認知症予防

治療費1800万円の可能性も!認知症薬「アデュカヌマブ」は必要?

AI (Artificial Intelligence) concept.

エーザイ株式会社(以下、エーザイ)が、米バイオジェン社と開発中のアルツハイマー型認知症の治療薬候補「アデュカヌマブ」が世界的に話題です。おかげで、エーザイの株価は8,000円前後と高値で推移しています。しかし、この薬が認可されると莫大な医療費の負担が予想されます。はたしてそこまでして認可すべき薬なのでしょうか? 今回の記事では、月に1,000人の認知症患者さんを診察する脳神経内科専門医の長谷...

続きを読む

心肺フィットネス向上で60歳からでも認知症予防!その方法とは

Mature fit people biking in the gym, exercising legs doing cardio workout cycling bikes

運動が認知症の予防・改善に効果的であることが様々な方面でPRされています。しかし、もともと運動が苦手であったり、ほとんど運動をしたことがない人にとっては、運動すること自体に躊躇してしまいます。しかしこのほど、もともと運動機能が低かった方でも、高齢者になってからでも運動を開始すれば認知症を予防することができることが明らかになりました。 今回の記事では、認知症専門医の長谷川嘉哉が認知症を予防するため...

続きを読む

財産目録作成で認知症予防を!専門医長谷川の方法を紹介します

Save money for home cost concept

皆さん、自身の財産を把握していますか? 財産と言っても、現預金、不動産、有価証券、貴金属と様々です。加入している保険の把握も大事です。もちろん、住宅ローンなどの負債の残高も知っておく必要があります。もし把握されていないようであれば、この年末に一度、財産目録作成をお勧めします。 この財産目録作成は、自身の財産の把握だけでなく、相続の際にも役立ち、さらに認知症の予防にもつながるものです。この記事...

続きを読む

ぬか漬けで認知症予防! 効能と気になる塩分は?【専門医が解説】

Parent and child hand mixing rice bran pickles

腸内細菌を整えることで、認知症やパーキンソン病をも予防できることがわかってきています。腸内細菌叢を健全な状態に保つためには、発酵食品の摂取が望まれます。幸い、納豆、みそ、しょうゆ、ぬか漬けなど日本には発酵食品がたくさんあります。その中でもぬか漬けは、腸内細菌叢の健全化以外にも多くの効果があります。 一方で、塩分の過剰摂取を気にされる方もいらっしゃいます。今回の記事では、月1,000名の認知症...

続きを読む

絵本の読み聞かせを高齢者が行うメリットは多い!認知症予防に役立つ

Happy boy grandson reading book with old senior man grandfather at home

子供のころ、「絵本の読み聞かせ」を楽しみにしていた方がいらっしゃるのではないでしょうか? 幼稚園の先生に読んでもらったり、家で両親や祖父母に読んでもらったり、いずれも良い思い出です。 そんな「読み聞かせ」が、聞き手だけでなく話し手の認知症予防に効果があることがわかってきました。今回の記事では、月1000名の認知症患者を診察する、専門医長谷川が、話し手にとっての読み聞かせの効果をご紹介します。...

続きを読む

中国の認知症新薬は「腸内細菌で認知症を改善」!日本食にも可能性が

AI (Artificial Intelligence) concept.

中国が新しい抗認知症薬の新薬を承認しました。詳細については不明ですが、従来の薬とは異なる作用機序で認知症を改善するため、とても興味深いものです。今回の記事では、月1,000名の認知症患者を診察する専門医長谷川嘉哉が、中国の新薬を紹介するとともに、その発見から得られる認知症の予防方法をご紹介します。 1.今回承認された中国の新薬とは? [caption id="attachment_14848"...

続きを読む

一滴の血液によるアルツハイマー型認知症の測定が救世主にならない理由

先日、一滴の血液でアルツハイマー型認知症が診断できるというニュースが新聞報道等で取り上げられました。そんなに簡単にアルツハイマー型認知症が診断できれば、認知症も治ってしまうのではと感じてしまいます。しかし、専門医としては今回発表された診断方法自体には、それほど大きな意味はないと感じています。それはなぜでしょうか。 今回の記事では、月に1,000名の認知症患者さんを診察している専門医の長谷川嘉哉が...

続きを読む

最新研究で判明「やせている人ほど認知症になりやすい」は本当か?

Pensive elderly man looking at color building blocks on table, old age dementia

肥満は万病のもとと思われている方がいらっしゃいます。外来でも、多くの患者さんが「体重を減らしたい」と言われます。実際、メタボリックシンドロームの基準に基づいた検診では「体重を減らすよう」に指導を受けた人もいらっしゃるのではないでしょうか? そんな中、最新のとある研究で「やせている人ほど認知症になりやすい」という結果が出たのです。今回の記事では、月に1000名の認知症患者さんを診察する専門医長...

続きを読む

認知症になりたくなければ、歯並びを良くしなさい【専門医が提言】

Elderly woman smiling at home

先日、矯正歯科専門の先生とお話しする機会がありました。その中で、「歯並びが良ければ、歯を失うことはない」というお話を聞きました。歯科の先生方にとっては、常識なのかもしれませんが、専門外のものからすると驚きでした。実際、東京歯科大学の行った調査では、「8020達成者の中に、上顎前突(出っ歯)、下顎前突(受け口、反対咬合)などの著しい不正咬合、あるいは重度の叢生(そうせい)の人はいなかった」というもの...

続きを読む

身体が硬いと認知症になりやすい? 専門医が理由を解説【対応策も】

若い人でも身体が硬い人はたくさんいます。ときに、「硬さ自慢」をしている人さえいます。しかし身体が硬いことは、あまり褒められたものではなくデメリットもたくさんあります。ときに認知症の原因にさえなるといえるのです。今回の記事では、認知症専門医の長谷川嘉哉が、身体の柔軟性と認知症との関係を、また年齢を経てからでもできる柔軟性向上の方法をご紹介します。 1.身体が硬いとは? [caption id="...

続きを読む

error: Content is protected !!