足のしびれは放置してよい?受診が必要かわかる全知識【医師が解説】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Seated man holding his painful ankle

ジリジリジリ……ジンジンジン………。その足のしびれはいつからですか? どの部分がしびれますか? 強い痛みや運動障害はありますか?

実は、日常生活の中で、足のしびれを経験するかたは結構いらっしゃいます。しかし、実際に何科に受診すればよいかわからないと思います。

多くの方が整形外科を受診するケースが多いのですが、これは十分ではありません。仮に整形外科で異常がなくても、整形外科の範疇外に原因があることもあるのです。足のしびれの原因は多岐にわたり、ときには緊急受診が必要なことさえもあるのです。

今回の記事では、脳神経内科の専門医として多くの足のしびれ患者さんを診ている長谷川嘉哉が、足のしびれについての全知識をご紹介します。

1.あなたはどれ?しびれ方でわかる緊急性

足のしびれは、問診といって医師が患者さんから症状を詳しく聞くことで、おおよその診断がつくものです。逆に、医師から以下のような質問をされなかった場合は、十分な経験と知識を持ち合わせていない可能性があるともいえます。

1-1.発症の仕方

しびれが突然起こったか、徐々に起こったかで緊急性の有無が想像できます。

例えば、「先生、今朝起きたときから急に足がしびれます」と言われた場合は、医師としては緊急性のある疾患を疑います。逆に「いつからかははっきりしませんが、徐々に足がしびれてきています」と言われた場合は、緊急性は極めて低くなります。

1-2.左右差は片側であろうが、両側であろうが判断できない

足のしびれは、片側であろうが、両側性だけで緊急性の有無を否定することはできないので注意が必要です。ご自身で「片方だけだから大したことはないだろう」と判断しないようにしてください。

実は、手のしびれの場合は、片側だけで起こったのか、両側で起こったのかで緊急性の有無が想像できます。例えば、「先生、左手だけがしびれます」と言われた場合は、医師としては緊急性のある疾患を疑います。逆に「両手がしびれます」と言われた場合は、緊急性は極めて低くなります。

足の場合は、左右でも両方でも緊急性の判断は難しいですが、医師に伝えることは重要ですので覚えておきましょう。

1-3.他の症状が合併しているか?

「しびれ」は神経症状の1つです。この「しびれ」の症状のなかには大きく感覚の低下(触った感覚や、熱い、冷たいなどの感覚が鈍くなる)、運動麻痺(足が動かしにくく、力が入らなくなったりする)、異常知覚(何もしなくても「しびれ」が起こり、正座をした後のようなジンジン、ズキズキした感覚の発生などに分けられます。

その中でも、運動麻痺や強い痛みをともなった場合は、緊急性が高くなります。

2.緊急受診が必要な足のしびれ

1章から考えると、緊急受診が必要なしびれは、「突然、足のしびれが起こって、運動障害・痛みを伴うもの」となります。手とは違い緊急性に左右差は関係ない点が大事です。以下に代表疾患をご紹介します。

2-1.片側・・脳血管障害

突然、片側の足のしびれが出現した場合は、脳出血もしくは脳梗塞による脳血管障害を疑います。ただし、脳血管障害の殆どの場合は、手のしびれか運動障害を伴います。この場合、緊急で頭部CTを撮影します。しかし、仮に頭部CTで異常がなくても、脳梗塞であれば発症から6時間以内であれば異常が見られません。さらに頭部のMRIまでが必要となります。

逆に、手の症状や運動障害も伴わないで、脳血管障害で足のしびれが単独で引き起こされることは、全体の数%と極めてまれです。

Senior man with chronic knee problems and pain

突然、片側の足にしびれが起き、手のしびれや麻痺、運動障害も併発している場合は緊急受診が必要です

2-2.両側・・頚椎椎間板ヘルニアもしくは腰椎椎間板ヘルニア

突然、頚椎椎間板ヘルニアもしくは腰椎椎間板ヘルニアが起こると、側で下肢のしびれとともに運動障害を伴います。頚椎であれば手のしびれも伴います。腰椎であれば、足のしびれだけになります。左右差については、片側の場合もありますが、多くは両側性です。但し、両側性ですが左右のどちらかに優位であることが多いです。

先日も、突然の四肢のしびれと運動障害で受診された患者さんがいらっしゃいました。検査の結果、頚椎椎間板ヘルニアが疑われ、地域の基幹病院に紹介。頚椎椎間板ヘルニアの診断の元、手術を受け改善されました。

