パーキンソン病

パーキンソン病治療薬エフピー錠をアジレクトヘ変更を強く薦める理由

Parkinson and alzheimer female senior elderly patient with physician doctor exam in hospice care room.

パーキンソン病の治療薬にはいくつもの種類があり、患者さんによって使いわけます。その中にMAOB阻害薬があります。パーキンソン病の治療においては重要な薬です。しかし、MAOB阻害薬の中で、エフピー錠(一般名セレギリン)は、覚せい剤原料に分類されます。そのため、先日ある介護施設さんから、「エフピー錠を服薬している患者さんの利用はお断りいたします」と伝えられました。 恥ずかしながら、私はエフピー錠...

続きを読む

映画「レナードの朝」を脳神経内科医が解説・現代医学ではどうなる?

Close up stethoscope and asian doctor sitting with laptop with stress headache.

映画「レナードの朝」は、名画中の名画と言えます。30年にわたる昏睡から目覚めた患者と、彼を何とか救おうとする医師の必死の闘病生活を、自らも精神科医のオリヴァー・サックスの実体験による著作を基に描いたヒューマン・ドラマ。主演も、ロバート・デ・ニーロ、ロビン・ウィリアムズの名優が演じており、多くの方に見ていただきたい映画です。 しかし、この映画を観た後には、「こんな病気は本当あるのか?」「こんな...

続きを読む

専門医が解説!パーキンソン病で本当に困っている症状は○○症状!

Retirement woman fell down in a restroom

パーキンソン病というと、手のふるえ、歩行障害、姿勢保持障害など運動症状がメインと思われがちです。しかし、脳神経内科専門外来におけるパーキンソン病患者さんは、運動症状以外の訴えが多いのです。その中でも便秘、排尿障害、起立性低血圧などは生活を阻害します。これらは目に見える症状ではないので、第三者からはそれほど重要視されないのですが、患者さんにとっては深刻な問題です。 これらの非運動症状にはある神...

続きを読む

パーキンソン病の薬・使い方、副作用、用量決定のタイミングを解説

Open Book Of Parkinson's Disease, Conceptual Image

パーキンソン病は厚生労働省の指定難病で、私の専門である脳神経内科医が診察します。パーキンソン病は神経難病のなかで最も患者さんが多く、研究が進んでいる疾患です。研究の歴史も古く、1817年にイギリスのジェームス・パーキンソンが最初に患者を報告しました。 パーキンソン病にはさまざまなお薬があり、その服用が治療のメインとなります。それぞれの薬に特徴があり、患者さんの症状や年齢、活動度に応じ、医師が...

続きを読む

パーキンソン病のリハビリとは・薬の服用を減らす方法を専門医が解説

Older woman exercising in gym

パーキンソン病のリハビリについて調べられている方がおおぜいいます。 少しでも日常の生活を取り戻すことができるように、患者さんに最適なリハビリ方法があるのではないかと考えるからだと思います。 医師の立場としても、まずパーキンソン病と診断すると、薬を処方します。しかし多くの場合、動きが悪くなるにしたがって、薬の量も増やさざるを得なくなるものです。そんな時、ご家族としても「薬だけ飲んでいれば...

続きを読む

手の震えはパーキンソン病?何科を受診?重大な病気か判る7つの知識

Close Up Of Senior Man Suffering With Parkinsons Diesease

“手の震え(ふるえ)”は見かけ上も目立つだけでなく、日常生活のうえでも不便なことがあります。例えば、「手がふるえて字が書きづらい」「コップをもっていると水がこぼれてしまう」というような悩みをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。また、手のふるえがパーキンソン病という病気の初期症状の一つだと知って、心配になっている方もいらっしゃるかもしれません。 症状が出た場合には、医師の診察を早めに受けることが...

続きを読む

error: Content is protected !!