高山

平成23年5月28日(土)に岐阜県飛騨高山の生活文化センター飛騨芸術堂で、ジブラルタ生命の 『第10回中部の集いin岐阜』で講演をさせていただきました。 会場は500人収容可能で、内装や楽屋も含め素晴らしかったです。 さらにジブラルタ生命の社員さんが、約280名参加していただきました。 講演内容は、『専門医が教えるちょっと得するお金の話です』。 保険のプロの方々の前で、私の講演が受け入れ...

続きを読む

5月14日NPO法人グッドシニア決算報告会

平成23年5月14日、私が代表理事を勤めるNPO法人グッドシニアライフの第10期の決算報告会を行ないました。 NPO法人グッドシニアライフは10年前に、アイランドGIの社長加藤さん、原クリニック原先生、ささゆり薬局社長足立さんの理事4名でスタートしました。 現在は、土岐市にも多治見市にもグループホームが乱立していますが、東濃地方で第一号のグループホームとして多治見市に“我家我家”、土岐市に“和...

続きを読む

生命保険

先日、とても嬉しい報告をご家族から頂きました。 くも膜下出血による高次脳機能障害の患者さんの住宅ローンの免除が決定したというものです。 患者さんは、57歳の働き盛りにくも膜下出血を発症。 一命を取り留めたものの、高次脳機能障害により、就労は不可能となったのです。 発症当初は、有給休暇、その後は傷病手当、失業保険を使いながら障害年金も受給決定されました。 しかし、それらの収入で奥様の生活と...

続きを読む

はなの木大学

平成23年5月11日(水)午前に土岐市の文化プラザーではなの木大学の全体学習として  「ストップ・ザ・ぼけ!~ボケたじいちゃんが、ボクに白衣を着せた~」 を講演させて頂きました。 「はなの木大学」とは、高齢者の方の学習と仲間づくりの場として活動する高齢者大学です。 大学での学習は、月に1回程度開催する講演形式の「全体学習」と学生が自主的に運営する「クラブ活動」から成っています。 おおむね...

続きを読む

こんな状態でも生命保険はもらえないのですか?

先回は、死ななくてももらえる生命保険の病態をお示ししました。今回は、“こんな状態でも生命保険がもらえない” という病態を提示します。     ①片麻痺・・通常、脳出血や脳梗塞では、病変の反対側の手足の運動障害が後遺症として残ります。        わずかな障害から、完全に動かなくなるものまで程度は様々です。        程度により、通常の生活が自立する場合から、完全な寝たきり状態までの幅...

続きを読む

生命保険は死ななくてももらえます

私が、今回出版した『介護にいくらかかるのか?―いざという時、知っておきたい介護保険の知恵』の中では、 専門医でこそわかる、とっておきの情報を提示しています。その中の一つが、“生命保険は死ななくてももらえます” です。特に、以下の3つの病態では、かなりの頻度で受給される可能性があります。     ①胃ろう:経口からの食事摂取が不可能なわけですから、高度障害の基準の“そしゃくの機能を全く   ...

続きを読む

ブラックトライアングル

先日、弁護士法人サリュの谷清司さんが書かれた“ブラックトライアングル”という本を読みました。 谷さんは、交通事故の被害者の立場に立ち、親身になって事件処理する弁護士があまりに少ないと指摘され、 交通事故補償の3つの壁として、“損害保険会社”、“自賠責システムを担う国”、“裁判所”の問題を 指摘されていました。いくつか紹介します。      ①症状固定とは、医師には理解できるのですが、「これ...

続きを読む

多治見の会

平成23年5月7日、以前勤務していた県立多治見病院神経内科のメンバー4人で飲み会がありました。 いつの間にか“多治見の会”という名称で、年に2-3回、不定期に集まっています。 メンバーは昭和24年生まれの錫村先生、昭和27年生まれの池田先生、昭和40年生まれの森下先生、昭和41年生まれの私です。 年齢、出身大学、現職も殆ど異なるのに、ほんの数年、県立多治見病院で一緒であったという理由で、この...

続きを読む

増刷(初版第3刷)

昨日、私の第2作目が出版されました。同時に、嬉しいニュースが届きました。 なんと、私の第1作目の『患者と家族を支える認知症の本』の初版第3刷が決定しました。 この出版不況の中でこのような地味な本が、増刷だけでも大変な中、昨年8月の第2刷に続いて第3刷が決まったことは大変嬉しいことです。 出版不況の中、逆にエージェントによるマーケティング力で内容以上に売れている本があることも事実です。 その...

続きを読む

新書の発売

平成23年5月17日、私の第2作『介護にいくらかかるのか?―いざという時、知っておきたい介護保険の知恵』が学研新書から発売されます。 今回は、新書版ですので、値段も819円(税込)でお手頃になっております。 すでにアマゾンでも購入が可能です。 また、10冊以上の購入であれば、直接学研新書にご注文いただければ、少し割り引いて購入が可能です。 私には、若年性アルツハイマー病に罹患して職を失い、...

続きを読む

error: Content is protected !!