2-3.血行障害を伴う、閉塞性動脈硬化症

自分が医師になった29年前にはとても稀な疾患でした。しかし、高齢化、および食事の欧米化によって最近は急増しています。

閉塞性動脈硬化症は、足先へ血液を送る太い血管「動脈」が動脈硬化になり血液が流れにくくなったものです。十分な酸素や栄養が神経に届かなくなり、足のしびれや痛みを感じます。慢性で進行することも多いのですが、急性に起こると、足の血流が悪化し、色が悪くなります。対応が遅れると、壊死をおこし切断をする必要があります。

診断がついた場合は、血液の流れを改善するために、「詰まっている血管を広げるカテーテル治療」か「詰まった血管の迂回路をつくり血液の流れを回復させるバイパス術」を行います。

3.足がしびれる原因

足がしびれる理由をご紹介します。人間の神経の走行は、大脳から始まり、脊髄を通り、脊髄から末梢神経が筋肉を支配します。つまり、しびれは「大脳・脊髄・末梢神経」のいずれかにできた病変が原因となるのです。

Nervous System

神経系は大脳、脊髄に大きく関係しています

3-1.大脳が原因のしびれ

大脳で梗塞や出血が起こるとしびれを感じます。特徴は、突然発症すること、病変は片側であることです。ただし、足のしびれが単独で起こるためには、その原因部位は頭頂葉の一部の領域に限られます。そのため、他の症状を伴わない場合の頻度は相当に低いです。

3-2.脊髄が原因のしびれ

脊髄の変形により頚髄もしくは腰髄が圧迫されることで起こるしびれです。発症の仕方が、急性、慢性いずれでも発症します。片側であることも、両側であることのどちらもあります。

腰髄が圧迫された場合は、ラセーグ兆候といって「仰臥位で患者の片側の下肢を挙上し、痛みが大腿後面と膝下まで発現しそれ以上股関節の屈曲が出来ない場合」を陽性とします。これが出れば、腰髄のヘルニアによる圧迫を疑います。

Straight-leg-test

ラセーグテストによる兆候の検査

3-3.末梢神経が原因のしびれ

末梢神経が原因の場合は、発症の特徴として徐々に慢性的に、そして両側に発症することが多いようです。最も多いものは糖尿病に伴う末梢神経障害です。

ちなみに、多くの方が悩んでいる坐骨神経痛は、大部分このカテゴリーに入ります。(但し、3-2の腰椎椎間板ヘルニアで坐骨神経の出発点を圧迫される事もあります。)坐骨神経痛はひとつの「病気」の名前ではなく、お尻から太ももの後ろ側が痛くなる「症状」を指します。そのため、原因は様々で、脊柱管狭窄症などで坐骨神経が圧迫される事で引き起こされます。

4.足がしびれる病気の代表例

緊急性のある脳血管障害、ヘルニア、閉塞性動脈硬化症以外にも以下の疾患が多く見られます。

4-1.変形性腰椎症

高齢者の足のしびれの原因では最も多いものです。加齢にともない、椎間板が傷んできたり、骨の変形が出てきたりして、そのためにしびれや痛みがでてくる状態です。症状を訴える高齢者の方にレントゲンを撮ると椎間板が減っていて骨の変形が起きていたといった時に、変形性腰椎症という「病名」がつけられます。

4-2.脊柱管狭窄症

変形性腰椎症が進行して、腰椎での神経の通り道が狭くなった状態が、腰部脊柱管狭窄症です。腰痛だけでなく、脚のしびれや痛みがでてきたら、この腰部脊柱管狭窄症を疑います。

この疾患の特徴ある症状として、間欠性跛行(はこう)があります。間欠性跛行とは、しばらく歩くと足に痛みやしびれを生じ、少し休むとまた歩けるようになる症状のことをいいます。 実際に患者さんによっては、10分歩いては休憩。再び歩いて休憩を繰り返されています。

*間欠性跛行は神経性と血管性の2つにわけられます。代表的な病気は、神経性跛行を起こす腰部脊柱管狭窄症血管性跛行を起こす閉塞性動脈硬化症です。

4-3.糖尿病性末梢神経障害

糖尿病の神経障害では、主に末梢神経が侵されます。手足にしびれやこむら返り、走るような痛みがあらわれます。神経障害の初期に多い症状は、指先や足先がなんとなくジンジンする感じや足の裏に1枚紙を貼ったような感じがすること、あるいは痛みやしびれ感、神経痛があるといった症状です。
 
