田母神俊雄講演会 言論の自由

田母神さんの講演会のお話をもう一つご紹介します。 “日本の国を悪く言う言論の自由は無限にあるが、日本の国を誉める言論の自由がない”です。 日本の国をどれほど悪く言っても国会が紛糾することはないし、マスコミが叩くこともありません。 しかし日本の国を誉めたらどうでしょうか。 国会でもマスコミでも大騒ぎになってしまいます。  核武装すべきでないという意見があっても良いのです。 しかし日本が自...

続きを読む

田母神俊雄講演会 戦前の教育勅語

田母神さんが紹介されていた一つに戦前の教育勅語があります。 私は、戦前の教育勅語というだけで、何か怖いもので触れてはいけないものだと思っていました。 そのため、正直その内容を知ろうとさえしていませんでした。 田母神さんが紹介した戦前の教育勅語の12の徳目を紹介します。   ①     親に孝養をつくそう(孝行) ②     兄弟・姉妹は仲良くしよう(友愛) ③     夫婦は...

続きを読む

田母神俊雄講演会

平成23年1月19日(水)、以前私を講師として招いてくれた経政会の5周年記念講演会にお誘いいただきました。 講演会の演者は、第29代航空幕僚長 田母神俊雄さんでした。 講演名も“誇り高き日本の未来を考える”でした。 私の周りではあまり聞くことができないテーマですので、思わず参加させていただきました。 正直、テレビなどで見る、田母神さんは、バラエティー色が強く、面白おかしい内容かと想像してい...

続きを読む

インターネット配信による、“所有から利用”の加速

 先回までに熱く紹介させていただいたベルリンフィル・デジタル・コンサートホールですが、現在はパソコンに外付けのスピーカをつけて楽しんでいます。 しかし、これだけの音と映像に、このシステムではもったいない限りです。 何とか、最近の大型液晶TVで映像を楽しみ、音はオーディオシステムから出したいものです。 そのためには、TVにインターネット情報を取り込む必要があります。 ベルリンフィル・デジタル...

続きを読む

ベルリンフィル・デジタル・コンサートホール②

ベルリンフィル・デジタル・コンサートホールを視聴するためには1年間に149ユーロ(日本円で16,000円程度)を支払う必要があります。 年間30回のライブ演奏会が視聴可能となるだけでなく、有効期間中過去の映像の視聴が可能になります。 費用には、24時間有効で9.9ユーロ(1100円程度)や30日間有効で29ユーロ(3000円程度)の設定がありますが、やはりこのタイプがお勧めです。 ...

続きを読む

ベルリンフィル・デジタル・コンサートホール①

 皆さん、ベルリンフィル・デジタル・コンサートホールをご存知でしょうか? 世界的に有名な、ベルリンフィルが全世界にコンサートのライブ映像をインターネットで配信するサービスです。 ベルリンフィルの生演奏は、日本ではなかなか見ることができません。 自分も、1988年にヘルベルト・フォン・カラヤン最後の日本公演となった際に、大阪のシンフォニーホールに見に行きました。 その時の、カラヤン&ベルリン...

続きを読む

天運

以前のOB会の2次会で、西田先生と瞬間的に2人きりになったことがあります。 その際に“先生には天運があります。天運に従って行動してください”と言われたことがあります。 それ以来、自分にとっての天運とは?と考えています。 最近、多くの介護施設が全国で建築されています。 しかしながらいずれも、本当に困っている人達が入居できる施設は整備されていないのが実情です。 特に、医療度が高くなると、病院か...

続きを読む

西田塾

西田塾の仲間を見ていると、いくつかの共通点があります。   ①徹底したプラス思考:悪いことでも、「これはツイテいる」と思い込める能力です。   ②強い情熱:必ず成功できるという思い込みに支えられています。   ③大きな夢:他人からは無理だといわれるほどの大きな夢です。これを達成すると積極的無欲の境地に達します。   ④ツイテいる人に囲まれている:周囲には、不平や不満ばかりを口にしている人は...

続きを読む

西田塾

皆さん、西田文郎先生をご存知でしょうか? 西田先生は、トップスポーツ選手のメンタルアドバイザーとして大変有名です。 サッカーの小野伸二、元巨人の桑田真澄、最近では西武の菊池雄星も門下生です。 指導した日本女子ソフトボールが、北京オリンピックで金メダルを取ったことでも脚光を浴びました。 その西田先生の“経営者のための、信念や器を磨くための特別な塾”が、西田塾です。 多くの西田塾の塾生たちは...

続きを読む

美術館を作った経営者達 

名古屋市美術館で開催されている、ポーラ美術館コレクション展のポーラ美術館は、神奈川県箱根仙石原に開館しています。 美術関係者から高く評価されているポーラ美術館のコレクションは、化粧品の製造販売を行うポーラ・オルビスグループのオーナーであった鈴木常司(1930-2000)が40年の歳月をかけ収集したものだそうです。 作家や作品について研究しながら収集したといわれるコレクションは、西洋の近代絵画におい...

続きを読む

error: Content is protected !!