アカウンティング①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アカウンティングの日本語訳は“会計”です。

ビジネスを進める際には決算書作成のために税理士・会計士さんに依頼します。

決算書作成は、実は、その第一の目的は納税のためです。

つまり、税理士・会計士さんは、我々の会社の経営状況を改善する以上に、納税することが目的となります。

多くの経営者が誤解している点ですが、彼らは経営のプロではないのです。

多くの税理士・会計士事務所は、10名程度の事務所です。

経営の根幹を担う、人の雇用や事業拡大についても経験豊富ではありません。

脳の使い方で考えると、経営は右脳でイメージして、左脳で実務をこなしていきます。

つまり右脳での発想が無ければ、何も始まらないのです。

これは、経営者自身が考えるしかない分野になります。

大げさに言えば、365日24時間、経営の事を考えていると、不思議と新たな発想が舞い降りてきます。

これこそが、右脳によるイメージです。

その後、左脳の実務分野を、専門職である税理士・会計士さんに、お願いすることになります。

決して、全てを依存するわけにはいかないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 
error: Content is protected !!