自分のこと

医師が勧めるKindleの使い方・メモ機能で読書記録を楽々作成!

amazons kindle

私は、年間200冊程度の本を購入し、読んだ後「これは」と思ったもの100冊程度をA4用紙1枚にまとめるようにしています。そうすることで、本という情報が知恵になることを実感しています。しかし、その作業には結構の労力が伴います。さらに毎年年末には、大量の本を取捨選択して大部分を処分するという作業も伴っています。 これらの作業から解放するために平成30年1月から電子書籍で購入できる本はすべてKin...

続きを読む

神経内科とは・脳〜神経〜筋肉の症状で第一選択にすべき診療科目

Figure of human brain with neurologic hammer on a background of spiral computer tomography (SCT) or magnetic resonance tomography (MRT) picture close up. Idea for diagnostics in neurology

診療科目「神経内科」をご存知ですか? 聞いたことはあるかもしれません。でも具体的に何をやるところかは、実際にかかった方ではないとまだまだ認知度が低いかと思われます。 自分は、祖父が認知症であった経験から医師を志し、神経内科を専門にしました。しかし当初は「認知症を専門にするには何科に進めばよいか?」すらわかりませんでした。 私が医学部に入学した昭和59年当時は、多くの大学では神経内科は内...

続きを読む

“自分が病気、みんなが正常・・”

堀江貴文さんの"多動力"が売れています。その中に、彼の1週間の行動が紹介されていました。 以下は、自分の週末の行動です。"土曜日の午前診、一瞬の間もないほどの患者さんを診察。その後、針治療をしてから新幹線で東京に移動。東京でのコンサルを2件終了後、就寝。日曜日4時30分に起床、毎日のトレーニング。品川6時19分の電車で羽田空港に向かう、7時20分羽田発で、9時に山口宇部空港に到着。移動中に1冊の本...

続きを読む

天職?認知症予防?・・講演大好き

自分は、週に診療を4日間残りの3日は、基本的に休みになっています。その休みに何をしているか?殆どを講演・コンサルに充てています。"大変ですね"と声をかけていただきますが、全く苦になりません。特に、講演は趣味の世界です。講演を始めたころは、手が震えるため両手でマイクを持っていましたが今では聴衆が1000名を超えても緊張することはなくなりました。 宣伝・広告するわけではありませんが毎年、50本程度の...

続きを読む

はじめての当直

医師になって最初のうちは、先輩医師と一緒に当直をします。しかし、当たり前ですが、"当直独り立ち"の日がやってくるものです。自分の、初めての一人当直の日当直医マニュアルを握りしめ脳梗塞な患者さんが来たら・・心筋梗塞の患者さんが来たら・・喘息の患者さんが来たら・・など、いくつものパターンをシュミレーションしていました。そんな緊張感のなか病棟から電話『先生、○○さんの顎が外れました!来てください』 "顎...

続きを読む

初めての採血

4月に入って世の中にはフレッシュな新社会人が溢れています。これは、病院も同じこと世の中の各病院フレッシュな1年目の研修医が働きはじめています。驚かれるかもしれませんが、医師は免許を取った時点で基本的にどんなことでもできます。しかし、ほとんどの処置は医師になって初めて患者さんで経験するのです。例えば、採血・・これなど、学生時代に互いに採血しあった程度しか経験はありません。ということで、自分の研修医の...

続きを読む

虎には従順・・プロのみぞ知る

パーソナルスタイリストの友恵絢子さんは寅年の女性です。自分は、祖母、母、姉が寅年のため寅年の女性には従順になるようです。友恵絢子さんも歯に衣着せぬ発言をズバズバされます。彼女にとっては、自分の体は物?扱いです。皮下脂肪を摘んで、"最近、太りましたね!""その色は似合いません""これは、購入するのやめましょう"と遠慮されません。経営者になると、はっきりと言ってもらえる機会が減るため、とてもありがたい...

続きを読む

パーソナルスタイリスト

最近の、若い男性を見ていると髪型、ファッション、眼鏡にいたるまで"みんな、おしゃれ!"と思います。スポーツ刈り、銀縁メガネ親が買ってきた服を着ていた自分の学生時代とは雲泥の差です。そのため、社会人になっても、ファッションは苦手分野でした。講演依頼をいただくようになっても、本当にこの髪型で、この服装で、良いのか否か判断さえできませんでした。 そのため、2009年からパーソナルスタイリスト友恵絢子さ...

続きを読む

お薦め!・・災害時の寝袋

最近は、地震、台風、大雪などで避難生活を余儀なくされることが増えています。そんな時に問題となるのが、睡眠と寒さ対策です。突然、体育館や講堂で眠れと言っても床は、冷たくて硬い毛布だけでは寒さも防げません。そんな時に、"なぜ寝袋が用意されていないのか?"と不思議に思っています。 自分は、寝袋が大好きで、学生時代も、車にはいつも積んで、友人の家で眠る時も使っていました。寝袋ってフワフワです。もぐり込ん...

続きを読む

紳士のたしなみ?・・ネイル男子

私の父親は、元銀行員です。そのため昔から3週間ごとに散髪に行っています。4週間では、"散髪に行ってきました"感が出ますが、3週間ごとに行けば、いつも同じような清潔感が保たれます。お蔭で81歳になってもゴルフでエージシュータを12回達成する素敵な紳士です。自分も開業後は、4週間以内には美容院に行くことにしています。 勤務医のころは、何か月も髪を切らずにいて、看護婦さんから、"いい加減に、髪を切ったら...

続きを読む

error: Content is protected !!