経営計画

ルールを知れば税務調査も怖くない!?

私は、毎月4-5本ずつ税理士法人レガシーのCDを聴いています。1本60分ですので往復の通勤時間で1枚聞けてしまいます。専門外でも3回ほど聴くとさすがに理解することができます。このCDのおかげで、当グループの会社分割やグループ会社化を行うことができたので貴重な情報源です。今月の『社長さんができる税務調査の防衛術 ここだけの話』もとても勉強になったので紹介します。 ①  国税組織の1年:時期によ...

続きを読む

分かって下さい!・・『会社と社長個人のバランスシートを合算する連結バランスシート経営』 の素晴らしさ 

またまた、素晴らしい本に出会いました。自分が欲する時に、それを満たす本に出会えることはとても嬉しいものです。本の名前は、海生裕明さんの『会社と社長個人のバランスシートを合算する連結バランスシート経営』です。 決算書は、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書で成り立っています。その中で、経営者がどれを重視するかは、経営者のレベルによって異なります。やはり損益計算書が小遣い帳の延長とも言える...

続きを読む

バカヤロー!・・経営者が、数字が苦手と口にするな!!

先回紹介した、将軍の日ですが、今までは当社単独でお願いをしていました。今回は、当グループ以外に3社が合同でした。たまには、“他の会社と一緒も良いものか?”と軽い気持ちでいました。 しかし、始まってしばらくして、ある会社の取締役が、「私、数字が苦手なんです」と平然と言うではないですか?思わず、頭にきて、『経営者が、数字が苦手と口にしてはいけない』と自分としては、相当気を使って優しく?発言してしまい...

続きを読む

決算書から投資を知る

投資はよく分からないという経営者の方が見えます。 実は、自社の貸借対照表から投資の意味を知ることができます。 投資をする場合、決算書の中のバランスシート(=貸借対照表)を理解すると、その金融商品の性格が 理解できます。  投資先は、大きく分けて債権と株式に大別することが出来ます。 債権と株式をバランスシートから考えると、債券は返済が必要な資金として負債に分けられます。 一方、株式は、返...

続きを読む

レガシーマネジメントグループ・・プロフェッショナルを使いこなそう

良く皆さんから、“どこで経営の情報を手に入れるか”と聞かれることがあります。 実は、10年以上前から、会計士である天野隆さんが主催するレガシーマネジメントグループから、定期的に教育用CDを購入しています。 内容は、税理士法人向けの税務実務の物から、会社経営における人間性を磨く内容まで多岐にわたっています。 その中でも自分は、税理士法人向けの税務実務を中心に聞いています。 さすがに専門向けで...

続きを読む

思考停止せずに、保険会社の運用先を知る!

皆さん、保険には加入していますよね? 個人であれば、死亡保障、医療保険、最近では民間の介護保険も販売されています。 先回の、ブログで紹介したように、若年性認知症などに罹患することまで考えると、民間の介護保険は有効です。 また、経営者では保険加入が、戦略的な経営手法の一つとなります。 個人に比べて、事業保障、相続・事業継承、勇退退職準備と目的が多岐にわたります。 ところで、そんな皆さんから...

続きを読む

傘は天気の良い日に、準備する

先日決算が終わったため、株式会社ザイタックの社長である父と取締役の小森が、取引先である十六銀行、東濃信用金庫、大垣共立銀行に挨拶に回りました。 グループの3法人の決算書を持参して、決算説明、来期予想について説明をします。 この挨拶は、もちろん黒字であろうが赤字であろうが行なわれます。 赤字であると、銀行への敷居は高くなりますが、赤字の時ほど詳細な説明が必要なのです。 今回は、決算終了後、借入金を一...

続きを読む

ストーリービジョン

仕事だけでなく、人生においても自分の理想とする将来をイメージする事はとても重要です。 なぜなら自分が思い描いた以上の人生は決して実現しないからです。 しかし現実には、なかなかイメージする事が苦手な方も多く見えます。 そのときにお勧めなのが、ストーリービジョンを描くことです。 これは、“ストーリービジョンが経営を変える”という本から学びました。 実はこの本は、別の本を購入しようとして間違っ...

続きを読む

経営計画

経営において、経営計画は重要だと言われています。 当グループも経営計画を立てることにより、驚異的な成長ができています。 実はこれには理由があるのです。 人間の脳の働きで説明ができてしまいます。  ベストセラーになった7つの習慣では、”すべてのものは2度作られる“という言葉が紹介されています。 つまり世の中のすべてのものは、「こうなれば良いな?こんなものがあれば良いな?」といった事を頭の中...

続きを読む

error: Content is protected !!