宮崎県での講演③

11月11日の講演の際には、宮崎市の蔦屋書店さんに自分の本の販売をお願いしました。 突然私が、電話で会場での販売をお願いしたにも関わらず、快くお手伝いいただきました。 また何冊売れるかもしれないのに、200冊も本を準備いただきました。 正直、余り売れなかったらどうしようかと心配してしまうほどでした。 幸い、途中休憩と終了後に合計84冊が売れました。 購入者の皆さんそして蔦屋さん感謝です。...

続きを読む

宮崎県での講演②

11月11日、タクシーに乗って会場に向う際、運転手さんに思わず“今日は暖かいですね?”と話しかけたところ、“とんでもない今日は寒いんです”と答えられました。 宮崎県の1年間の平均気温は15度程度で、とても温暖な気候だそうです。 その為か、宮崎県人の方は、とてもおおらかで、のんびりしている様に感じました。   講演には、社会福祉協議会さんが中心となって250名以上の方に参加いただきました。 ...

続きを読む

宮崎県での講演①

11月11日(木)は介護の日です。 その日に宮崎県の社会福祉協議会さんから講演依頼を受けました。 講師を探された、宮崎県社会福祉協議会さんが、福岡県の日本福祉大学福祉オフィスを通じ、名古屋の日本福祉大学中央福祉専門学校で非常勤講師をしている自分にご依頼を頂いたわけです。 まさに、人と人の繋がりによるものだと、御縁に感謝です。 宮崎県は、初めてなので前日に入り、宮崎県のパワースポット高千穂を...

続きを読む

歯科医師の前での講演会 ③

我々、在宅医療をしているものとして、歯科医師の先生方との連携は必携です。 寝たきりの患者さんの部屋は、独特の臭いがします。 実は、これの大部分は、患者さんの口臭なのです。 我々、医療でも、訪問看護師により口腔ケアは行なうのですが、やはり歯石の除去といったレベルまでの対応は不可能です。 そこで歯科医師の訪問診療により、定期的な歯科衛生師さんのケアが導入されます。 そうすると、我々素人が見て...

続きを読む

歯科医師の前での講演会 ②

また、認知症予防についても関心を持って頂きました。 これには、ストレスのない生活をお勧めしました。 ストレスという言葉は、当たり前に使われていますが、医学的には、生活とストレスを、社会的出来事(ライフイベント)毎に点数化されています。 その中では、“配偶者の死”が最高のストレスで、100点となっています。 その内容を、カテゴリーに分けると、配偶者・家族・仕事の3つに分けることができます。 ...

続きを読む

歯科医師の前での講演会 ①

先日は、春日井市の森山歯科の同級生の方々の勉強会で認知症の講演をさせて頂きました。 日曜日の朝10時からにもかかわらず、30名近い方にお集まりいただきました。 皆さん、50歳を超えられた立派な歯科医師でありますが、さすがに同級生同士、とても仲の良い感じが伝わってきました。 気さくな内輪の会なので、講演中も質問可能とし、積極的に質問もいただき、大変楽しい講演会になりました。 その中でも、認知...

続きを読む

講演後の手紙 ③

認知症のご家族からのお手紙の中で、認知症患者さんにより、家中に尿臭が漂い、家族関係が悪くなると言う話も良く聞きます。 真夜中に便で汚れた畳を、夫婦で涙を流しながら雑巾で拭いていた。 これが現実です。 我が家も、呆けた爺ちゃんが入ったあとの湯船に、ウンコでまみれたトイレットペーパが浮いていた事がありました。 一番風呂にこだわっていた爺ちゃんに、まず風呂に入ってもらいお湯を入れ替えたものでした...

続きを読む

講演後の手紙 ②

先日お手紙を頂いた方は、認知症で特別養護老人ホームに入所されているご両親に、毎週手紙を書かれているそうです。 ご両親が手紙を理解できるか否かは定かではありませんが、息子さん自身が手紙を書くことで、自分を見つめなおす良い機会になっているようです。 以前は、両親に対して責め心ばかりであったそうですが、最近では、改めてご両親に深く感謝することができるようになったそうです。 その結果、従業員や仕事の...

続きを読む

講演後の手紙 ①

講演後にいただく手紙ほど嬉しいものはありません。 先日も、認知症の講演後、認知症のご家族の方からお手紙を頂きました。 ご両親ともが、重度の認知症であり、現在は特別養護老人ホームに入所されているようです。 ご家族としては、入所させた事が、良かったのかどうか葛藤されているようでした。 私自身は、在宅医療を進めることで在宅でも看取りのお手伝いをしています。 しかし、決して在宅を強制する事はあり...

続きを読む

喜多川泰 ③

喜多川先生の講演の中で、最も心に残った話が以下です。 不安と希望は、同じ場所から見える景色の認識の違いです。 たとえば、戦後すべてを無くした際、同じ環境状況下でも不安をもった人と、希望を持った人がいたのです。 人間は、不安をもつと、安定を求めます。 そしてその安定は、他人依存になります。 その後、結果として上手くいかなかった際には、“そんなはずではなかった”と行動を失敗と認識してしまいま...

続きを読む

error: Content is protected !!