オーラルケア

人生の後悔を避けるには。歯科の自費(保険外)治療がお勧めの理由

Smiling and happy young woman after successful treatment

6月4~10日は「歯と口の健康週間」でした。しかし、歯の治療をつい先延ばしにする人も多いようです。敬遠する理由は治療の痛みと機械音、そしてお金の心配でしょう。しかし、放っておくと「治療費が想定より膨らんだ」「治療内容に比べて高い」と後悔してしまうことになります。 歯科治療にはお金を惜しむべきではありません。適切に歯科治療にお金をかければ、結果的に生涯医療費が安くもなります。さらに、保険外診療...

続きを読む

専門医が推奨!「認知症にならないための歯科医選び」7つの知識とは

Dentist

私は、平成30年2月より内科クリニックで歯科衛生士さんを雇用し「医科歯科連携」の実践をしています。患者さんに内科の外来で歯科受診の重要性を説明すると、改めてかかりつけの歯科医を受診される方が少なくありません。 しかし、せっかく受診しても1〜2回の治療のみで終了してしまう歯科クリニックが大半なのです。なかには、受診後、定期的にメンテナンスをしてもらえる歯科医もありますが、全体の2〜3割かと思い...

続きを読む

よく噛むことの勧め。脳と体への効果を医師が解説。おすすめのガムも

Chewing gum

よく噛むことには顎の発育、肥満防止、味覚の発達など良い効果がたくさんあります。最近では、認知症の予防・改善にまでつながることがわかっています。しかし、最近の食事では昔に比べ咀嚼回数が激減していることもわかっています。 そのような咀嚼回数を補う効果的な方法がガムを噛むことです。しかし、ガムならなんでもよいわけではありません。 今回の記事では月に1,000人の認知症患者さんを診察しながら、...

続きを読む

口呼吸はデメリット大・前頭葉機能低下で認知症のリスクも

Man snoring because of apnea lying in the bed

あなたは舌をどこにおいてますか? いきなり聞かれても「何のこと?」「考えたこともない」「どこに置いているかわからない」と即答できるかたは少ないのではないでしょうか? 実は、舌にも正しい位置があるのです。正しい位置は上あごにあることです。ベロ先を前歯の付け根の上に置き、舌全体を吸盤のよう上口蓋にくっつけるイメージです。大切なポイントは、舌の根元から上にくっつけることです。 胃まれたばかり...

続きを読む

認知症専門医が、医学的効果不明のオイルプリングを続ける理由とは

Girl making mouthwash in the morning

私は半年以上前から一日2回、植物性オイルを口ですすぐオイルプリングを行っています。一時、ブームになったオイルプリング。専門の歯科の先生からは医学的な効果は疑問視されています。しかし、認知症専門医の自分は、すっかり病みつきになって一日たりとも欠かすことはありません。 オイルプリングだけでは歯周病を改善することはできませんが、正しいブラッシングを組み合わせることで効果が上がるでしょう。そのうえオ...

続きを読む

認知症の大きな原因に歯周病が!専門医が医学的知見と実体験から解説

Don't forget about your teeth

私は医師になって29年になります。つい最近まで、「歯周病というとあくまで歯科の世界のこと」と思っていました。しかし、最近の知見では、歯周病が全身疾患の原因であることがわかっています。 さらに、2017年11月には、英国科学誌「npj Aging and Mechanisms of Disease(エイジングと疾病メカニズム)において、「歯周病で加速するアルツハイマー病分子病態と認知機能障害」...

続きを読む

歯科医急募!高齢者専門クリニックで新時代の歯科医になりませんか?

Chair background concept - recruitment hire hiring interview

このたび土岐内科クリニック(岐阜県土岐市)では、歯科医を急募します。当院では、医科歯科連携の重要性から、平成30年2月から歯科ユニットも1台設置し、歯科衛生士を採用しました。その結果、患者様及びご家族からは本当に本当に多くの感謝の声を頂くことができました。(参考記事:これからの超高齢社会において飛躍する職業が「歯科衛生士」の理由) 近年「内科系疾患改善や認知症予防のために、口腔内環境の整備が...

続きを読む

口腔ケアで認知症患者さんの症状が改善!医科歯科連携の重要性とは

Professional dentist office

平成30年2月に、当クリニックでは歯科衛生士さんを採用することで認知症専門外来に口腔ケアを導入しました。もちろん、口腔ケアは医科では算定はできませんので、ご家族の同意のもと無料で提供しています。 たった2か月ですが、認知症専門医として多くの気づきを得ました。また認知症の患者さんで数回の口腔ケア後に劇的な改善を看られたケースも経験しました。 今回の記事では歯科治療・口腔ケアが認知症患者さ...

続きを読む

これからの超高齢社会において飛躍する職業が「歯科衛生士」の理由

Dentist showing teeth problem on dental X-ray

当院では平成30年2月から歯科衛生士さんに働いてもらっています。これは『歯周病菌の毒素がアルツハイマー型認知症の症状を悪化させるので、その改善を行う』という理由からです。もちろん、当院には歯科医はいませんから、あくまでサービスとして口腔内のチェックをしてもらっています。 口の中は決して綺麗なものではありません。しかし若い歯科衛生士さんたちが嫌な顔をせず、取り組む姿勢には頭が下がります。高齢者...

続きを読む

認知症予防の食事・専門医が提言!「食品よりも歯が大事」な理由とは

Senior couple having fun in kitchen cooking healthy food together

50歳前後になると、物忘れや認知症の不安が出てくるものです。 何か、今のうちに将来認知症にならないようにしたい。できれば毎日の食事によって認知症を予防できたら、こんなに安心できることはありません。 今回の記事では、認知症予防にお勧めの食べ物を紹介します。それと同時に食事の中身以上にとっても大事な「歯の話」をします。 なぜ「歯」が認知症予防にとって大事なのか、専門医長谷川嘉哉の経験...

続きを読む

error: Content is protected !!
介護&福祉生活の「お金の話」
超高齢化時代を自分で守る知恵集
長谷川嘉哉の限定書籍
老後&介護の心配を解決