認知症予防

認知症患者予防の数値目標発表後に取り下げ!この事態を専門医が解説

Senior Woman Doing Crossword Puzzle At Home

2019年5月、政府は大綱の素案で「70代の認知症の人の割合を10年間で1割減らす」など、初めて予防の数値目標を提示しました。しかし、認知症の予防法は確立されておらず、当事者や家族が「予防できるという誤解を生む」などと反発していました。その結果、6月には予防に関する数値目標を取りやめる方針を固めました。 認知症は、単一の原因で起こるわけではありません。いくつもの要因が組み合わせることで発症し...

続きを読む

ブレイングボード®が脳に良い理由を、脳神経内科専門医が解説

strong and skilled creative man with bulb on his head

ブレイングループが開発したブレイングボード®。認知症予防、受験勉強、さらに美容・ダイエットにまで効果を見せています。実際に使われている方には、特に「トレーニング後の頭のすっきり感」を実感いただいています。そのため、多くの方から「なぜ頭に効果があるのか?」との疑問を頂いています。今回の記事では、脳神経内科専門医である長谷川嘉哉が、ブレイングボードが脳に働きかける理由について説明します。 1.ブレイ...

続きを読む

ブレイングボード®を使って姿勢を改善!さらに痩せて見える理由とは

ブレイングループでは、認知症を予防するための運動ツール「ブレイングボード®」を開発し、多くの方にご利用いただいています。そんなブレイングボード®を女性の方々に使用してもらうと、「体重は変わらないのに痩せた?」「最近、若く見える?」と言われたなどと嬉しい報告が続いています。ブレイングボード®は、4つの運動を効率的に行うことで、足の裏から自然に姿勢も良くなります。今回の記事では、このツールを開発した認...

続きを読む

料理は最高の脳トレ・・認知症予防にも効果があり理由を専門医が解説

Housewife

誰でも認知症にはなりたくないものです。そのため、認知症を予防するための脳トレ、つまり脳を鍛えることへの関心が高くなっています。実は、主婦の方に最も効果的な脳トレは、誰でも日頃から行っている「料理をすること」なのです。 実際、認知症専門外来でも、子供さんの独立、逆に子供さん世帯との同居を機に料理を作らなくなり、認知症が発症してしまった患者さんもたくさんいらっしゃいます。 今回の記事では、...

続きを読む

メリスロンが忘れた記憶を回復?脳神経内科専門医が安易な服用に警鐘

Junior high school students to study

先日、凄いニュースが流れました。「忘れた記憶を薬で回復 メニエール病などのめまい治療薬『メリスロン』が記憶力回復に効果がある」とのことです。このインパクトは凄いもので、多くの方から質問を受けました。特に実験対象の年齢が20歳代を中心としていたため、「受験を控えた子供に飲ませられないか?」などの切実なものもありました。マスコミは、こういったニュースを好んで取り上げます。しかし、こういったニュースには...

続きを読む

著者が解説「認知症専門医が教える! 脳の老化を止めたければ 歯を守りなさい! 」

この度、私は新著「認知症専門医が教える! 脳の老化を止めたければ 歯を守りなさい! (かんき出版)」を上梓させていただきます。(2018/11/8発売 1180円+税) 発売日は「いい歯の日=11月8日」、値段もイイハ(1180円)となりました。 なぜ認知症の専門医が、歯の本を出版するか疑問をお持ちかも知れません。今回の企画は編集長さんからの依頼でした。「多くの歯医者さんが、歯と身体の...

続きを読む

人生の後悔を避けるには。歯科の自費(保険外)治療がお勧めの理由

Smiling and happy young woman after successful treatment

6月4~10日は「歯と口の健康週間」でした。しかし、歯の治療をつい先延ばしにする人も多いようです。敬遠する理由は治療の痛みと機械音、そしてお金の心配でしょう。しかし、放っておくと「治療費が想定より膨らんだ」「治療内容に比べて高い」と後悔してしまうことになります。 歯科治療にはお金を惜しむべきではありません。適切に歯科治療にお金をかければ、結果的に生涯医療費が安くもなります。さらに、保険外診療...

続きを読む

専門医が推奨!「認知症にならないための歯科医選び」7つの知識とは

Dentist

私は、平成30年2月より内科クリニックで歯科衛生士さんを雇用し「医科歯科連携」の実践をしています。患者さんに内科の外来で歯科受診の重要性を説明すると、改めてかかりつけの歯科医を受診される方が少なくありません。 しかし、せっかく受診しても1〜2回の治療のみで終了してしまう歯科クリニックが大半なのです。なかには、受診後、定期的にメンテナンスをしてもらえる歯科医もありますが、全体の2〜3割かと思い...

続きを読む

よく噛むことの勧め。脳と体への効果を医師が解説。おすすめのガムも

Chewing gum

よく噛むことには顎の発育、肥満防止、味覚の発達など良い効果がたくさんあります。最近では、認知症の予防・改善にまでつながることがわかっています。しかし、最近の食事では昔に比べ咀嚼回数が激減していることもわかっています。 そのような咀嚼回数を補う効果的な方法がガムを噛むことです。しかし、ガムならなんでもよいわけではありません。 今回の記事では月に1,000人の認知症患者さんを診察しながら、...

続きを読む

口呼吸はデメリット大・前頭葉機能低下で認知症のリスクも

Man snoring because of apnea lying in the bed

あなたは舌をどこにおいてますか? いきなり聞かれても「何のこと?」「考えたこともない」「どこに置いているかわからない」と即答できるかたは少ないのではないでしょうか? 実は、舌にも正しい位置があるのです。正しい位置は上あごにあることです。ベロ先を前歯の付け根の上に置き、舌全体を吸盤のよう上口蓋にくっつけるイメージです。大切なポイントは、舌の根元から上にくっつけることです。 胃まれたばかり...

続きを読む

error: Content is protected !!