転ばぬ先の杖 - 認知症専門医 長谷川嘉哉のブログ

認知症専門医師 長谷川嘉哉 ドクターズブレイン 長谷川嘉哉

改めて・・アンチエイジングとは?

投稿日:2017年6月16日

日本アンチエイジング歯科学会で講演をさせていただいてから
改めてアンチエイジングという言葉を調べてみました。
アンチエイジングが目指すものは、人の成長が止まった後
見た目の老化現象とともに急激に落ちていく身体のエイジング曲線の角度を
少しでも緩くしていこうというものです。
誤解されることも多いのですが、60歳の身体を20歳に戻すわけではありません。
60歳で到達してしまうと言われる身体の劣化を
70歳、80歳まで引き延ばすことができれば
老化のスピードを抑えたことになるわけです。
逆からみると、80歳なっても60歳程度の劣化にとどまっていることは、
20歳も若さを保っているといえるでしょう。

そのためにアンチエイジング医学は
"元気で長寿を享受することを目指す理論的・実践的科学"と定義されます。
現在のところ
カロリー制限と適度な運動と酸化ストレス予防は、
エビデンスの存在するサイエンスとして認識されています。
簡単に言えば、
体重を適正にコントロールして
適度な運動を行い
過剰な酸化ストレスの発生を防ぐような生活をすれば、
アンチエイジングの効果で、実年齢より若く見られることにつながるのです。
実際に、アンチエイジング歯科学会でお会いした先生方の多くは
スタイルもスマートで、必ず適切な運動をされていました。
これからの時代は、
いつまでも知的活動をすることで、
いつ貰えるかわからない年金を補う必要があります。
健康を保つことで医療費を抑制することも必要です。
そう考えるとアンチエイジングはこれからの国の根幹を支えるためにも
重要なことなのかもしれません。

金 支える.jpg

カテゴリー:健康学会社会講演

心の若返り・・アンチエイジングアワード 中尾ミエさん

投稿日:2017年6月14日

日本アンチエージング歯科学会の懇親会のメインイベントの一つが
アンチエイジングアワードの表彰です。
学会の選考委員会が学術大会の際に
「歯科的に健康であること」
「心身共に美しく、健康的に年を重ねていること」
「広く国民に好感を持たれていること」を選考基準として授与されている賞です。
過去には、辰巳琢郎さん、五大路子さん、加藤タキさん、加山雄三さん、佐伯チズさん、片岡仁左衛門さん
ジュディ・オングさん、桂文枝さん、夏木マリさん、さだまさしさん、という層々たる方が表彰されています。
そして2017年のアンチエイジングアワードは中尾ミエさんでした。
中尾ミエさんの年齢はなーんと71歳
素敵な白いドレスに、ピンハイヒールを履いて
舞台を自在に動き回り、
何よりも素晴らしい声量です。
この年齢での、
声と体力
相当の努力をされているのでしょう。
そんな素敵な歌を舞台目の前の素晴らしい席で
楽しませていただきました。
素敵な席を用意していただいた諸先生方に感謝です。

ちなみに中尾ミエさんは、正司春江さん、尾藤イサオさん達と一緒に
ミュージカル『デイサービスショー』を講演されているようです。
『私たちは、プレスリーやビートルズを聴いて育った世代なのよ!』と
現在の介護現場への痛切なご意見をいただきました。
ちなみに中尾ミエさんの若さを保つ秘訣は、
"常に自分より年上の人たちと一緒にいる"ことだそうです。
結果、いつも、"心の若返り"ができるそうです。
素敵なショーと素敵な言葉
とても、とても、とても楽しませていただきました。

水2 (2).JPG水2 (1).JPG

カテゴリー:健康学会講演

若い!アンチエイジング歯科学会

投稿日:2017年6月12日

平成29年5月27日(土)
日本アンチエイジング歯科学会で講演をさせていただきました。
大会長を務める、阿部馨三先生は、同じ中学の校医仲間
監事の近藤昌嗣先生が、私の両親の主治医という
不思議な御縁から、今回の講演が実現しました。
講演依頼は2年前でしたから、どれだけ準備に時間をかけられたかがわかります。
ちなみに、日本アンチエイジング歯科学会の掲げる目標は
  ①容姿管理
  ②生活管理
  ③寿命管理
以上の3点だそうです。
歯科医療はいずれも大きく関与しています。
そのためか、講演前の役員の先生も実年齢に比べとても若く
素敵な方々ばかりでした。
幸い、講演もとても盛り上げていただき
とても心地よいものでした。

講演後は、懇親会です。
この懇親会が本当に素晴らしかったです。
会場が、マリオットホテルで着席スタイルです。
90分立って講演していた体にはとても助かります。
料理や飲み物を運んでいただけたことも
本当に嬉しかったです。
講演後に、立食で名刺交換しながら
誰も食べ物も飲み物も持ってきてくれない懇親会から比べると
天国のような扱いでした。
懇親会自体も趣向が凝らされており、
飽きることがありません
とってもとっても満足した時間を過ごせました。


