誘われたら断らない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

認知症予防の一つに、社会的ネットワークの構築があります。

その危険因子として

  ①手紙・電話をしない

  ②友人や親族を訪ねない

  ③外出しない

  ④社交的でない

という事柄が挙げられています。

講演で良くお話をするのですが、人に誘われて講演会に参加されている方々は、一つハードルをクリアしているかもしれません。

天気の良い日や、休みの日に講演会に出かけない理由をつけることは簡単です。しかし、何らかの理由をつけて、出てこない人こそが認知症の危険因子を持っているのです。

社会的ネットワークを構築するコツがあります。“誘われたら断らない”です、これを続けると、ネットワークがどんどん広がり、新しい世界を知ることができます。

認知症のご家族には、“うちの親はプライド高い”“うちの親は人付き合いが下手”といわれる方が多くいます。若いうちから社会的ネットワークの構築に努力したいものです。その事が認知症の予防につながるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 
error: Content is protected !!