提言

優秀な歯科医には、歯科衛生士さんが集まる

歯科の開業医は全国で7万件程度と言われています。 そのため都会であろうが、田舎であろうが、 歯科医だけは、たくさんあります。 しかし、だからと言って 患者さんが、歯科医に満足しているかというと そうではないようです。 そのため、自分が歯科医を紹介すると 多くの患者さんが、簡単に変わられます。 ならば、良い歯科医はどこで見分ければ良いのでしょうか? 実は、先回紹介した歯科衛生士...

続きを読む

大村智さんの履歴書・・努力の前の選択が重要

私は、毎朝 トレッドミルで歩きながら 音楽を聴き 日経新聞を読むのが日課です。 その中でも "私の履歴書"は大好きな連載です。 平成28年8月1日からの ノーベル賞を取った大村智さんのお話しは 抜群に面白かったです。 イベルメクチンを発見し、 河川盲目症とも呼ばれるオンコセルカ症を撲滅 世界で1億2000万人を超える人々を 感染の危機から救った大村先生 決して、有名大学出...

続きを読む

『人はなぜバスに乗り遅れないために走るのか?』

何の冊子であったかもわかりません。 もちろん誰が書いたかもわかりません 自分が中学生の時に 自宅のトイレにおいてあった 小冊子に載っていた言葉です。 『人はなぜバスに乗り遅れないために走るのか?』 何故か、この言葉を覚えています。 時に、行動の指針にさえなっています。 意味するところは、 バス停まで 走ろうが、歩こうが 実質的な時間の節約は1-2分です。 しかし、この1...

続きを読む

認知症外来でもメモは有効です

認知症外来ではメモを有効に使ってもらいます。 特に、認知症の幻覚・妄想・易怒性の治療の際はメモが有効です。 これらの症状は周辺症状と呼び 1-2週間の間隔で薬を調整します。 周辺症状がコントロールできるか否か これで在宅生活が継続できるか否か?が決まります。 医師の”症状はいかがですか?“ この質問に瞬時にこたえることは難しいものです。 治療効果の判定には、全体の頻度が大事です...

続きを読む

復習・復習・復習!!

学生時代、家庭教師をしていました。 『塾に行っても成績が伸びません』という依頼が結構ありました。 塾のテキストを見せてもらいました。 素晴らしい内容です。 塾の講師の板書も丁寧に書き写されています。 それを読むだけでも勉強になるほどです。 しかし、彼らは成績が伸びないのです。 理由は? 先回紹介した、復習をしていないからです。 素晴らしい授業を受け 素晴らしいメモを取っても...

続きを読む

メモを復習して知恵にしよう

年間50回ほどセミナー・講演をさせていただいています。 講演中、多くの方が必死にメモを取られます。 一生懸命さが、講師冥利に尽きます。 しかし、少し意地悪な見方をすると “そのメモ、後で見るのかな?”と感じます。 多くの方は、後でメモを見られることはないようです。 脳の専門家として考えると どんな素晴らしい講演でも復習しなければ、 1週間後にはすべて忘れます。 これは講演中に...

続きを読む

お節介おじさんが、飲食店を全面禁煙にしてしまう?

自分は、全面禁煙でない飲食店を出る時は、お金を支払う時に必ず言います。 『今どき、全面禁煙でない店はあり得ません。 喫煙に迷惑している声なき声に耳を傾けてください。 以上を、必ず責任者に伝えてください』 同じ店でも、めげることなく毎回同じことを言い続けます。 まさか、自分の影響だけではないと思いますが、3店舗ほど全面禁煙になりました。 家の近所でとても美味しいサンドイッチを出す喫茶...

続きを読む

住宅改修を知り合いの業者に頼んではいけない

介護サービスを受ける際には、基本的には“知り合い”に頼むことは避けた方が無難です。介護保険のひとつのメリットに、サービスが選択できることがあります。ですから、サービスが合わなければ変えればよいだけです。知り合いのケアマネ、知り合いの介護事業所では断りずらいものです。 現場で仕事をしていて、最も知り合いに頼んでほしくないものに住宅改修があります。介護保険の住宅改修は、『要介護者等が、自宅に手す...

続きを読む

ケアマネを知合いに頼んではいけない

介護が必要になった時、重要なものの一つが、優秀なケアマネです。正直、悪いケアマネが担当すると、介護負担がより重くのしかかります。しかし一般の方々には比較するすべがありませんので、良いケアマネの例をご紹介します。 1) 頻回に訪ねてくれるケアマネ:確かにケアマネは月に1回の訪問が義務付けられています。悪いケアマネは、月に1回だけ、印鑑だけ貰いに来ます。ケアマネは、月1回以上自宅を訪問していけないわ...

続きを読む

大学との共同研究では売れない!

認知症専門医をやっていると、いろいろな業者から『認知症には○○が効果があります』という話が舞い込んできます。先回、ご紹介した“におい”だけでも、いくつもの種類が商品開発されています。その商品も、治療から診断まで多彩です。もちろん“におい”以外にも、パソコンを使った脳トレ、運動、園芸、演芸(笑い)などきりがないほどです。 しかしながら、このような中で利益が出ている業者は殆どありません。そして利...

続きを読む

error: Content is protected !!