に口腔ケアを導入しました。もちろん、口腔ケアは医科では算定はできませんので、ご家族の同意のもと無料で提供しています。 たった2か月ですが、認知症専門医として多くの気づきを得ました。また認知症の患者さんで数回の口腔ケア後に劇的な改善を看られたケースも経験しました。 今回の記事では歯科治療・口腔ケアが認知症患者さ...

続きを読む

木の芽時は認知症患者さんにも影響?変調を乗り越える対応改善法

Blossoming chestnut tree bud - spring

3月になってから、認知症専門外来の患者さんが、どこか不安定です。意味不明な発語が増えたり、徘徊が増えたり、どことなく落ち着きがありません。ご家族によっては、「認知症が進行したのでしょうか?」と心配されます。しかし、長年にわたって介護されているご家族は、「木の芽時ですから少し不安定なんですよね。でも毎年のことですから様子をみます」と、冷静に判断されています。 3月は季節的には、「木の芽時」です...

続きを読む

医師が教える人間ドックの選び方。必ずやるべき検査を優先度順に紹介

young lady doctor and various vital sign wave form. medical technology concept.

ある程度の年齢になると、人間ドック受診をお勧めします。人間ドックは健康診断よりも時間をとって、さらに詳細な検査をするものです。 しかし、人間ドックを受けたことのない方は、いろいろな疑問があるのではないでしょうか。特に内容や検査項目が病院によって違っているので、どの検査を受ければいいか迷われている方が多いと思います。 すでに受けられた方も、クリニックが勧めるままに受診され、「これで全身診...

続きを読む

医師長谷川が28年間風邪を引かない理由・風邪&冷え性予防にはコレ

Woman hands in winter gloves Heart symbol

私は、医師になって28年間インフルエンザになったことがありません。風邪で仕事を休んだこともありません。 毎日、多くの患者さんを診察しているのですが、不思議とかかることがないようです。「先生はなぜそんなに元気なのですか?」と聞かれることもあります。 そう言われて、ふと気が付いたことが冬場は使い捨てカイロをほぼ毎日使っていることでした。東洋医学には「冷えは万病の原因である」という考え方があ...

続きを読む

error: Content is protected !!