パーソナルスタイリスト③

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自分自身が、髪型、服装、眉毛、靴、時計といったものに関心を持つと、不思議と皆さんの外見にも気がつくようになります。

そうすると不思議とスタッフに対しても、今までとは違った視点で見ることができます。

このことは、経営者として、とても重要な事ではないでしょうか?

私の知り合いに、男にファッションは関係ない。着る服は“洋服の青山”で十分といわれる方が見えます。

しかしそんな経営者のもとで働く、スタッフはかわいそうだと思いませんか?

どんなにオシャレをしてもその経営者には伝わらないわけです。

それは実はファッション以外も同じではないでしょうか?

先日佐藤可士和さんの“クリエイティブシンキング”に以下のような文章が載っていました。

「外見と中身を分けて考える人がいるが、外見は一番外側の中身なんです」

何と意味深い言葉でしょう。男性、特に経営者の皆さん一番外側の中身にも気を使いましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 
error: Content is protected !!