在宅医療

褥瘡(じょくそう・床ずれ)を防ぐための全知識【在宅専門医が解説】

Elderly women hospitalized

寝たきり状態が続く高齢者にとって気になるのが、褥瘡(じょくそう)です。褥瘡は、病気やケガで長くベッドから起きられないことで、背中やお尻の皮膚がすりむけて炎症を起こしたり、深くえぐれた状態になることです。放っておくと、悪化して皮膚に穴が開き、骨に到達して骨が露出してしまいます。ここまで悪化すると完治しづらくなり、大変厄介です。 褥瘡は「予防よりも治療が困難」といわれる病気です。なによりも予防し...

続きを読む

モルヒネの副作用は?緩和医療には医療用麻薬の適正使用が必要な理由

Japanese Senior 

「お父さんは強い痛みを我慢していますね、少しずつ緩和ケアを行っていった方がいいですね」 医師からこう告げられると、モルヒネを使用するのかと思います。 モルヒネのイメージといえば、意識混濁、一日中寝たきりで、廃人に。そのまま数日で亡くなってしまうのではないか、と考える方がいます。ここに大きな誤解があります。 現在、死亡原因の第一位が「癌」です。この癌と聞くと、痛みに対する不安や、薬...

続きを読む

error: Content is protected !!