ピンピンコロリ

よく噛むことの勧め。脳と体への効果を医師が解説。おすすめのガムも

Chewing gum

よく噛むことには顎の発育、肥満防止、味覚の発達など良い効果がたくさんあります。最近では、認知症の予防・改善にまでつながることがわかっています。しかし、最近の食事では昔に比べ咀嚼回数が激減していることもわかっています。 そのような咀嚼回数を補う効果的な方法がガムを噛むことです。しかし、ガムならなんでもよいわけではありません。 今回の記事では月に1,000人の認知症患者さんを診察しながら、...

続きを読む

認知症専門医が、医学的効果不明のオイルプリングを続ける理由とは

Girl making mouthwash in the morning

私は半年以上前から一日2回、植物性オイルを口ですすぐオイルプリングを行っています。一時、ブームになったオイルプリング。専門の歯科の先生からは医学的な効果は疑問視されています。しかし、認知症専門医の自分は、すっかり病みつきになって一日たりとも欠かすことはありません。 オイルプリングだけでは歯周病を改善することはできませんが、正しいブラッシングを組み合わせることで効果が上がるでしょう。そのうえオ...

続きを読む

点滴の効果と使いどころ・無用な投与は避けるべき理由を医師が解説

Intensive therapy with intravenous drugs in IV Drip

体調を崩したときに、病院で点滴を受けると早く治ると思っていませんか? あるいは 「体調不良」で病院を受診したら点滴を勧められて、そのおかげで体がとても楽になったという経験をした方もいるでしょう。 実は、私自身2000年に開業をして驚いたことがあります。体調が悪いと受診した患者さんが点滴を希望されることです。以前勤務していた大学病院や総合病院では、あくまで点滴は「特定の治療を目的として行うもの...

続きを読む

塩分摂取量の真実・正しい塩をとる一つの知識と高血圧の原因別対処法

Doctor Measuring Blood Pressure Of Male Patient

「血圧、上が150ありますね。下も高いです。塩分を控えた方がいいですね」 このように50歳を超える高血圧と診断される人が増え始めます。そこで、血圧を下げるための食習慣として「減塩」を指導されることが少なくありません。 そこで塩分摂取量を気にしだす方が多いです。食事中の塩分量を気にしてみたり、一日の摂取量を忠実に守ろうとしたり…。 しかし、近年の研究では食事による塩分摂取量と高血圧...

続きを読む

高齢者の転倒が寿命を縮める理由&予防に効果的なたった一つの方法

I am older for these falls

外来では、顔中に傷をつくったり、骨折してギプス等を巻いている高齢者の方がいらっしゃいます。 話を伺うと、「転んで地面に顔を打ち付けた」「手をついたら手の骨を折った」と言われます。若い方であれば、問題にならないことでも、高齢者の方が転倒をすると思いもかけず大きなケガにつながります。 この「転倒予防」に力を入れるべきなのです。実はこれがきっかけになって、目先のケガだけではなく、その後の人生...

続きを読む

夏でも元気な、超長寿者・・

猛暑が続く中、外来で元気なのは90歳を超えた方々だけです。正直、医療従事者も介護者も少々疲れ気味・・ 90歳を超えた人は、バテなんかしません。暑くても、暑くても、暑くても食欲は、落ちません。共通する好物があります。ウナギ焼き肉寿司てんぷらが大大大好きです。 知らないうちに炭水化物でなくタンパク質をしっかりとっているから驚きです。どうも夏バテしているようでは長生きは、できないようです・・。 ...

続きを読む

理想の最期

1000名以上の死に立ち会った経験から理想の最期とは・・食事が摂れなくなった場合最低限の検査をして食事が摂れなくなる医学的な原因がないことを確認。その後、2-3日点滴を施行。しかし、経口摂取は改善しない。この場合は、患者さんは生命体として死に向かっていることを意味します。 後は、口を湿らせる程度の水分を与えながら、自宅もしくは、施設で最後を過ごします。不思議と人間は、一滴の水分を取らなくても直ぐ...

続きを読む

食事がとれなくなったら最期

高齢の患者さんが食事が摂れなくなると『どうして食事がとれないんですか?!』と強く質問されるご家族がいらっしゃいます。そんな時は、『人間は最後は食事が摂れなくなり、お亡くなりになります』と説明します。そんな当たり前の説明で納得されるご家族もいらっしゃいますが、どうしても、どうしても感情的に納得できない御家族もいらっしゃいます。 "何とか点滴だけは続けてほしい"と希望されるご家族も・・しかし、点滴は...

続きを読む

生き方上手は、死に方上手

聖路加国際病院名誉院長の日野原重明先生が、105歳で平成29年7月18日にお亡くなりになりました。18年前に本当にわずかですが、日野原先生とNHKの全国ニュースでご一緒したことがあります。 開業前に勤務していた名古屋市厚生院で音楽療法の前後でNK細胞の数と活性を測定。その実験結果を、「音楽療法によるナチュラルキラー細胞活性および細胞数の変化」として日本老年病学会に投稿。NHKの名古屋支局が取材。...

続きを読む

高齢者の元気な証・・『いつ死んでも良い』

9月19日は、敬老の日でした 65歳以上の高齢者が総人口の27.3%となり過去最高を更新 男女別では男性が1499万人、女性が1962万人 女性は全体に占める高齢者の割合が初めて3割を超えました。 100歳以上の高齢者の数も6万5692人と、46年連続で過去最多を更新 そのうち、女性が87.3%・・ 恐るべし、女性パワーです。 夏場、暑さで皆が体力を消耗している時 元気なのは、90歳を超えた女性...

続きを読む

error: Content is protected !!