認知症の鑑別

運転を止めたら介護度が悪化?そのような人はそもそも運転NGでは?

Senior person driving a car

高齢者の運転による交通事故が社会問題になっています。そんな中、「高齢になって自動車の運転をやめた人は、運転を続けた人に比べて要介護となる可能性が約2倍高くなる」という報告がされました。そんな、話を聞くと、「運転が危険でも運転を続けさせたほうが良いのでは?」と感じてしまいます。しかし、車の事故には被害者がいます。認知症専門医としては、運転をやめることで、介護度が悪化しても、運転してはいけないものはい...

続きを読む

75歳以上に義務!免許更新時の認知機能検査の実態を専門医が報告

Doctor and patient

平成29年3月12日の改正道路交通法では、高齢者による運転事故の防止を目的として制度の見直しが行われました。その結果、3年に1度の免許更新時には、認知機能検査が義務付けられました。その結果により医師の診断も義務化されました。そのため当院の認知症専門外来には認知機能検査後の患者さんが多く受診されています。 今回の記事では、月に1000人の認知症患者さんを診察する認知症専門医の長谷川嘉哉が、認知...

続きを読む

認知症の原因は千差万別!・なかなか治らない理由を専門医が解説

Senior woman with her elder care nurse

誰もがなりたくない「認知症」。マスコミは連日「○○は認知症予防に良い!」「○○をすると認知症を改善させる!」などと情報を溢れさせていて、どれを行動に移してよいか分からないほどです。 現在、認可されている抗認知症薬も医者の中でさえ「○○の薬は効果がない」「○○がとても効果があった症例を経験した」など、意見が異なります。そのうえ、世界中の優秀な人材がお金と時間をかけて研究をしても特効薬は開発され...

続きを読む

突然の記憶障害…一過性全健忘(TGA)と診断されても心配ない理由

Overwhelmed old senior man suffering alone at home feeling confused sad alone on couch at home in Aging Retirement widower Dementia and Alzheimer concept.

皆さん、一過性全健忘という病気をご存知でしょうか? 突然、記憶障害が生じるため、家族は急に認知症になったのではないかと相当心配になります。もしかすると、そんなご家族がこの記事を読まれているのかもしれませんね。 この病気は、私が専門とする脳神経内科が担当します。ある日突然、一過性の記憶障害を生じますが、なぜか良性の経過をたどります。つまり「心配ない」ということです。 そして、なぜか原因は...

続きを読む

ドラマ大恋愛でも話題・若年性アルツハイマーを認知症専門医が解説!

Woman losing parts of head as symbol of decreased mind function.

2018年10月12日からTBS系金曜ドラマで放送されている、戸田恵梨香さん主演のドラマ「大恋愛」では若年性アルツハイマーが取り上げられています。番組の中で繰り広げられる恋愛だけでなく、「若年性アルツハイマーってどんな病気?」「このあとどうなるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか? 我々、認知症専門医としては、仮にドラマであっても多くの方に病気について知っていただくこと...

続きを読む

高齢者が突然動けない!リウマチ性多発筋痛症を見逃さない7つの知識

Retired man sitting in bed and feeling terrible pain in back, health and illness

リウマチ性多発筋痛症(Polymyalgia rheumatica :PMR)という病気をご存知でしょうか? 難しい名前なのであまりご存知ではないと思います。この病気になると、高齢者の方が突然、原因もなく体中の痛みを訴えて動けなくなります。慌てて医療機関に受診しても、いくつもの科を回されたあげく診断がつかないこともあります。 実は、この病気はリウマチと名がついていてもリウマチではありません。...

続きを読む

認知症の診断に前頭葉機能検査FABが不可欠な理由を専門医が解説!

Doctor and patient

病院で、認知症専門医に「前頭葉機能検査をしてみましょうか?」と言われることがあります。その中でもFAB(Frontal Assessment Battery)は前頭葉機能検査の一つで、認知症の診断に使われる検査方法の一つでもあります。 ではこのFAB検査とはどういったもので、何がわかるのでしょうか。実はクリニックによっては行われていないケースもかなりあります。しかし、できればぜひ行ったほうが...

続きを読む

家族を困らせる認知症の「周辺症状(BPSD)」を専門医が解説!

The woman who grieves in the remark of the doctor

認知症の代表的症状は「物忘れ」ですが家族をそれほど困らせるわけではありません。さっき話をしたことを忘れようが、同じ質問を繰り返そうが、家族にとってストレスにはなりますが、生活に大きな影響を与えるほどではないでしょう。 認知症が進んできて、幻覚・妄想・暴言暴力・介護抵抗といった症状が出るようになると家族を苦しめます。これらの症状を周辺症状もしくはBPSD(Behavioral and Psyc...

続きを読む

手の震えはパーキンソン病?何科を受診?重大な病気か判る7つの知識

Close Up Of Senior Man Suffering With Parkinsons Diesease

“手の震え(ふるえ)”は見かけ上も目立つだけでなく、日常生活のうえでも不便なことがあります。例えば、「手がふるえて字が書きづらい」「コップをもっていると水がこぼれてしまう」というような悩みをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。また、手のふるえがパーキンソン病という病気の初期症状の一つだと知って、心配になっている方もいらっしゃるかもしれません。 症状が出た場合には、医師の診察を早めに受けることが...

続きを読む

専門医が解説!認知症患者の遺言と「絶対に書いておくべき」事例とは

Writing last will and treatment in Japanese

社会の超高齢化に伴い相続ビジネスが盛んです。しかし、税理士や弁護士さんに「早めの相続対策が大切です」と言われても「所詮、あなたの仕事につながるのでしょう」と思えてしまうかもしれません。そのため、大切なことと分かっていても相続対策は先延ばしになりがちです。 しかし、遺言書は相続の対策として残され相続人にも、またご自身の財産管理や残された方々へのメッセージとしてとても意義のあるものです。ですから...

続きを読む

error: Content is protected !!