治療法はとにかく、糖尿病のコントロールを良好にすることです。同時に、糖尿病性末梢神経障害への薬による治療も併用が必要です。

*糖尿病性神経障害の治療に使われる薬:アルドース還元酵素阻害薬という薬剤を用いて、糖尿病性神経障害の原因の一つと考えられているポリオール代謝活性の働きを抑制するという治療法がとられます。日本ではエパルレスタットが臨床の現場で用いられています。この薬剤は多くの症例を元にして有効であることが実証されており、とりわけ早期の症状を抑制する場合に高い効果を発揮します。自律神経の機能の改善にも役立つという研究結果もあり、糖尿病性神経障害のために用いられる薬剤の中では最もポピュラーなものの一つとなっています。

糖尿病性神経障害については以下の記事で詳しく解説しています。

糖尿病による足のしびれ「糖尿病性神経障害」を脳神経内科医が解説

4-4.足根管症候群

足根管(そっこんかん)とは、足根の足底面で足根骨と屈筋支帯により形成されるトンネルです。 この中を脛骨神経と下腿屈筋群の腱が通ります。足根管症候群では、かかとや足の裏に通っている神経が圧迫されたり、損傷したりして足首やつま先が痛くなったりする状態です。この神経は「後脛骨神経」といい、ふくらはぎからかかと近くを通り、足の裏へと走っています。このため、この神経が炎症を起こすと、足首やつま先に痛みやしびれが起きるのです。

5.安いハンマーが、何千万もするMRIに負けないとは

足のしびれが起こる原因である、頭、脊髄、末梢神経の障害すべてが診られる診療科は脳神経内科しかありません。整形外科を受診するにしても、まずは神経内科医の判断において必要とされてから、受診することをお勧めいたします。

腰痛や足のしびれで整形外科に受診された患者さんに必ず聞く質問があります。「先生は、ハンマーを使って膝や足首を叩く診察をしましたか?」です。残念ながらハンマーを使う医師は本当に少ないようです。

我々、脳神経内科医は聴診器だけでなく、ハンマー【打鍵器】を持ち歩きます。これを使いこなすことで得られる情報は莫大です。使い方は、患者さんには上向けに寝てもらいます。手足の力を抜いてもらって、膝や足首の腱を軽く伸ばしハンマーで軽く叩きます。すると、筋が反射的に動きます。この反射が、正常であるか、低下しているか、強くなっているか、左右差があるか無いかで診察をします。

足の痺れを主訴として受診された患者さんの四肢の反射が低下して、そこから糖尿病が見つかるケースも結構あります。また、同じ脚の痺れの患者さんでも、反射が強い場合は、脊髄の圧迫が原因である事が予想されます。最近では、個人の開業医レベルの整形外科でもすぐにMRIを撮影する傾向がありますが、ハンマー一つあれば、MRIは不要ともいえる活躍をしてくれます。数千円の安いハンマーですが、何千万もするMRIに負けない診断をすることさえ可能なのです。

Doctor examining the knee reflex

脳神経内科医のハンマー検査は、画像診断しなくてもいろいろなことがわかるのです

6.まとめ

  • 足のしびれは、症状を詳しく聞くことで診断は可能です。
  • 突然、運動障害や痛みを伴うようなしびれが現れたら救急受診をしましょう。
  • 足のしびれの受診は、整形外科でなく、まずは脳神経内科がお勧めです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

認知症予防について専門医・長谷川嘉哉のレポートを無料PDFにて提供しています。

認知症専門医として毎月1,000人の患者さんを外来診療する長谷川嘉哉。長年の経験と知識、最新の研究結果を元にした「認知症予防」のレポートPDFを無料で差し上げています。

・言葉が出てこない…への対策術
・ワーキングメモリ改善で仕事の能率アップがはかられる方法
・物忘れがひどい方のための5つの習慣
・認知症予防の食事とは。○○よりも○が大事な理由
・認知症予防は運動で! その方法とは etc.,

100ページ以上に及ぶ質の高い情報集です。

以下のページで詳細をお伝えしていますので、興味のある方は参考になさってください。


詳細を詳しく見てみる

 
error: Content is protected !!
専門医監修のイチョウ葉エキス
長谷川嘉哉が独自開発。他の脳サプリとの違いとは
専門医監修の脳サプリ
成分の量と質にこだわりました