経営計画実践発表会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

平成23年1月27日(木)、顧問会計をお願いしているSMCグループの経営計画実践発表会で経営者として話をさせて頂きました。

なかなか経営者としてお話をさせていただく機会がないため、とても気持ちが高揚しました。

 SMCグループでは毎月の顧問契約だけでなく、経営計画として5年後の決算書を作り、これを月次計画に落とし込みます。

そして、毎月到達具合をチェックします。

つまり、毎月の目標がクリアできれば、5年後には間違いなく目標を達成することができるのです。

言うは簡単ですが、計画通りには行かないものです。

しかし、到達できなければ、曽根康正先生による厳しい恫喝が待っています。

あれだけ厳しく恫喝されるなら、頑張って達成しようという気になるものです。

 そのお陰で、SMCグループの中でも、最も経営計画の効果があった法人のひとつに、選ばれたのだと思います。

曽根先生の恫喝の陰に隠れた、“愛”のお陰だと思います。

これだけ、真剣に我々のために恫喝してくれる、まさに愛が無ければできないのではないのでしょうか?

 私も医師として曽根先生に負けないように、患者さんに真剣に接する必要があると考えました。

今回の経営計画実践発表会にも多くの経営者が参加していました。

経営者の集まりでは、できの悪い連中が入口の喫煙所にたむろしているものです。

そこで、私も講演の中で、“タバコを吸うような経営者は、責任感の欠如したカスだ!”と言わせて頂きました。

そうすると、その後誰もタバコを吸わなく無くなりました。

これからも経営者の人たちに言い続けようと思います。

ちなみに、今回一緒に経営計画実践発表会で話をした、C-powerの肥田君は私のアドバイスにより、“タバコを辞めました” 。

やはり結果を残す経営者は違います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 
error: Content is protected !!