認知症に遺伝はある?認知症のリスクを高めるアポE遺伝子を解説!

Caring son tying the tie of his senior father

「認知症は遺伝するのですか?」 認知症専門外来をやっているとよく質問される言葉です。 親が認知症になった場合、「自分も認知症になったらどうしよう」と思うのは自然です。 今回の記事では、毎月1,000名を超える認知症患者さんを診察している認知症専門医の長谷川が、認知症に関わる遺伝子のなかでも重要な遺伝子の一つ、アポE(APOE)遺伝子についてご紹介します。  1.認知症は遺伝するのか?...

続きを読む

グループホームの費用になぜ差?専門医が教える軽減策など7つの知識

Seniors spending time at the park

グループホームとは、地域密着型サービスの一つで、認知症高齢者を対象に少人数で共同生活をする施設です。 格好良く言えば、高齢者のシェアハウスと言えます。 1990年代後半に国のモデル事業として始まり、2000年の介護保険制度開始を機に年々増え、2015年の時点では、全国の事業所数は12,983カ所あります(厚生労働省平成27年介護サービス施設・事業所調査)。 グループホームに入居す...

続きを読む

世帯分離…家計を守る裏ワザ的方法のメリットとデメリット【事例も】

Two senior couples holding their arms

介護をしている家族にとって、施設型や訪問型などの介護サービスは、介護負担を軽減するためにも必要です。しかし、サービスによっては高額の費用がかかります。介護が長期化したり、サービスの利用頻度が高まったりするほど、要介護者を支える家族には経済的な負担が家計にのしかかります。 そんな介護費用の節約の“裏ワザ”ともいえるのが「世帯分離」です。二つ以上の家族が同居している場合、世帯分離をすることで介護...

続きを読む

健康情報・医者が言っても信じるな!とは 情報の見極め方7つの知識

Making TV show

毎日のように、テレビ、本、雑誌では健康情報があふれています。人気番組で放送された翌日には、必ず患者さんから番組内容について質問をされます。その影響力には驚かされます。 情報番組の中では、エビデンス(evidence:科学的根拠)という言葉をよく耳にします。私たちはエビデンスがあるとその情報をうのみにしがちです。 しかし、エビデンスがあるからといって、そこで思考を止めてしまうことは問題で...

続きを読む

医療費&障害者控除・介護の負担を減らし税金の戻りを得る6つの知識

pharmacy receipt with egc, pills and syringe on desk.

多くの皆さんが、年間けっこうな金額の診療費、医薬品の購入費、介護保険等の自己負担をされているのではないでしょうか? 一人一人では額が少なくても、家族単位で考えると結構な額です。これらの費用は年末調整や確定申告時に所得から差し引くことで税金から控除することができます。 この控除可能なものは、意外なものが知られていないという事実があります。税金は支払う側が正しい知識を知っておくことで、正当なルー...

続きを読む

塩分摂取量の謎・正しい塩をとる一つの知識と高血圧の原因別対処方法

Doctor Measuring Blood Pressure Of Male Patient

「血圧、上が150ありますね。下も高いです。塩分を控えた方がいいですね」 このように50歳を超える高血圧と診断される人が増え始めます。そこで、血圧を下げるための食習慣として「減塩」を指導されることが少なくありません。 そこで塩分摂取量を気にしだす方が多いです。食事中の塩分量を気にしてみたり、一日の摂取量を忠実に守ろうとしたり…。 しかし、近年の研究では食事による塩分摂取量と高血圧...

続きを読む

認知症の成年後見制度を徹底解説!つけるべき人、つけなくてもいい人

senior man grandfather holding piggy bank looking suspicious trying to protect his savings from being stolen

「今までに、騙されて何か購入したことはありませんか?」 これは私が認知症外来で患者さんやそのご家族に必ずお伺いしている質問です。 認知症高齢者は、計算能力が低下し財産の管理は非常に困難になります。現在の契約社会のなかで生活していくには、不安が残ります。相続をめぐる争いも後を絶ちませんし、高齢者を狙った犯罪も手口が特殊化する一方です。 そのため認知症高齢者をめぐる財産管理には、社会...

続きを読む

高齢者の転倒が寿命を縮める理由&予防に効果的なたった一つの方法

I am older for these falls

外来では、顔中に傷をつくったり、骨折してギプス等を巻いている高齢者の方がいらっしゃいます。 話を伺うと、「転んで地面に顔を打ち付けた」「手をついたら手の骨を折った」と言われます。若い方であれば、問題にならないことでも、高齢者の方が転倒をすると思いもかけず大きなケガにつながります。 この「転倒予防」に力を入れるべきなのです。実はこれがきっかけになって、目先のケガだけではなく、その後の人生...

続きを読む

ボタンが掛けられない…「失行」かも?5つの代表的事例と対応法3選

Adult Daughter Helping Senior Tie Shoelaces

「服を着替えない」「風呂に入らたがらない」「ボタンを掛けられない」高齢者の方がいらっしゃいませんか? ご家族としては、「年を取ったからしょうがない」と思いがちですが、実は「失行」という認知症の症状の一つかもしれません。 例えば、お風呂に入ろうとして裸になってもそのまま座っていたりします。今までは出来ていたことが、本人は「どうすればいいか」がわからないのです。他には目立った認知症の症状が...

続きを読む

レビー小体型認知症・専門医が解説する診断&治療&薬の過敏性8知識

皆さん、レビー小体型認知症という病気をご存知でしょうか? 認知症の原因疾患の一つで、幻視を大きな特徴とするものです。認知症全体の20%を占めると言われています。 しかし、初期段階では記憶障害(同じ話や質問を繰り返す等)も見られないことが多く、他の病気と診断されたり見逃されたりすることもあります。 難しい病名ですが、NHKのためしてガッテンで紹介されてからは、ご家族が「お爺ちゃんは、レビ...

続きを読む

error: Content is protected !!