土の上を歩くと、脳がたちまち若返りだす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

私は、毎日診察前に
特殊なトレッドミルで30分歩行しています。
かなり負荷のある機械で、
初めて歩いた方は3分と持ちません。
真冬でも15分を経過すると
汗がしたたり落ちるほどです。

正月休み中は、トレッドミルの代わりに
近くの公園の舗装されていない道を歩いていました。
そこで不思議な感覚が・・
毎日、あれほど歩いているのに
疲れ方が違うのです。
いつもと違う筋肉が刺激され
どこか頭もスッキリ
凸凹と、舗装されていない道は、
足の裏をまんべんなく刺激して、
自然と、身体全体でバランスをとります。
これが頭を刺激するのです。

人間は深部知覚という感覚を持っています。
歩いたり、立ったりしている際に
“右に傾いたから、左に戻そう”
“後ろに体重がかかっているから、前に戻そう”
なんて、考えなくてもバランスが取れます。
これは深部知覚から、無意識のうちに情報が、
脳の小脳系を中心とした部位に
運ばれて調整しているのです。
これらの小脳系の刺激はとても大事で、
加齢とともに刺激が減ってくると
転びやすくなる一因ともいわれています。

しかし、ジョギングやウォーキングでは、
殆ど、小脳系は刺激されないといわれています。
何か、バランスをとるような動作を加えることで
小脳系の神経細胞が増加するのです。
まさに、舗装されていない道を歩くことは、
通常の有酸素呼吸の効果だけでなく
深部知覚を介して、小脳系の刺激もしてしまうのです。
これからは、できるだけトレッドミルだけでない
舗装されていない道のウォーキングも取り入れようと
体感した正月休みでした。

無舗装.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 
error: Content is protected !!
介護&福祉生活の「お金の話」
超高齢化時代を自分で守る知恵集
長谷川嘉哉の限定書籍
老後&介護の心配を解決