資格取得のための、記憶を理解した勉強法①

先週は、記憶についてのお話をご紹介しました。 今週は、記憶を理解した上での、資格試験等の取得に向けた勉強方法をご紹介します。 受験や資格試験の際には、いわゆるまじめで教室でも一番前に座り、もちろん欠席もしない人が、案外試験に落ちることがあります。 最近、社会福祉士や介護福祉士の養成学校で授業を教えていても、同様のことが見受けられます。 これは、先週ご紹介した“情報のインプットとアウトプット...

続きを読む

即時記憶の短期記憶化さらには長期記憶化

情報を脳内に記憶として保存するにはいくつかの段階があります。 たとえば電話番号などの数字を数秒間覚えるような、極めて短時間の記憶を、即時記憶といいます。 これは大脳皮質前頭葉を中心に行われます。 通常ではこのような電話番号はすぐに忘れてしまいます。 しかし、これが大切な相手の電話番号となると覚えておこうとします。 “大切である”という情報とともに海馬に電話番号の情報が入っていきます。 ...

続きを読む

エピソード記憶の意味記憶化

記憶には種類があります。 頭で覚える記憶としては、 「昨日Aさんと上野動物園に行ってパンダを見ました。」 というような、日常に起こるエピソードの記憶、 「パンダは熊のような動物で、目の周りが黒く、笹が好物である。中国の四川省に多く生息している」 というような意味記憶があります。 認知症になると、エピソード記憶が低下します。 一方で意味記憶は、比較的保持されます。 言い方を返れば、エ...

続きを読む

情報のインプットとアウトプット

今回は、記憶についてお話します。 記憶を理解する事で、頭の上手な使い方をマスターしましょう。 記憶とは、新しい経験を脳内に保存し、後になって再生する一連の機能をさします。 我々は、母親の体内にいる時から、毎日新しい情報を取り入れて、脳の中に蓄積し続けています。 そうした記憶にはいろいろの種類がありますが、大ざっぱに言えば、“頭で覚える記憶”と“体で覚える記憶”にわけられます。 また、記憶...

続きを読む

数字でワクワク

私は、数字が大好きです。 経営者達の中には、数字が苦手という人もいます。 自分自身、なぜ、数字が好きなのかを考えた事があります。 先回、自分の数字の概念はソロバンの玉だと紹介しました。 つまり数字を考える際は、右脳のイメージの世界が働きます。 そのため、単なる数字の羅列から、将来の事業像や自分の姿が想像できます。 そのうち、ワクワク・ドキドキしてとても楽しくなっていきます。 逆に、左...

続きを読む

そろばんと左右の脳

通常、計算といった論理的な作業は左脳が司ります。 しかしソロバンの場合は少し面白い現象が起こります。 私自身はソロバンが1級なのですが、2級の頃に自分の数字の概念が、ソロバンの玉になっていることに気付きました。 同じく1級の父親や、有段者の叔父さん達に聞くと、皆数字の概念はソロバンの玉になっていました。 気になって、ソロバン仲間に聞くと、3級以下では、数字の概念は数字のままのようでした。 ...

続きを読む

左脳

今回は、脳の3層構造のうち“理性脳と呼ばれる大脳皮質”についてのお話です。 大脳は脳梁を挟んで左と右に分かれていて、それぞれ働きが異なる事が証明されています。 左脳は主に言語や計算といった論理や分析を司っています。 この左脳は脳梁を挟んで右脳と情報交換を絶えず行いながら活動しています。 人間が進化の過程で言葉を操るようになったのは、左脳の発達によるものです。 特に、言葉と論理という他の動...

続きを読む

脳の3つの領域 “情動脳と呼ばれる大脳辺縁系”

扁桃核は快・不快の感情を司っています。 辺縁系の海馬を中心にインプットされている記憶データを動員して瞬時に好き・嫌いを判断しています。 人間は、この扁桃核の判断で好きな事柄に対しては積極的になり、嫌いな事柄に対しては消極的になります。 そして海馬にある、嬉しい、悲しいという記憶とも連動して、経験した全ての事柄に対して扁桃核に好き・嫌いが条件付けされています。 人間は、扁桃核が楽しいと感じた...

続きを読む

“情動脳と呼ばれる大脳辺縁系”

喜怒哀楽を司る大脳辺縁系では、扁桃核というアーモンド形の小さな脳で快・不快の感情が発生します。 また扁桃核と密接な関係を持つ視床下部が感情表出に重要な働きをしている事も明らかになっています。 そして海馬は記憶を介して感情を示す反応に関係しています。 感情は五感から伝達された情報に対して大脳辺縁系かおこす行動といえます。 つまり大脳辺縁系は、人や物事の好き・嫌いを判断している非常に重要な器官...

続きを読む

“反射脳と呼ばれる脳幹” 

脳には三つの層があることをご存知ですか? “反射脳と呼ばれる脳幹” “情動脳と呼ばれる大脳辺縁系” “理性脳と呼ばれる大脳皮質” という3層で構成されています。 それぞれの特徴をご紹介します。 脳幹(反射脳)は間脳(視床、視床下部)、中脳、橋、延髄から成り立っています。 大脳の調節系の中継点であり、体温調節・物質代謝・睡眠・生殖などに関与する自律神経系の中枢機能を持っています。 つ...

続きを読む

error: Content is protected !!