やはり、歯科医の先生方は、医師に比べて
一足早く、厳しい環境に置かれています。
患者さんをはじめ、"人を楽しませることに長けている"と感じました。
大いに学ばせていただきました。
同時に、これから有望な職業は"歯科医"という持論も確信できました。
素晴らしい機会を頂いた、諸先生方に心から感謝します。

アンチエイジング歯科学会.jpg

カテゴリー:健康学会講演

シルバーデモクラシーby寺島実郎

投稿日:2017年6月9日

寺島実郎さんの新刊、"シルバーデモクラシー"を読みました。
講演内容で聞いていた内容が詳しく書かれており、
個人的は、良い復習になりました。
本からご紹介します。
1) 同じ一億人でも『1966年の高齢者が700万人しかいない1億人』と2040年代後半の『4000万人が高齢者の1億人』の状況の違いを理解すべき
2) アベノミクスなる、金融政策に過剰依存した経済政策を支える「リフレ経済学はすでに破たんし、経済の根幹たる『経世済民』、つまり国民生活における所得も消費の改善もしないまま、マネーゲームが肥大化している。
3) アベノミクスの恩恵を受けるのは、資産を保有する高齢者と円安メリットをうける輸出志向型企業
4) このような環境下でも、とりわけ高齢者が「株高誘導」に期待してアベノミクスを支持している。まさに民主主義が資本主義を制御し得ない状況になっている。
5) 民主党政権の失敗は、団塊世代の失敗であった・・15人以上の団塊の世代が大臣・副大臣・党三役として参画
6) 本気で福祉大国を志向するならば、高等学校、大学での教育課程に福祉施設等での実習を義務付けるなどの国民的取組が必要
7) 団塊世代が、戦後日本という環境に培養され、身につけてきた価値観を集約的に表現するならば、「私生活主義(ミーイズム)」と『経済主義(拝金主義)』と言える。
8) 最近の選挙は、『国の在り方を問う根本問題よりも、生活と経済が大切という国民の本音の壁に弾き返された。この傾向が続けば、まさに『老人の老人による、老人のための政治』となるであろう。
9) 二極分化する高齢者の経済状態
・ 約20%(700万人)が、金融資産1000万以下、年収(年金+所得)が200万以下の下流老人
・ 約15%(500万人)が、金融資産5000万円以上、年収(年金+所得)が1400万以上の金持ち老人
・ 残りの約2200万人の中間層老人が、「病気・介護・事故」を機に下流老人に没落する事例が急増
10) 都会と田舎の高齢化は違う!・・問題は都会の高齢者
・ 田舎には田舎なりの強みがある・・至近距離に第一次産業がある
・ 農業を抱える田舎ほど、1人暮らし老人の比率が低い

私の働く岐阜県土岐市は、結構これからの時代も大丈夫?
と安心する内容でもありました。
お勧めです。

  シルバーデモクラシー003.jpg

カテゴリー:書籍社会

時代を読むには努力が必要

投稿日:2017年6月7日

とても気さくな寺島実郎さんでしたが、
言葉の端々で、厳しさも感じました。
我々は、簡単に"これからの時代はどうなりますか?"と聞いてしまいます。
それに対しては
『入り口の議論で満足してはダメ
自ら情報を収集して、自分の頭で考えることが大事。
日々の努力の積み重ねの結果、時代が見えてくる。』
とおっしゃられました。
安易に情報を鵜吞みにするだけでなく
自分で考える努力が大事なようです。

寺島さんの講演は、一人1冊資料集が渡されます。
その資料の数字を見ながら、コメントされます。
したがって、帰宅後もその資料集を見ることで自分で考えることができます。
これって素晴らしい、方法だと感じました。

ただし、日本の貧困化と世代間格差の進行を危惧されていました。
勤労者世帯可処分所得が、2000~14年の間に年額58.8万円減少し、
中間層の貧困化が進行しているのです。
結果、日本人は学ばなくなり、学べなくなったようです。
実際に、我々がセミナーを主催しても
会費をとると、参加率が悪化します。
会費が5000円だろうと1000円だろうと一緒です。
5000円が高いという人は、1000円でも高いといいます。
逆に、この時代に適切な投資をして学ぶ人とそうでない人の間には
相当の差がついていくでしょう・・
今回もPALの会員参加率はあまりに寂しいものでした
今後は、勉強する人間を中心に少数限定セミナーにシフトする必要性も感じられました。
ちなみに、可処分所得が減っている中でも消費が増えている項目も紹介していました。
① 諸雑費・・なんとなく無駄なものを購入してる(コンビニでの買い物など・・)
② 通 信・・これは携帯電話代です。
③ 調理消費・・確かに、自宅で料理をする人が減ってきています。
④ 保健医療
勉強するお金がないと言いながら、無駄な諸雑費と携帯にはお金を使う。
やはり、同世代の中でも差がつくのはやむを得ないようです。

 水 時代を読むには努力.jpg

カテゴリー:教育社会