認知症介護の話 台風が人の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

毎日の診療では
認知症患者さんから
教科書には書いていない
症状を教えてもらえます。

先日の台風の日も
雨風が窓ガラスを打ち付けていました。
その音を聞いた患者さん
『誰かが、窓を叩いて呼んでいる』
と言って、台風の中窓を開けようとします。
それを止めようとするご家族に対して
『あんたらは、何て薄情なの!』と強く抵抗・・
ご家族総動員で
なだめてなだめて
落ち着いてもらったようです。
ご家族からは、
『この1年で最も大変な出来事でした。』と言われるほど・・

でも
台風が通り過ぎた翌日からは、
困っている人を
助けてあげるような
とってもとっても
優しい患者さんに戻られました。

台風.png

error: Content is protected !!