在宅医療

知っていますか?亡くなってすぐに死亡確認しなくても良いのです

当グループでは年間40-50名の方を自宅で看取らせていただきます。夜間に呼び出されることもありますが、ご家族からの感謝の言葉をいただくと疲れも吹き飛びます。今のところ、年齢的に体力がありますし、橋本先生との二人体制ですから夜間も対応できています。しかし、今後については少し不安があります。 実際、開業医が一人で在宅医療に取り組めば、夜に晩酌することもできませんし、家族と旅行に行くこともできませんの...

続きを読む

心地良い・・自宅で看取られたご家族との再会

先週は自宅で看取らせていただいた患者さんのご家族が、偶然同じ日に挨拶に来てくれました。在宅患者さんへの訪問診療は、通常は2週間に1回と定期的に伺います。数年に及ぶ場合は、100回以上伺っているケースもあります。その上、状態が悪化した場合は、毎日訪問することさえあります。 それだけ頻回に伺っても患者さんがお亡くなりになった途端、その家に訪問することはありません。何か不思議な感じがしますが、やむ...

続きを読む

平成22年4月 療養型通所介護(=ナーシングデイ) オープン

当グループは認知症以外に、訪問診療にも積極的に取り組んでいます。 多くの方々は、自分の最期を自宅で迎えたいと願っています。 しかし、介護者等の問題で実現できる人は約10%程度とされています。 入院しか選択肢がなかった人達を、在宅で看るための介護サービスの一つが療養型通所介護です。 死期が迫ってきた利用者さんを24時間、在宅で見ることは介護者にとって肉体的にも精神的にも負担が重いものです。 ...

続きを読む

ずっと我が家で過ごしたい

結果として10年間で、1万件以上の訪問診療を重ね、200件以上の在宅での看取りを行いました。 “ずっと我が家で過ごしたい”、そんな患者さんの夢を実現すべく、クリニック・訪問看護ステーション・介護支援センター・リハビリセンター・デイサービス、グループホームが協力しています。 現在、人口6万人の土岐市はとてもよい町になりつつあると思います。 介護予防のサービスは充実しています。 以前NHKで、...

続きを読む

error: Content is protected !!