認知症の原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 認知症というと1つの病気のような印象をもたれがちですが、実はさまざまな病気が認知症を引き起こします。その中の代表疾患がアルツハイマー型認知症です。認知症の約50%以上を占めます。

次いで30%前後を脳血管障害後遺症による、血管性認知症が占めます。以前は、日本では血管性認知症が多いと言われていましたが、最近は減少傾向です。アルツハイマー型認知症と血管性認知症が頻度的に1位と2位であり、両者で8割近くを占めています。最近は他にも多くの原因が見つかり、数えただけでも50種類以上の原因があるといわれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 
error: Content is protected !!