年金は破綻せず!必ず払うべき理由と老後の生活を楽にする7つの知識

Hand putting Coins in glass jar with retro alarm clock

『親御さんの年金額は幾らですか?』 これは私が認知症専門外来でお伺いする質問です。 初めてお会いしたご家族は、この質問に一瞬驚いた表情をされます。しかし今の時代、年金額を知らずして満足な診療はできないのです。 これは決して「患者さんの財産次第で医療を変更する」のではなく、「病院での診察だけではなく、ご本人とご家族の費用と手間の負担がなるべくないような介護体制を組むにはどうしたらいいか」...

続きを読む

早期認知症になったら・専門医が解説!騙されての高額商品契約に注意

Worried senior couple discussing their bills

「なんか変だな」と感じたときには早期認知症にかかっている可能性があります。通常の生活にはあまり不自由せず、家族にも迷惑をかけることはそれほどではないかもしれません。 この段階では疾患そのものよりも金銭管理や契約などでトラブルになることが怖いのです。 実は先日、私の78歳の早期認知症患者さんが、子供さんがいない昼間に、訪問した証券会社からリスク性の高い投資信託を購入してしまいました。その...

続きを読む

歯科医急募!高齢者専門クリニックで新時代の歯科医になりませんか?

Chair background concept - recruitment hire hiring interview

このたび土岐内科クリニック(岐阜県土岐市)では、歯科医を急募します。当院では、医科歯科連携の重要性から、平成30年2月から歯科ユニットも1台設置し、歯科衛生士を採用しました。その結果、患者様及びご家族からは本当に本当に多くの感謝の声を頂くことができました。(参考記事:これからの超高齢社会において飛躍する職業が「歯科衛生士」の理由) 近年「内科系疾患改善や認知症予防のために、口腔内環境の整備が...

続きを読む

口腔ケアで認知症患者さんの症状が改善!医科歯科連携の重要性とは

Professional dentist office

平成30年2月に、当クリニックでは歯科衛生士さんを採用することで認知症専門外来に口腔ケアを導入しました。もちろん、口腔ケアは医科では算定はできませんので、ご家族の同意のもと無料で提供しています。 たった2か月ですが、認知症専門医として多くの気づきを得ました。また認知症の患者さんで数回の口腔ケア後に劇的な改善を看られたケースも経験しました。 今回の記事では歯科治療・口腔ケアが認知症患者さ...

続きを読む

特別養護老人ホームとは・重介護生活の第一選択肢に向く人向かない人

Sick elderly patient

特別養護老人ホーム(以下、特養)は、介護保険が使えて費用が安く抑えられるなどのメリットがあり、多くの方が希望される公的施設です。 自宅での介護が不可能になったご家族が、最終的に患者さんの入所を希望される際の第一選択肢といえるでしょう。人気があるために、特養は一時、入所に3年待ちと言われていました。しかし最近、地方では待機期間も短縮化しています。 では単純に「自宅で看られなくなったから、...

続きを読む

木の芽時は認知症患者さんにも影響?変調を乗り越える対応改善法

Blossoming chestnut tree bud - spring

3月になってから、認知症専門外来の患者さんが、どこか不安定です。意味不明な発語が増えたり、徘徊が増えたり、どことなく落ち着きがありません。ご家族によっては、「認知症が進行したのでしょうか?」と心配されます。しかし、長年にわたって介護されているご家族は、「木の芽時ですから少し不安定なんですよね。でも毎年のことですから様子をみます」と、冷静に判断されています。 3月は季節的には、「木の芽時」です...

続きを読む

介護老人保健施設(老健)とは・介護負担を減らす活用法6つの知識

Senior people welcoming friend

多くの介護者さんが、特別養護老人ホーム(特養)の入所を希望されます。しかしながら、待期期間が長く、入所のための介護度の制限もあります。それでも、日々の介護は待ってくれません。そんなときは介護老人保健施設(老健)を検討しましょう。「老健は3か月で退所しなければ」と言われますが、長期入所されている方もいます。実際に老健で特養を待っておられる方もたくさんいらっしゃいます。 しかし、老健には期間以外...

続きを読む

介護施設選びの注意点・土岐市に小規模多機能ホームがない理由

Marriage holding hand's in hospital

「小規模多機能ホーム」が全国各地に存在しています。利用者一人ひとりにケアプランが作成され「通い」「泊まり」など臨機応変に利用できるというものです。 私は、最近立て続けにこの小規模多機能ホームを利用している患者さんから相談を受けました。いずれも患者さんが重症化しており、他の入所施設への移動をしたいのですが、ケアマネが動いてくれないとのこと。家族は困ってしまい、相談のために当院に受診されました。...

続きを読む

子供の習い事はそろばんがおすすめ!認知症専門医が脳科学的に解説

Abacus

「子供にどんな習い事をさせよう?」これは多くの親が悩むことです。そんなときにぜひ選択していただきたいものがそろばんです。 「そろばんは昔のもの」、「これからの時代はそろばんを使う機会はないから無駄」と思われているかもしれません。しかし、そろばんは、左右の脳をバランスよく使うとても優れた手法なのです。昔から「読み書きそろばん」と言われますが、脳の働きを考えても有用なのです。 また、あまり...

続きを読む

介護に限界を感じる前に…要介護3未満の介護保険施設選び6つの知識

Seniors sitting together

自宅で頑張って介護をしてきても、「これ以上は限界」になることがあります。昔のように、お嫁さんが介護のために人生をかける時代ではありません。介護生活を社会全体で支えるために、2000年4月に介護保険が施行されたのです。 そのようなご家族の多くは「施設にお任せしたいが、できるだけ費用を安くしたい」とお考えではないでしょうか。 実は、介護保険の公的施設である特別養護老人ホーム(特養)は、介護...

続きを読む

error: Content is protected !!