得するお金の話

食えないファイナンシャルプランナー

平成24年9月6日にファイナンシャルプランナーに『医師が勧める、戦略的生命保険活用術』という題名で講演をさせていただきました。 CFPとAFPが半々で、そのうち半分以上は保険販売員の方でした。  昨年発売した、“介護にいくらかかるのか”のお陰で、多くの保険販売員の方と知合いになりました。 さらに、経営者との集まりでも、名刺交換をすると、必ず保険販売員の方が見えます。 これも、100万人が従...

続きを読む

読むむだけでお金に愛される22の言葉by本田健 

自分自身は、銀行員一家であったため、子どもの頃から家族でお金の話をしていました。 小学校1年生の時に、『お年玉を銀行に預けて、何故利息が付くか?』が不思議でならなかった記憶があります。 そんな疑問に対して、父親が『銀行は皆から集めたお金に、金利を上乗せして貸し出して利益を得る』と説明を受け、けっこう納得した思い出があります。  しかし、社会に出て殆どの家では、お金の話はしていないことに気が付...

続きを読む

思考停止せずに、保険会社の運用先を知る!

皆さん、保険には加入していますよね? 個人であれば、死亡保障、医療保険、最近では民間の介護保険も販売されています。 先回の、ブログで紹介したように、若年性認知症などに罹患することまで考えると、民間の介護保険は有効です。 また、経営者では保険加入が、戦略的な経営手法の一つとなります。 個人に比べて、事業保障、相続・事業継承、勇退退職準備と目的が多岐にわたります。 ところで、そんな皆さんから...

続きを読む

無担保無保証 当座貸越枠

先日、仙台を訪れる機会があり、経営者として天災にも対応できるよう、『晴れた日に傘の準備』をする必要性を痛感しました。 そのため、従来の当座貸越枠を広げることにしました。 さらに、この機会に、無担保無保証に挑戦しました。  当社のお付き合いしている、銀行は○○銀行と○○○立銀行と○○信用金庫の3行です。 当社の、優良?な決算書を持って交渉に行くと、○○銀行と○○○立銀行とは、比較的スムーズに...

続きを読む

江上治さんによる個別相談。お金の匂い?

平成23年10月30日(日)、『年収1億円思考』の江上治さんの個別相談を受けました。 場所も、東京の帝国ホテルのラウンジで、とても雰囲気の良い中で行われました。 江上さんは、クライアントを1000人以上抱え、うち年収1億円以上のクライアントが50名以上いるというカリスマ・ファイナンシャル・プランナーです。 年は私より、1歳年下ですが、そのエネルギーは凄いものでした。 お話の中で、特に印象に残...

続きを読む

専門医が教える、ちょっと得するお金の話 公的年金の役割

改めて、公的年金の役割を考えて見ましょう。 年金は、若くして障害をもった場合、生存するかぎり障害年金を受給することが出来ます。 また不幸にして、死亡した場合、18歳未満の子供および子供を持った配偶者に対して遺族年金が支払われます。 つまり、家族への責任という考えでは、年金は極めて重要な役割を果たします。 幸いにして、障害年金・遺族年金を利用することなく無事に年を重ねた際に始めて、老齢年金が...

続きを読む

専門医が教える、ちょっと得するお金の話 遺族年金

自分が亡くなったら残された遺族はどうなってしまうのでしょう。 そのようなときに頼りになるのが遺族年金です。   遺族厚生年金   基礎年金(国民年金) 平均標準報酬月額 30万 60万   子の人数(2) 1,762千円 2,273千円 1,251千円  やはり国民年金の場合、子供が二人で、1,251千円。 遺族年金の場合も、やはり国民年金ではとても生活できる額ではないと思...

続きを読む

専門医が教える、ちょっと得するお金の話 障害年金

障害年金(障害が残って働けなくなったら?)・・ 病気で障害を持った場合の障害年金はどの程度支給されるのでしょう?   障害基礎年金(国民年金)     1級 2級 子の人数(2) 1,450千円 1,251千円     障害厚生年金(1級)   障害厚生年金(2級)   平均標準報酬月額 30万 60万 30万 60万 子の人数(2) 2,528千円 3,378...

続きを読む

専門医が教える、ちょっと得するお金の話 老齢年金③ 

ここで、夫婦が長生きした場合の老齢年金についてお話します。 まず、我々、医療・介護の専門家として、介護が必要になった場合の必要額があります。 もし、在宅生活を中心にされるのであれば、月額5-6万もあれば十分対応できます。 しかし、施設への入所を希望される場合は、最低月額10万円、出来れば15万は必要となります。 年金で足りない部分は、貯金を取り崩すか、子供さんたちで不足分を補う事になります...

続きを読む

専門医が教える、ちょっと得するお金の話 老齢年金②

  厚生年金 厚生年金 基礎年金(国民年金) 基礎年金(国民年金) 加入期間 40年 40年 40年 25年 (平均標準報酬月額) 30万 60万     サラリーマン・公務員 1,574千円(年) 2,354千円(年)     自営業・専業主婦     794千円(年) 397千円(年) 掛金 40740/月 80122/月 13580/月 13580/月 先回お...

続きを読む

error: Content is protected !!