画家①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

MPAの考えは、芸術家の世界にも通用します。

巨匠と呼ばれる画家は、長い年月にわたって評価されてきているわけです。

巨匠の経歴を見ると、必ず生涯で数回の転機を経ています。

しかし、その中でもオリジナルは残されています。そこが難しいと思います。

好きな絵を思いつくままに書いていても、世間に評価されなければ今に残っていないわけです。

まさにマーケティングではないでしょうか?

しかし芸術の場合、あまりにマーケティングに走って世間に迎合してしまうと、それこそ製品であるプロダクションの価値自体を失うことになります。

プロダクションを失うことなく、マーケティングしながら、さらには芸術活動に集中できるようなアカウンティングを確保する。すべてギリギリの中で、成立した画家だけが、今に残っているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 
error: Content is protected !!