映画「おとうと」②

映画「おとうと」のなかで、弟の鉄郎が癌の末期になります。 そこで、病院で胃瘻が増設され、民間ホスピスで生活しています。 当然、栄養はすべて胃瘻を通して行われます。 私の考えでは、癌の末期に胃瘻?と疑問を持たざるを得ません。 実は、胃瘻は約15-6年前から国内で導入された技術です。 海外では、当初は障害を持った小児を想定して作られていました。 しかし、日本では、食事が取れなくなった成人に...

続きを読む

映画「おとうと」①

先日、DVDで映画「おとうと」を見ました。 特に、映画の情報があったわけではないのですが、DVDが8月4日に発売されたため、とりあえず購入していました。 いつもの癖なのですが購入すると、いつでも見られると安心してしまい、そのままになってしまいます。 実はそんな、DVDが30作品以上はあります。 しかし今回は購入後1ヶ月半経った日に、観ようという気になりました。 この映画は、『家族』、『幸...

続きを読む

アカウンティング③

当グループは幸い恵まれた会計事務所にお世話になっています。岐阜県多治見市にあるSMC税理士法人です。 本来経営の専門でないと紹介した会計事務所の中で、経営の相談にも十分のってもらえる力を備えています。 自分自身が、数ヶ月も悩んでいた事柄を一瞬で解決してくれる事が、何度もありました。 どれも理論に裏付けられた素晴らしい回答でした。 さらに、SMC税理士法人では、5年後の決算書を作成します。 ...

続きを読む

アカウンティング②

良い税理士・会計士さんの条件としては、月次報告書の速やかなる作成です。 月次の報告書が作成されないなどは、論外です。 できれば、月末締後2週間以内には作成されなければ、この月次のデータを経営に生かすことができません。 例えば、8月の月次報告書が、9月の10日ごろまでに報告されないと、適切な対応が、10月にずれ込みます。 9月10日までに報告されるからこそ、9月中に対応可能となるのです。 ...

続きを読む

アカウンティング①

アカウンティングの日本語訳は“会計”です。 ビジネスを進める際には決算書作成のために税理士・会計士さんに依頼します。 決算書作成は、実は、その第一の目的は納税のためです。 つまり、税理士・会計士さんは、我々の会社の経営状況を改善する以上に、納税することが目的となります。 多くの経営者が誤解している点ですが、彼らは経営のプロではないのです。 多くの税理士・会計士事務所は、10名程度の事務所...

続きを読む

画家③

私が、何気なく絵画展で見て、一目惚れをしてしまった画家に、中川一政さんが見えます。なんと偶然誕生日も2月14日と一緒ではありませんか。 しかし、彼の絵も当時とても高価なものでした。 手に入れることは困難と考えていましたが、これもリーマンショックのお陰で、我が家で、一時的にお預りする事ができました。 中川一政さんは、油絵だけで無く、水彩画、岩絵の具、書画等と多彩な才能を持っています。 最近、...

続きを読む

画家②

私が、絵画に興味を持って若い画家の絵を見ると画家自身のプロダクションとマーケティング戦略が確立していません。 経営者として、どうしてもそちらに気がいってしまい十分に絵を楽しめないことさえあります。 逆に、妙にマーケティングが上手い画家も、扁桃核が不快感を覚えてしまいます。 その点、巨匠と呼ばれる画家たちは、長い年月のなかで評価されてきただけのことはあります。 今年も、名古屋の松坂屋で開催さ...

続きを読む

画家①

MPAの考えは、芸術家の世界にも通用します。 巨匠と呼ばれる画家は、長い年月にわたって評価されてきているわけです。 巨匠の経歴を見ると、必ず生涯で数回の転機を経ています。 しかし、その中でもオリジナルは残されています。そこが難しいと思います。 好きな絵を思いつくままに書いていても、世間に評価されなければ今に残っていないわけです。 まさにマーケティングではないでしょうか? しかし芸術の場...

続きを読む

パーソナルスタイリスト③

自分自身が、髪型、服装、眉毛、靴、時計といったものに関心を持つと、不思議と皆さんの外見にも気がつくようになります。 そうすると不思議とスタッフに対しても、今までとは違った視点で見ることができます。 このことは、経営者として、とても重要な事ではないでしょうか? 私の知り合いに、男にファッションは関係ない。着る服は“洋服の青山”で十分といわれる方が見えます。 しかしそんな経営者のもとで働く、ス...

続きを読む

パーソナルスタイリスト②

自分自身の外見が変わると、まずスタッフから声をかけてもらう機会が増えました。 特に忘年会のときなどは、多くの方々に“若くなった”“オシャレになった”と声をかけてもらいました。 また、外来の多くの患者さんは、70歳以上の方が多いため、あまり関心がないのかと思っていましたが、多くの女性患者さんに、変化を指摘されました。 やはり幾つになっても、女性患者さんの眼の鋭さに驚きました。 逆に、今まで殆...

続きを読む

error: Content is protected !!