ケアマネは変更可!見極めと変更の方法、選び方を高齢者専門医が解説

Japanese Senior Ladies Talking at a Cafe

「ケアマネさんに来てもらっているけど、思ったような感じじゃない…」 「他で聞くよりも、あまり働いてくれない気がする…」 「本当にうちのこと考えてくれているのかしら…」 介護生活で、最初にお任せのまま決まってしまうのがケアマネージャー(ケアマネ)です。 実はケアマネは不満があったら変えてもいいのです。実際に当院では、ご家族や患者さんに合わないなと思ったら変えることを勧めていま...

続きを読む

認知症の診断に前頭葉機能検査FABが不可欠な理由を専門医が解説!

Doctor and patient

病院で、認知症専門医に「前頭葉機能検査をしてみましょうか?」と言われることがあります。その中でもFAB(Frontal Assessment Battery)は前頭葉機能検査の一つで、認知症の診断に使われる検査方法の一つでもあります。 ではこのFAB検査とはどういったもので、何がわかるのでしょうか。実はクリニックによっては行われていないケースもかなりあります。しかし、できればぜひ行ったほうが...

続きを読む

メニエール病?めまい?安易な診断に注意!区別と治療法を医師が解説

Young beautiful asian woman headache on white bed, sad, migraine stressed, crying, disappointed feeling in the morning

メニエール病(メニエル病)とは、ある日突然グルグル回る回転性の激しいめまいが起こり、吐き気や冷や汗、嘔吐などの症状を伴う疾患です。最近では、男性デュオ「タッキー&翼」の今井翼さん(36)がこの病気を再発し、現在治療に専念しています。 女性にやや多く、発症年齢のピークは30代後半~50代後半といわれています。めまいが起こるとメニエール病を疑う人が多いようですが、この病気だと自己判断して受診する...

続きを読む

認知症専門医が最初にイクセロン/リバスタッチパッチを選択する理由

Doctor and patient on wheelchair

現在、健康保険で効果が認められている抗認知症薬は4種類あります。専門外の先生方は漠然と使用しているようですが、認知症専門医はイクセロン/リバスタッチパッチを最初に選択することが多いようです。しかし、残念ながら相当数の方に副作用として皮膚症状を認めます。 それでも最初にイクセロンリバスタッチパッチを使用するには理由があるのです。今回の記事では月に1000人の認知症患者を診ている認知症専門医の長...

続きを読む

美容はもちろん脳寿命にも効果的な表情筋トレーニングを医師が解説

attractive asian woman in front of mirror

我々、脳神経内科医は人の表情筋を見ることがクセです。公共交通機関の中でも、「この方は脳血管障害の既往がある」や「この女性は、普通では分からないが過去に顔面神経麻痺になった」など表情筋を見るだけで分かるものです。そんな多彩な情報を与えてくれる表情筋ですが、加齢に伴い衰えてきます。 そのことは美容的な問題だけでなく、将来の健康寿命にまで直結します。今回の記事では、脳神経内科医が表情筋の正しい知識...

続きを読む

おしゃべりの効能・人との繋がりが認知症、寝たきりまで予防するとは

Happy group of women having fun

高齢の方がデイサービスを利用された時の様子です。女性ばかりのグループは、とても会話が盛り上がっていてとても楽しそうです。「以前からお知り合いだったのですか?」とお伺いすると、今日はじめて会ったとのこと。初めて会ったにも関わらず、共通点から会話の糸口を探り、話題を盛り上げていくあたりは流石です。 一方で、男性ばかりのグループは、30分経ってもまったく会話がありません。誰も会話の糸口を探そうとも...

続きを読む

フランス厚生省が抗認知症薬を医療保険から除外!? 専門医の考察は

Alzheimers Disease concept , Brain degenerative diseases Parkin

フランスから驚くべきニュースが届きました。「2018年6月1日、フランス厚生省はプレスリリースを発表。現在、アルツハイマー病の治療のために使われている薬を、8月1日より医療保険のカバーから外す」というものです。紹介してくださったのは、Yahoo!個人ニュースで執筆している市川衛さんです。(出典:アルツハイマー病治療薬・フランスで医療保険から外れる 変わる認知症治療の潮流とは) 今回、対象とな...

続きを読む

家族を困らせる認知症の「周辺症状(BPSD)」を専門医が解説!

The woman who grieves in the remark of the doctor

認知症の代表的症状は「物忘れ」ですが家族をそれほど困らせるわけではありません。さっき話をしたことを忘れようが、同じ質問を繰り返そうが、家族にとってストレスにはなりますが、生活に大きな影響を与えるほどではないでしょう。 認知症が進んできて、幻覚・妄想・暴言暴力・介護抵抗といった症状が出るようになると家族を苦しめます。これらの症状を周辺症状もしくはBPSD(Behavioral and Psyc...

続きを読む

手の震えはパーキンソン病?何科を受診?重大な病気か判る7つの知識

Close Up Of Senior Man Suffering With Parkinsons Diesease

“手の震え(ふるえ)”は見かけ上も目立つだけでなく、日常生活のうえでも不便なことがあります。例えば、「手がふるえて字が書きづらい」「コップをもっていると水がこぼれてしまう」というような悩みをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。また、手のふるえがパーキンソン病という病気の初期症状の一つだと知って、心配になっている方もいらっしゃるかもしれません。 症状が出た場合には、医師の診察を早めに受けることが...

続きを読む

医師がお勧め!目の疲れには「温め」が最も効果的な理由とその方法

みなさん、パソコンや車の運転など眼を酷使する生活をしていませんか? 私自身、近視のため診察時はコンタクトレンズを使っています。その診療でも電子カルテを使用しているので一日中PCを見ていることになります。 それ以外にスマホやiPadも見ますので、目を酷使しているうちの一人です。この疲れを癒すためにかれこれ10年以上、眠る前には必ず目を温めるようにしています。その結果、疲れ目や目の乾燥の悩みから...

続きを読む

error: Content is protected !!