次女に褒められる・・ベルリンフィルデジタルコンサートホール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 数年前から、自宅で仕事をする際は、いつも“ベルリンフィルのデジタルコンサートホール”を聞いています。

仕事中は、パソコンからネットに接続して、PC専用スピーカから音をだして聞いています。

さらにリビングでは、ネット環境を整えたソニー60型のTVで視聴しながら、音はアンプを通じて、6個のスピーカから奏でられています。

もちろん、映画を見る時も、同じシステムを使いますが、結構の迫力です。

正直、結構こだわって、お金もかけています。

しかし、女性にはあまり関心のない分野であるため、妻と3人の娘からは完全に無視されていました。

しかし先日、管弦楽でホルンをやっている次女が興味を持ってくれました。

ベルリンフィルのデジタルコンサートホールは、番組用にホールの至る所にカメラがセッティングされ、クラッシク音楽でありながらカメラワークもかなり楽しめます。

先日、何気なく横から見ていた次女が、『お父さんこの番組凄いよ!これがこの大きさのTVで見られて、この音は凄いよ!こんなのが家で見られるのは凄い』と言ってくれました。

お父さんとしては、言葉には出しませんでしたが、ちょっぴり(相当!?)嬉しかったです。

自分も、改めて次女と一緒に、ホルンの独走部分も楽しめるようになりました。

また次女にも、自分の好きな、『ブルックナー交響曲4番』『チャイコフスキー交響曲6番』『マーラ交響曲5番』を無理やり聞かせています。

年額149ユーロでベルリンフィルの定期円演奏会が過去も含めて見放題です。

親子のコミュニケーションも含めると、あまりにも、お得な値段だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 
error: Content is protected !!