成年後見人の鑑定および起点に専門医が重要です

成年後見人の講演・シンポジウムを見ていると、弁護士等の法律関係の方が中心になっていることが多いようです。 しかし考えてみて下さい。 最終の鑑定は、専門医が行います。 やはり医師が主導すべきではないでしょうか? 現在の法律では、契約等を行う場合、意思能力の有無が重要となります。 意思能力は 「各人が最低限、行為の結果を弁識するに足るだけの精神能力。だいたい7~10歳程度の精神能力」 を...

続きを読む

成年後見人を考えたとき、受診する科は?

成年後見人はどのような場合に行うのでしょうか? 金融商品の購入や解約、不動産購入、相続が主なものです。 金融商品の購入は70才以上の場合当日には購入できないものもあります(リスクが高い商品など)。 70歳以上で健常な高齢者にとっては、不便なのですが、金融機関としてもこれぐらいの対応策は必要と思われます。 金融商品の解約の場合、地方の信用金庫や農協では、家族でも認められることが多いようです。...

続きを読む

騙される前に成年後見人を

成年後見人は何のためにつけるのでしょうか? 認知症の患者さんの場合、日常のコミュニケーションが取れても、複雑な契約では判断力が低下しているケースが少なくありません。 そのため、そこにつけ込む、悪徳業者が後を絶ちません。 私の患者さんでもリフォーム、健康食品、ダイヤモンド、時にはお布施などで多くの方々が騙されています。 一度でも騙された方には特に後見人をお勧めします。 御家族によっては一度...

続きを読む

成年後見人の対象は?

成年後見人の対象は、具体的には認知症、精神発達遅延等が対象となります。 特に、私の専門である認知症は、現在約250万人、今後はさらに増加が予想されます。 今後、認知症に全く関わらないで生活できる人は、わずかではないでしょうか? 実際、今回のPALの講演会でも早速、数人の方から質問をいただき、身内の方が受診されるケースも見られました。 ちなみに、精神発達遅延の方は、通常は両親が後見人になるケ...

続きを読む

成年後見人 医学的判断は?

成年後見制度とは、精神上の疾患・障害により判断能力が低下した人について、本人に代わって法律行為や財産管理を行ったり、本人の財産上の行為に対し、同意を与えたり、取り消したりしたりする人を選ぶことで、本人の判断を助け、利益保護を図る制度です。         一般的に成年後見人には、親族後見人が7割以上で、 内訳は、     親7.9%     子31.7%      兄弟姉妹 12%  ...

続きを読む

PAL研究会朝食会 “認知症の理解 成年後見人普及のために”

1月8日(金)朝6時30分よりPAL研究会朝食会にて、“認知症の理解 成年後見人普及のために”という演題でお話させていただきました。 株式会社PAL研究会は、岐阜県東濃地方の中小企業のアドバイザーとして弁護士・会計士・税理士・中小企業診断士・不動産鑑定士・社会保険労務士・司法書士・土地家屋調査士・FPなど各分野のエキスパートが結集した専門家集団です。  特に朝食勉強会は10年以上前から毎月1回...

続きを読む

平成22年10月 多治見市新規デイサービス オープン予定

当グループでは、現在通所サービスを6箇所で運営しています。 先回ご紹介したナーシングデイが7箇所目になります。 さらに平成22年10月に多治見市にて8箇所目のデイサービスを予定しています。 当グループのデイサービスはパワリハビリを積極的に行っています。 パワリハビリが、身体の運動機能の改善だけでなく、認知症にも効果があることは実証済みです。 現在、認知症専門外来には、土岐市だけでなく多治...

続きを読む

平成22年4月 療養型通所介護(=ナーシングデイ) オープン

当グループは認知症以外に、訪問診療にも積極的に取り組んでいます。 多くの方々は、自分の最期を自宅で迎えたいと願っています。 しかし、介護者等の問題で実現できる人は約10%程度とされています。 入院しか選択肢がなかった人達を、在宅で看るための介護サービスの一つが療養型通所介護です。 死期が迫ってきた利用者さんを24時間、在宅で見ることは介護者にとって肉体的にも精神的にも負担が重いものです。 ...

続きを読む

認知症今年の課題

いよいよ年も明け、本日より仕事始めです。 今年も認知症専門医として、今まで以上に活動のフィールドを広げたいと思います。 具体的には、平成22年4月に、脳リハビリセンターの定員を増員する予定です。 お待ちいただいている患者さんにも対応できると思います。 また、重症度により二つのグループに分けて対応が可能となります。 皆様のご利用及び興味のある方々の見学も受付けております。 講演活動も従来...

続きを読む

ずっと我が家で過ごしたい

結果として10年間で、1万件以上の訪問診療を重ね、200件以上の在宅での看取りを行いました。 “ずっと我が家で過ごしたい”、そんな患者さんの夢を実現すべく、クリニック・訪問看護ステーション・介護支援センター・リハビリセンター・デイサービス、グループホームが協力しています。 現在、人口6万人の土岐市はとてもよい町になりつつあると思います。 介護予防のサービスは充実しています。 以前NHKで、...

続きを読む

error: Content is protected !!