得するお金の話

銀行員に誇りを!

ドラマ”半沢直樹“で銀行員に脚光が当たっています。私の家は、父方・母方ともに祖父は銀行員、父も銀行員、母も元銀行で職場結婚です。叔父さんや従兄弟にも銀行員が居ましたのでまさに銀行員一族でした。特に私の本の認知症のモデルになった父方の祖父は珠算の名手であり、東海銀行の行員は入行すると全員祖父の講義を受けたそうです。そのため今でも70歳以上の元東海銀行の方は祖父のことを知っている方が見えます。 当時...

続きを読む

ディズニーの魔法の会計by秦美佐子

我が家の3人娘を見ていると、“どうしてそんなにディズニーランドが好きなのか?”不思議です。何時間も並んで、高いお金を払うなど、私には理解できません。秦美佐子先生は、『ディズニーの魔法の会計』で会計士としてディズニーの強みを国語でなく、算数で説明されています。ディズニーランド嫌いの自分もとても楽しく読めたので、ご紹介します。 1)  ディズニーランドの強さのひみつは立地 ①  広大な敷地 ②巨大な...

続きを読む

お金の教育・・年収と年商の違いがわかりますか?

テレビや新聞等を見ていて、世の中には「年商」と「年収」の違いを理解できていない人がいることに気が付きます。テレビ番組でタレントが、“若手経営者の年商が1億円”と聞いて驚いているシーンを見ると、経営をしているものからすると滑稽です。しかし、驚いているタレントに同調している出演者を見ると、さらに驚きです。人生で「年商」と「年収」の違いを教えてもらう機会は、殆どないのでやむを得ないのかもしれません。 ...

続きを読む

悲惨です!・・”働けない程度に、生き残る。“

私は、認知症専門医ですが、保険も相当詳しいです。そこら辺の保険のセールスレディなどとは、レベルが違うと思っています。自分自身がファイナンシャルプランナーでもありますし、保険の知識は偏ることなく4人の人間から情報収集しています。そのため、提案される保険もほぼ理解できますし、良いものであればすでに加入しています。 その上、専門医として診断書を書く立場であるため、保険加入においては医師が書く診断書...

続きを読む

年収1500万円の貧乏ドクター、年収700万円のお金持看護師夫婦

先日、『年収1000万円の貧乏人、年収300万円のお金持ちby伊藤邦生』 という本を読みました。 普通の人は、本の題名を聞いて、年収1000万円の貧乏人なんているのか?と思われるかもしれません。しかし、我々医師の中には結構います。年収1000万どころか、勤務医で1500万程度の年収でも貯金ゼロという人間もいます。収入があるために若いころから高級車や高級品を購入することが自然となり、生活レベルが上...

続きを読む

びっくり、複利は運用の味方であり、借金の敵である!

私の父親は、銀行員でした。そのため、小学1年生のころからお年玉が貯まると父親に頼んで定期預金にしてもらいました。その時に、利息が付くことがとても不思議で父親に『なぜ利息がもらえるのか?』聞いたことがあります。父親は、『銀行は預金者に利息を払ってお金を集めて、必要な人にそれ以上の金利で貸し出すことで利益を上げる』と教えてくれました。1年生では十分理解できなかったのですが、当時習っていた珠算の科目に“...

続きを読む

障害者控除・・介護認定でも

昨年も同じ時期にお知らせした内容です。 皆さん、確定申告時の障害者控除をご存知ですか? 納税者自身又は控除対象配偶者や扶養親族が所得税法上の障害者に当てはまる場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。控除できる金額は障害者一人について27万円です。 (特別障害者に該当する場合は40万円) さらに控除対象配偶者又は扶養親族が、納税者又は納税者の配偶者若しくは納税者と生計を一にする...

続きを読む

目指せ、積極的無欲!

先回紹介した、中田社長の“命よりお金が大事”程ではありませんが、私も利益を出すことには厳しい方です。 お蔭で、いつも顧問会計士の先生からは“欲得経営者?”と褒めて?いただいています。 医療・介護の世界で利益を求めることは、一見そぐわないと思われるかも知れませんが、単に利益を追求しても患者さんから信頼を得ることはできません。 それほど甘いのもではないのです。 それよりも、とことん患者さんのた...

続きを読む

MMFユーロの中途償還

私は、堺屋太一さんの“平成30年”を読んでから、毎月、金、プラチナ、外貨(ドルとユーロ)を買い続けています。 先日、金の購入記録を見ていると、まる10年買い続けていることが分かりました。 特に金とプラチナについては結構な資産になっています。 目先の欲得に目がくらむ方々が、“投資”という名のもとに“投機”を行っている姿に比べると、やはり『継続は力なり』と感じます。 一方、外貨については、円換...

続きを読む

ファイナンシャルプランナーとは、“お金持ちでない、お金のセールスマン”

ファイナンシャルプランナーといわれる方は、本当多くみえます。 しかし、一様に“お金の匂い”がしません。 “お金の匂い”の意味することは、江上治さん曰く“魅力”です。 魅力があるところには、自然と情報も人も集まってきます。  ファイナンシャルプランナーには、その魅力に欠けた方が多いように思われます。 その理由について、思いを巡らしていたのですが、とてもよい文章を見つけましたので紹介します。...

続きを読む

error: Content is protected !!