50歳以上の4割が経験、男性の尿漏れ「おっかけ漏れ」を医師が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Man Peeing to Urinal in the Restroom

尿漏れの一つ、「おっかけ漏れ」という言葉をご存知でしょうか? 女性には全く関係ない話です。しかし、50歳を超えると多くの男性が経験しています。お恥ずかしい話ですが、私も50歳を超えるころから経験するようになりましたが、なかには20歳代の男性も経験しているようです。正直、男盛り?の中高年が、こんな悩みを他人にに相談する勇気もなく、一人で悩んでいる人も多いと思われます。今回の記事では、人に言えない男性特有の尿漏れ「おっかけ漏れ」について、認定内科専門医の立場、そして日々の生活の中で自ら対策している長谷川嘉哉が解説します。

1.おっかけ漏れとは?

正式には「排尿後の尿滴下」といいます。排尿後尿をしっかり振り切ってペニスを下着に収めて歩き出す。そうすると、小さじ1杯程度(5㏄以下)の尿が尿道から出て来て、下着や肌を濡らし不快感を味わうことです。薄いグレーのスーツなどを着ていると、シミが目立つこともあります。

若い男性方でも、1~2割、50歳以上になると3~4割の方が経験しています。特に、回数が多い方はかなり困ります。下着を汚すと奥さんに注意されている方も、少なくないと思います。これは医学的検査では異常が無いのですが、日常的には厄介な現象なのです。

2.原因は?

「おっかけ漏れ」には以下の原因が知られています。

2-1.解剖学的に加齢変化

女性と違って男性の尿道は長くなっています。そして、長い男性尿道の奥の部分・球部がやや広くなっており、そこに残った尿を、本来は球海綿体筋が水鉄砲の様に絞り出します。しかし、年をとるにつれその筋力が衰えてきて、絞り出し力が弱くなり、少量の尿が出しきれず残ってしまうのです。

*球海綿体筋:骨盤底筋の一つ。男性では、尿道球と尿道海綿体の一部を取りまき、尿道から精液を断続的に押し出す。女性では、前庭球と大前庭腺を覆い、大前庭腺を圧迫して分泌物を排出させ、また膣口(ちつこう)を収縮させる。

kyukaimentaikin

男性排尿器の図説

2-2.メタボ

おっかけモレは年をとっていくにつれて、尿を押し出したり、尿道を締めたりする「筋肉」と、それを動かす「神経」の衰えにより起こりやすくなります。筋肉や神経が衰えていくのは、年を重ねるごとに「血流」が悪くなるからです。メタボは、血流悪化の原因になるので、このことでも「おっかけ漏れ」を引き起こしやすくなります。

2-3.下着や衣服も注意

排尿の仕方や衣服も「おっかけ漏れ」と関係があります。排尿時に陰茎部の根本が上を向いていると、その部分に尿が溜まりやすくなります。とくに股上が浅いズボンなどでは、ペニスを引き上げるようにしてオシッコするので「おっかけ漏れ」を起こしやすくなります。この場合は、ズボンを下げて排尿すると改善されます。

また、50歳を超えたら「前開き」のないボクサーパンツは避けましょう。同様に「おっかけ漏れ」の原因となりやすいのです。

要するに、「ズボンをしっかり緩めて、楽な姿勢で排尿することが、「おっかけ漏れ」の対策になるのです。

3.対策

「おっかけ漏れ」は以下の対策がお勧めです。

3-1.ミルキング

日本語で言えば、「押し絞り出し」です。この方法はとても効果的です。自分は、すっかり習慣化してしまったほどです。自分の手を尿道の下に入れ、陰のうの後ろから前の方に向けて、乳搾りをする要領で押し出します。「おっかけ漏れ」の男性ならば、必ず身につけておくべき手法です。

 

3-2.骨盤底筋体操

「おっかけモレ」を予防は、骨盤の底にあり、尿道を締めるはたらきをしている骨盤底筋を鍛えるトレーニングが効果的です。骨盤底筋は年齢に関係なく鍛えることができます。自宅はもちろん、電車やオフィスなどでも気軽にできます。最も重要なのは、毎日続けること。

具体的には、

  • 椅子に座って足を肩幅に開き、足裏全体を床につけます。
  • その姿勢のまま、肛門まわりの筋肉を、1分間のうち12~14秒ほど締めます(きつい方は、最初は5秒くらいから始めましょう)。肛門、尿道を締め、陰部全体をじわじわっと引き上げるイメージです。
  • 1分間のうち、残りの40秒ほどは、体の力を抜き全身をリラックスさせます。
  • このサイクルを10回くりかえします。きつい方は2~3回から始めましょう。

3-3.吸水ガード

ミルキングや骨盤底筋体操でも「おっかけ漏れ」が残る方は、男性用の少量の尿漏れに対応する吸水ガードも市販されています。ボクサーパンツなど下着の内側に貼るだけで、吸水すると同時に消臭するという優れものです。薄手なので、着替えているところを人に見られても気づかれません。代表的な製品をAmazon広告からご紹介します。

71QiLQk4eEL._SL1106_

サラメンズ吸水&消臭 男性用 尿ジミ防止シート(Amazon紹介ページ)

4.まとめ

  • 男性で排尿後に、下着や太ももが濡れるなら「おっかけ漏れ」の可能性があります。
  • 排尿後の、ミルキングが簡単で効果的です。
  • どうしても改善しない場合は、吸水ガードもお勧めです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

認知症予防について専門医・長谷川嘉哉のレポートを無料PDFにて提供しています。

認知症専門医として毎月1,000人の患者さんを外来診療する長谷川嘉哉。長年の経験と知識、最新の研究結果を元にした「認知症予防」のレポートPDFを無料で差し上げています。

・言葉が出てこない…への対策術
・ワーキングメモリ改善で仕事の能率アップがはかられる方法
・物忘れがひどい方のための5つの習慣
・認知症予防の食事とは。○○よりも○が大事な理由
・認知症予防は運動で! その方法とは etc.,

100ページ以上に及ぶ質の高い情報集です。

以下のページで詳細をお伝えしていますので、興味のある方は参考になさってください。


詳細を詳しく見てみる

 
error: Content is protected !!