岩倉市認知症講演会

先日、愛知県の岩倉市で、認知症の講演会「転ばぬ先の杖 ストップザボケ!」を行いました。 岩倉市は、駅前の再開発で、1階でスーパーマーケット、2階に生涯学習センターがあります。 市民の皆さんは、生涯学習のついでに買物にも寄れるとても便利な場所です。 今回は、日曜日でさらに、絶好の行楽日和であるにも関わらず100人近い方にお集まりいただきました。 その中には、なんと片岡恵一岩倉市長さんにも御参...

続きを読む

自宅でも施設でもない、中間施設

私は、介護保険の施設である特別養護老人ホームや老人保健施設で 働いているスタッフで“自分の身内を自分の働いている施設に入れたい” という方に会った事がありません。 しかしそんな施設でさえ入所は困難な状況です。  行政による施設不足を補うたものが、住宅型有料老人ホームです。 (ちなみに介護付有料老人ホームは、 介護保険の施設サービスでなく在宅サービスに含まれますが、 行政の総量規制に入...

続きを読む

山谷でホスピスやっています

映画「おとうと」のなかで、紹介された民間ホスピスを描いた、 “山谷でホスピスやっています”を読みました。 東京・山谷のドヤ街に立ち上げた在宅型のホスピス「きぼうのいえ」。 金なし、コネなし、経験なし。あるのは行き場をなくし、 希望を失いかけているひとたちに、 人生最後のひかりを見出してほしいという情熱だけです。 庶民が建てた庶民のためのホスピス長屋の無謀な試みが、 周囲の人を巻き込み...

続きを読む

逸脱する”病院ビジネス“

先日、NHK追跡取材班による、”逸脱する病院ビジネス“という本を読みました。 全国の病院の半数以上が赤字になる中、 崖っぷちに追い込まれた病院でおきている事例が紹介されています。 本の中では、貧困ビジネスとして、 生活保護者を集める病院や診療所が紹介されています。 最近、当グループでさえ医療・介護の自己負担額を滞納されるケースには悩まされます。 従来、医療・介護の費用を滞納するなどは考...

続きを読む

映画「おとうと」③

映画『おとうと』の中で、鉄郎が担ぎ込まれた「みどりのいえ」は、身寄りのない人や経済的に困窮している人をも受け入れてくれる民間のホスピスとして描かれています。 この「みどりのいえ」のモデルとなったのが、東京・山谷にある「きぼうのいえ」というホスピスです。 ここには様々な事情を抱えた人たちがたどり着き、残された日々を活き活きと過ごし「最期」のときを迎えます。 しかし、我々からすると「みどりのいえ...

続きを読む

映画「おとうと」②

映画「おとうと」のなかで、弟の鉄郎が癌の末期になります。 そこで、病院で胃瘻が増設され、民間ホスピスで生活しています。 当然、栄養はすべて胃瘻を通して行われます。 私の考えでは、癌の末期に胃瘻?と疑問を持たざるを得ません。 実は、胃瘻は約15-6年前から国内で導入された技術です。 海外では、当初は障害を持った小児を想定して作られていました。 しかし、日本では、食事が取れなくなった成人に...

続きを読む

映画「おとうと」①

先日、DVDで映画「おとうと」を見ました。 特に、映画の情報があったわけではないのですが、DVDが8月4日に発売されたため、とりあえず購入していました。 いつもの癖なのですが購入すると、いつでも見られると安心してしまい、そのままになってしまいます。 実はそんな、DVDが30作品以上はあります。 しかし今回は購入後1ヶ月半経った日に、観ようという気になりました。 この映画は、『家族』、『幸...

続きを読む

アカウンティング③

当グループは幸い恵まれた会計事務所にお世話になっています。岐阜県多治見市にあるSMC税理士法人です。 本来経営の専門でないと紹介した会計事務所の中で、経営の相談にも十分のってもらえる力を備えています。 自分自身が、数ヶ月も悩んでいた事柄を一瞬で解決してくれる事が、何度もありました。 どれも理論に裏付けられた素晴らしい回答でした。 さらに、SMC税理士法人では、5年後の決算書を作成します。 ...

続きを読む

アカウンティング②

良い税理士・会計士さんの条件としては、月次報告書の速やかなる作成です。 月次の報告書が作成されないなどは、論外です。 できれば、月末締後2週間以内には作成されなければ、この月次のデータを経営に生かすことができません。 例えば、8月の月次報告書が、9月の10日ごろまでに報告されないと、適切な対応が、10月にずれ込みます。 9月10日までに報告されるからこそ、9月中に対応可能となるのです。 ...

続きを読む

アカウンティング①

アカウンティングの日本語訳は“会計”です。 ビジネスを進める際には決算書作成のために税理士・会計士さんに依頼します。 決算書作成は、実は、その第一の目的は納税のためです。 つまり、税理士・会計士さんは、我々の会社の経営状況を改善する以上に、納税することが目的となります。 多くの経営者が誤解している点ですが、彼らは経営のプロではないのです。 多くの税理士・会計士事務所は、10名程度の事務所...

続きを読む

error: Content is protected !!