認知症患者さんの易怒性を誘発!周囲が迷惑を被る地雷言葉に注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Ambush

認知症患者さんは、病気の進行とともに、ちょっとしたことで怒りやすくなります。その時に、特定の言葉に反応することが多いため、患者さんのご家族が、「まるで『地雷言葉』ですね」と言われました。「地雷言葉」とは医学用語ではありませんが、とても的を得ているので、私の外来では、使わせていただいています。

今回の記事では毎月1,000名の認知症患者を診察している長谷川嘉哉が、認知症患者さんに易怒性(いどせい)を誘発する「地雷言葉」についてご紹介します。

1.地雷言葉とは?

地雷言葉とは、認知症患者さんが突然怒り出す状態を引き起こす言葉のことです。今まで機嫌よく喋っていたのに突然、怒り出します。その状況は、まるで地雷を踏んだように突然であるため、このような言葉が「地雷言葉」と名付けられました。

2.具体的な地雷言葉

実は、地雷言葉は以下の3つであることが大部分です。参考になさってください。

2-1.お金の話

お金の話で、急に地雷を踏むことが最も多いです。通帳や財産管理を子供さんに任せたにも関わらず、突然、「私の通帳はどこ行った!」「○○が勝手に私の財産を管理している!」などと言い始めます。特に、「年金」という言葉で「お金」を連想することが多いため、注意が必要です。

2-2.子育て

これは女性に多いのですが、「子育て」の話から、「私の旦那は、子育てのときに全く助けてくれなかった」と執拗に文句を言い始めます。一度始まると、何度も何度も毎日毎日です。ご主人にしてみれば、数十年前のことを急に責められても困り果ててしまいます。

2-3.昔の浮気

これも女性に多いのですが、突然「浮気」の話から「私の旦那は、昔浮気をした」と文句を言い始めます。実は、この対応には注意が必要です。多くのご主人は、「自分は過去に浮気などはしていない」と否定します。しかし、中には「昔は浮気をしたが、今はしていない」などど白状してしまう人がいる。そうなると、地雷言葉が爆弾言葉にまで拡大してしまいます。あくまでも事実の有無に関係なく、浮気は否定してください。

Scolded the old woman

地雷言葉でスイッチが入ってしまうのは女性の方にもいらっしゃいます

3.地雷言葉でなぜ怒る?

X-ray or MRI brain scan with glitch effect. Abstract concept of Alzheimer disease and other health problems with head, brain, memory and mental problems

易怒性は脳のトラブルが引き起こしている可能性があります

認知症の患者さんは、以下の2点を原因として地雷言葉で怒り出すと考えています。

3-1.前頭葉機能低下

認知症の患者さんに見られる記憶力の低下は、側頭葉機能の低下により引き起こされます。認知症の場合は、その側頭葉機能低下の前に、必ず前頭葉の機能が低下しています。

ちなみに前頭葉機能とは、倫理的に思考し、理性をコントロールする働きを持っています。そのため、前頭葉機能が低下している認知症患者さんは、話の流れが十分理解できず、地雷言葉を聞くと感情のコントロールが出来ずに突然怒り出すのです。

3-2.認知症の周辺症状

認知症は、初期では記憶力の低下を中心とする中核症状が出現します。しかし、症状が進行すると周辺症状が出現します。周辺症状の一つに、易怒性といった怒りやすさが出現するのです。なお、元々穏やかな性格であった人が、怒りっぽくなるといった症状も「性格変化」といって周辺症状の一つになります。なお、周辺症状については以下も参考になさってください。

家族を困らせる認知症の「周辺症状(BPSD)」を専門医が解説!

4.対応策

地雷言葉を踏まないためには、家族で注意をすることが大事です。そして、常日頃から「地雷言葉」を避けるようにすることが大事です。しかし、テレビで年金の話などが出ることがあります。そんな時は、何気なく話題を変えるような工夫が必要です。

Two senior women chatting in a living room

爆発を察知して上手に切り替えることも大事です

5.あまりにひどければ薬物治療も

地雷言葉による易怒性があまりにひどい場合は、薬の力も借ります。

5-1.メマリー

周辺症状としての易怒性が強い場合は、メマリーが第一選択となります。『先生、本当に穏やかになりました。』と感謝されたことは1,000例以上で経験しています。詳細は以下の記事も参考になさってください。

抗認知症薬メマリー(メマンチン)なく認知症外来は成立しない理由

5-2.抑肝散

メマリーほどではありませんが、抑肝散は漢方ですがとてもよく効きます。使い方は、メマリーを使う前に使用するケースと、メマリーに追加する2つのケースがあります。服薬後2週間程度で効果が出現します。詳細は以下の記事も参考になさってください。

認知症専門医が、漢方薬「抑肝散」を活用する5つの理由

5-3.抗精神病薬

メマリーや抑肝散を使ってもどうしてもブレーキ効果がなく、易怒性が残る場合は、抗精神病薬を使用します。具体的には、リスパダール、セロクエル、エビリファイと言った薬です。

これらの薬の保険適応病名は、統合失調症ですからアルツハイマー型認知症の方には保険適応外になります。これらの薬をごく少量、0.5錠から1錠程度を加えると、劇的に効果があります

6.まとめ

  • 認知症患者さんが、特定の言葉に反応して突然おこりだす言葉を地雷言葉といいます。
  • 地雷言葉で最も多いのは、お金に関する話題です。
  • 日常では、できるだけ地雷言葉を避け、あまりにひどい場合は薬物治療も行います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

認知症予防について専門医・長谷川嘉哉のレポートを無料PDFにて提供しています。

認知症専門医として毎月1,000人の患者さんを外来診療する長谷川嘉哉。長年の経験と知識、最新の研究結果を元にした「認知症予防」のレポートPDFを無料で差し上げています。

・言葉が出てこない…への対策術
・ワーキングメモリ改善で仕事の能率アップがはかられる方法
・物忘れがひどい方のための5つの習慣
・認知症予防の食事とは。○○よりも○が大事な理由
・認知症予防は運動で! その方法とは etc.,

100ページ以上に及ぶ質の高い情報集です。

以下のページで詳細をお伝えしていますので、興味のある方は参考になさってください。


詳細を詳しく見てみる

 
error: Content is protected !!