認知症に関すること

絶対は絶対ない

認知症外来をやっていて感じることがあります。 ある程度 年齢を経てからは "絶対は絶対ないです" 外来患者さんが 良く口にされる表現があります。 『毎日、薬を忘れずに飲んでいるのですが 薬が余っています』 カルテを確認して 処方日数と 診察の間隔を 確認しても 飲み忘れがなければ 余る訳はありません。 患者さんに優しく "飲み忘れていませんか?"と確認すると ...

続きを読む

大手カレーチェーンとの共同開発?? 親ゆびを使って食べる、認知症予防カレー限定販売??

カレーには、認知症予防の効果があります。 この効果は、黄色をしたカレーに含まれているウコン(ターメリック)によるものです。 同じカレーでも、別の色をしたグリーンカレーやレッドカレーには ウコンが含まれていないため、認知症予防の効果はありません。 ウコンには「クルクミン」というポリフェノールの一種が含まれています。 クルクミンには、アルツハイマー病を引き起こす「アミロイドβタンパク」の脳内蓄積を減ら...

続きを読む

介護現場の”節子”さんに、ねぎらいを

昭和50年ごろ我が家は認知症を抱えた家族でした 父方の祖父が認知症 父親は、働き盛りで忙しく 子供達も小・中学生でそれなりに忙しい。 もちろん介護保険制度もなく 医師も認知症の認識が甘く 社会的フォローも貧弱 父親の兄弟も、親の介護をすることなど考えもしない。 結果、認知症の祖父の介護は 長男の妻である 私の母親が担っていました。 "祖父の認知症が悪化していること"を、 ...

続きを読む

割を食う長男長女

家族を苦しめ、時に家族関係までもを崩壊させるものに、 幻覚・妄想・暴言といった周辺症状があります。 不思議と、これらの周辺症状は、 もっとも患者さんのお世話をしている人、 多くは長男のお嫁さんなどが標的になります。 もっとも尽くしている人たちに対して、 被害妄想で泥棒扱いしたり、 暴言を吐いたりするわけですからとても悲しくなります。 そんな割の合わないお話が日経の記事に紹介され...

続きを読む

入院入所が、介護者の終わりではありません。

介護困難な 認知症患者さんの中には どれだけ薬を組み合わせても どうしてもコントロールできないケースがあります。 そもそも、拒薬といって 薬を飲んでいただけなければ 内科医はお手上げです。 その上、デイサービスや ショートステイも利用してもらえなければ 介護を担うご家族は地獄です。 介護力が乏しければ 介護者自身が体調を崩すことも多々あります。 こうなれば在宅生活の継続は不...

続きを読む

認知症の周辺症状を放置したら??

周辺症状のコントロールには 先回紹介したメマリー以外にも 漢方の抑肝散も効果があります。 メマリーで効果が不十分な場合や もう少し穏やかにしたいときに追加すると 2週間ほどで効果が出てきます。 正直、漢方の割に良く効きます さらに メマリーと抑肝散の組合せでも 不十分な場合は 抗精神病薬を"少量"使います。 この少量がポイントです。 具体的には セロクエル 25-50...

続きを読む

お葬式で一筋の涙を流させて下さい

周辺症状がひどい女性患者さんがいらっしゃいました。 被害妄想が強く 子供達 さらには孫たちにまで 『お前ら、私のお金取っただろ!!』 その言葉は、 大声で、 攻撃的でした。 最初は反発していた ご家族も 途中からは、 その力さえなくなっていました。 介護負担を背負う場合 専門医の立場からすると 介護者が怒っている場合は まだ救いがあると言えます。 しかし、負担が極限...

続きを読む

メマリーが、認知症患者さんの不幸な事故を減らす

私は、決してメーカーから 何かもらっているわけではありません。 "あくまで良いものは良い!" という観点からご紹介します。 第一三共株式会社の抗認知症薬 メマリーは本当にすごい薬です。 認知症の治療薬は、簡単に分けると アクセル系とブレーキ系に分けられます。 メマリーはブレーキ系の薬です 以外と思われるかもしれませんが、 認知症の症状で家族を苦しめるのは、 "物忘れ"では...

続きを読む

アリスのままで・・やっぱり消化不良?

封切りしてすぐに見たかったのですが 上映映画館が少なく、 公開も短期間で終わってしまった “アリスのままで”をDVDでみました やはり認知症専門医としては観ないわけにはいきません 以前にも紹介したように、 映画が取り上げられる認知症は 65歳以下で発症する若年性です。 この映画も若年性で 主人公は50歳で発症しています。 アリスのように特に発症年齢が若い場合は 遺伝性であ...

続きを読む

帰郷しておかしいと思ったら躊躇しないで!

当グループは、今日が仕事始めです。今年もよろしくお願いします。 ところで休み中、久々に御両親や祖父母さんに会われた方も多いのではないでしょうか? その時に“何かおかしい”と思われたことはないですか? 例えば以下のようなものです。 ・ 料理の手順が悪い、レパートリーが減った、味が変わった。 ・ 運転が危なっかしく、車に小さな傷がある、もしくは事故をした。 ・ 以前はできていた整理整頓ができない。家の...

続きを読む

error: Content is protected !!