認知症に関すること

糖尿病で認知症リスク増加?予防が大切な理由を認知症専門医が解説

Blood sugar test

生活習慣病の代表格といえるのが糖尿病ですが、高齢になると男女共に有病率が高くなります。平成28年度の「国民健康・栄養調査」によると、70歳以上の5人に1人に糖尿病の強い疑いがあるという結果になっています。糖尿病には合併症が多く、これまで、網膜症・腎症・神経障害が三大合併症といわれてきました。加えて最近では、認知症も糖尿病の合併症として注目されるようになっています。 糖尿病がある人はそうでない...

続きを読む

認知症の原因は千差万別!・なかなか治らない理由を専門医が解説

Senior woman with her elder care nurse

誰もがなりたくない「認知症」。マスコミは連日「○○は認知症予防に良い!」「○○をすると認知症を改善させる!」などと情報を溢れさせていて、どれを行動に移してよいか分からないほどです。 現在、認可されている抗認知症薬も医者の中でさえ「○○の薬は効果がない」「○○がとても効果があった症例を経験した」など、意見が異なります。そのうえ、世界中の優秀な人材がお金と時間をかけて研究をしても特効薬は開発され...

続きを読む

腸内フローラを作る腸内細菌が認知症に影響!・認知症専門医が解説

Intestines Sketch with Guts Bacteria

平成31年1月30日に国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)は、腸内の状態が認知症に強く関連があるとする論文を発表しました。認知症の人は腸内の「バクテロイデス」という細菌が少なく、認知症でない人は多い傾向があったそうです。 最近の研究では、歯周病菌が認知症の一因であることも証明されています。ならば、腸内細菌叢が脳に影響を与えても不思議ではありません。今回の記事では、認知症を予防するための腸...

続きを読む

歯の磨き方で脳の老化は止められます!ジェーンスーさんのTBSラジオで放送されました!

スクリーンショット 2019-01-25 10.54.59

当院では、約1年前から歯科衛生士さんを採用。定期的に認知症患者さんの口腔ケアを行っています。従来から研究レベルでは、口腔ケアと全身疾患の関連は指摘されていました。しかし、認知症専門クリニックに本格的な歯科チェアを配置したケースは全国でも珍しいものです。お陰様で、患者さんの口腔内環境が改善されるだけでなく、認知症自体も改善するケースが続出しています。 そんな経験が「認知症専門医が教える! 脳の...

続きを読む

「親の様子が何か変」のチェックポイントと認知症早期受診の説得方法

Angry Couple

明けましておめでとうございます。ところで休み中、久々に御両親や祖父母さんに会われた方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか? その時に「何かおかしい」と思われたことはないですか? 久々にあった人が「何かおかしい」と感じたことは、結構正しいものです。 そんな時は、ぜひ先延ばしすることなく認知症専門医を受診してください。多くの場合、当事者は受診をすることを嫌がります。その時は子供さん、お孫さ...

続きを読む

認知症予防にも旅行にも!専門医が「京都検定」をお勧めする理由

Back view of three geishas

平成30年12月9日に第15回京都検定の試験が行われました。ご当地資格は全国で見られますが、京都検定は相当本格的です。毎年1万人近い人が受験し、ついにのべ10万人以上の方が受験していました。実は、私も京都検定の受験を志し、相当なる勉強のうえ2級と3級に同時合格しました。 普通のご当地試験は合格すればそれまでですが、京都検定は合格してからが楽しいのです。そのうえ受験勉強は大変ですが、合格へのプ...

続きを読む

ドラマ大恋愛でも話題・若年性アルツハイマーを認知症専門医が解説!

Woman losing parts of head as symbol of decreased mind function.

2018年10月12日からTBS系金曜ドラマで放送されている、戸田恵梨香さん主演のドラマ「大恋愛」では若年性アルツハイマーが取り上げられています。番組の中で繰り広げられる恋愛だけでなく、「若年性アルツハイマーってどんな病気?」「このあとどうなるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか? 我々、認知症専門医としては、仮にドラマであっても多くの方に病気について知っていただくこと...

続きを読む

親を施設に預ける罪悪感は心配無用!認知症専門医が伝える7つの話

Asian senior women profile

認知症介護も限界を迎えると、多くのご家族が施設入所を考えます。そんなときに、家族を襲うのが「罪悪感」です。できれば、自宅で介護をしたいがそれも不可能。だからといって入所させるのは可哀そう。その葛藤に家族は苦しむのです。 ご自身を育ててもらった親御さんに対して、今度は自分が面倒を見ている番。なんとか親孝行を、と思ってもあまりできないうちにここまでになってしまったのではないでしょうか。 し...

続きを読む

認知症患者さんへの対応・時には怒っても大丈夫な理由を専門医が解説

Senior couple, shouting at each other.

認知症専門外来をやっていると、「先生、昨日主人を怒ってしまいました」「母の言動を否定してしまいました」と訴えるご家族がたくさんいらっしゃいます。多くの方々は「認知症患者さんを怒ってはいけない」「認知症患者さんを否定してはいけない」と思い込んでいるようです。 そんな時、私は「我々は仙人ではありません。怒りたければ怒ってください」とアドバイスしています。そうすると多くのご家族が、救われたような表...

続きを読む

高齢者や認知症患者に多い「てんかん」を見逃さない!5つのポイント

elderly falling in bathroom because slippery surfaces

てんかんというと、小児もしくは若い人に多いと思われがちです。しかし、高齢者及び認知症を主に診察している当院では、高齢でてんかん発作を生じる方がたくさん見えます。 最近の研究では、実はてんかんの発症は、高齢者で最も多いことが分かってきています。高齢者のてんかんは、けいれん等を伴わないことが多く、認知症などを併発することもあり、見過ごされやすいものです。今回の記事は、月に1,000名の認知症患者...

続きを読む

error: Content is protected !!
専門医監修のイチョウ葉エキス
長谷川嘉哉が独自開発。他の脳サプリとの違いとは
専門医監修の脳サプリ
成分の量と質にこだわりました