得するお金の話

高次脳機能障害・経済的対応法をFP資格を持つ脳神経内科医が解説

Feeling tired and depressed.

高次脳機能障害(こうじのうきのうしょうがい)という症状をご存知でしょうか? この症状は、年齢にかかわらず誰でもなる可能性があります。脳血管障害や交通事故で、脳に損傷を受けた際に生じるのです。高次脳機能障害の第一の特徴は、見た目は正常に見えることです。しかし、記憶力が低下したり、物の認識力が低下したり、人格が変わってしまうことで、従来の仕事はできなくなるのです。 高次脳機能障害は、「見えにくい...

続きを読む

ケガ、病気で会社を休んだ!傷病手当金を最大活用する全知識

Doctor doing health check up of hospitalised man

傷病手当金(しょうびょうてあてきん)という制度をご存知でしょうか? 病気やケガのために会社を休み、報酬が受けられない場合にお金が支給される制度です。この制度は、本当にありがたい制度です。利用することで、働けなくても最低限の生活費は補償されます。 そのため、私はこの書類を患者さんから依頼されたら、その場で書いて渡すようにしています。しかし、そんな優れた傷病手当金ですが、ちょっとしたコツでさらに...

続きを読む

高齢者医療と介護保険の自己負担比率についてFP資格の専門医が解説

Sad elderly marriage with documents

超高齢化社会の進行により、国全体で介護にかかる費用が急増しています。平成30年には、利用者の自己負担も含めた総費用は、初めて11兆円を上回る見通しです。それに伴って2018年の8月から、介護保険の自己負担が所得によって従来の1割から2割もしくは3割の負担になりました。 単純に言えば、負担できる人には相応の負担をしてもらおうという考えですが、それほどの所得でなくても2割の自己負担の方がいらっし...

続きを読む

FP資格をもつ専門医がイザというときの就業不能保険を勧める理由

We together

脳神経内科の専門外来をやっていて、人生で最も恐れる状態は「死なない程度に働けない」状態になることです。 言い方はきついのですが、死んでしまえば、生命保険金、住宅ローンが免除され経済的問題から解放されることが多いものです。しかし、脳血管障害などで麻痺を伴うと、多くの方は従来通りの収入を得ることは難しくなります。 公的制度として、そのようなときに収入を補填する柱として「障害年金」が一応用意...

続きを読む

医療保険の必要性・FP資格の医師が教える加入すべき人と不要な人

Hand arranging wood block stacking with icon healthcare medical, Insurance for your health concept

率直に言って、医療保険は入るべきなのでしょうか? ご自身の健康保険である程度まかなえるから、必要性はそんなにないと考えていますか? また、多くの方が何気なく加入している医療保険ですが、本当に必要性を吟味して、よく内容を理解して加入しているのでしょうか? 実は、医療保険は一概に必要不要と決めることはできません。人によって加入する必要性があるケースと、不要なケースがあるからです。特に、現役時...

続きを読む

正しくもらえている?介護職員の処遇改善加算(手当)を得る9の知識

Young Japanese woman doing office work White background White background

介護職の給料や年収が、年々アップしていることをご存知ですか? 社会の高齢化に伴い、介護職のニーズは年々高まっています。しかし介護報酬を増やしても、その使い道を事業所に任せていては、すべてが給与に反映されません。少ない給料や待遇が悪いままでは、介護職員はなかなか増えません。そのために、介護職の給料をアップする方法として国が「介護職員処遇改善加算」という制度を作りました。 このおかげで、マ...

続きを読む

年金は破綻せず!必ず払うべき理由と老後の生活を楽にする7つの知識

Hand putting Coins in glass jar with retro alarm clock

『親御さんの年金額は幾らですか?』 これは私が認知症専門外来でお伺いする質問です。 初めてお会いしたご家族は、この質問に一瞬驚いた表情をされます。しかし今の時代、年金額を知らずして満足な診療はできないのです。 これは決して「患者さんの財産次第で医療を変更する」のではなく、「病院での診察だけではなく、ご本人とご家族の費用と手間の負担がなるべくないような介護体制を組むにはどうしたらいいか」...

続きを読む

民間介護保険の選び方・掛け金よりも大事な5つのポイントとお勧めは

Handshake and agreement

介護に備える方法の一つとして各保険会社がこぞって発売しているのが、民間の介護保険商品です。 しかし、サイト等を見ると「どこの保険が最もリーズナブルであるか?」と掛け金の額だけに関心を集めているものが多いようです。しかし、民間介護保険は掛け金以上に重要なことがあります。 私は、「介護の90%はお金で解決できる」と講演等でお話しをしています。認知症患者さんの初診時にも、率直に「年金額はいく...

続きを読む

財産目録作成で認知症予防を!専門医長谷川の方法を紹介します

Save money for home cost concept

皆さん、自身の財産を把握していますか? 財産と言っても、現預金、不動産、有価証券、貴金属と様々です。加入している保険の把握も大事です。もちろん、住宅ローンなどの負債の残高も知っておく必要があります。もし把握されていないようであれば、この年末に一度、財産目録作成をお勧めします。 この財産目録作成は、自身の財産の把握だけでなく、相続の際にも役立ち、さらに認知症の予防にもつながるものです。この記事...

続きを読む

介護の負担減!「特別障害者手当」受給のために知っておきたい全知識

Senior in a wheelchair and helper

要介護者を抱えたご家族にとって毎月の経済的負担は重いものです。 「いつ終わるかわからない介護の費用をいつまで負担するのか?」 そんな負担を減らすことができる公的制度の一つに、「特別障害者手当」があります。しかし、市の広報などをみて「わが家は対象でない」とあきらめられている方がたくさんいらっしゃいます。 私が、ケアマネに向けに行っている講演「認知症専門医が語るちょっと得するお金の話」の中...

続きを読む

error: Content is protected !!
専門医監修のイチョウ葉エキス
長谷川嘉哉が独自開発。他の脳サプリとの違いとは
専門医監修の脳サプリ
成分の量と質にこだわりました