事業の本質セミナー

平成23年3月9日に当グループの顧問会計事務所であるSMCグループ主催の“事業の本質セミナー”に参加しました。 いくつかのツールを使いながら、進めていく方法はとても考え抜かれたものでした。 具体的には、 ①事業の本質が何なのか?  ②自社の基本機能は? といった命題を、カードを使うことで可視化しながら進めていきます。 4社が1グループになっているため、異業種からの意見も頂け、大変参考に...

続きを読む

東北関東大震災 ②

東北関東大震災の影響は、クリニックの外来でも少しずつ影響が出ています。 何よりも、3月18日に発売予定であった、第一三共の認知症の新薬“メマリー”の発売延期です。 当院でも相当数の患者さんが適応です。 またご家族の発売への期待も大きく、わざわざ次回予約を発売日に近づけた方も見えるほどです。 現在、新たな発売日は未定ですが、早急なる対応を望みたいものです。 また、当院では、イチョウ葉エキス...

続きを読む

東北関東大震災 ①

東北関東大震災の被害に遭われた方々には、深くお見舞いを申し上げます。 3月11日の地震が、ここまでの被害をもたらすとは、予想できませんでした。 東海地方に住むものは、いずれは地震が起こることの覚悟はしているものです。 ですから、神戸で阪神大震災が起きたときには、東海地方でも相当の揺れを感じたため“いよいよ”かと感じたものです。 その後、“新潟大震災”そして、今回の“東日本大震災”とエリア的...

続きを読む

デフレの正体②

デフレの正体を読んでの感想をいくつかご紹介します   ①世界同時不況なのに減らない日本人の金融資産・・110兆円減っているが、ドルベースでは少し増えた。       これは、一人当たりGDPも同様です。やはり基準が重要です。  ②バブル崩壊後に日本の輸出は倍増している。     日本製品の国際競争力は、外国の景気に左右されるが、衰えていない。     その結果世界同時不況下でも、貿易黒字...

続きを読む

デフレの正体①

平成23年3月25日(金)にNPO法人PAL研究会がベストセラー“デフレの正体”の藻谷浩介さんの講演会を行います。 現在、TVでも引っ張りだこの藻谷さんの講演が、多治見市で聴けることはすごいことです。 東京などでは、会費が5万円というセミナーもあるほどですから、これは絶対にお得です。 何より、一度、“デフレの正体”を読まれることをお勧めします。 今までの、マスコミ報道などによる情報に惑わさ...

続きを読む

百貨店のリーダー

今から、約2年前の平成21年1月24日(土)に私が会長を務めるNPO法人PAL研究会で、小宮一慶さんに講演をお願いしました。 2年前は、リーマンショックの直後であり、これから“ナイアガラの滝”並みの激しい景気の悪化が来ると予想されていました。 その時に問題になった、“派遣切りの問題は解消する”と言い切られていました。 なぜなら、派遣切りどころか、“正社員切り”が来るからだと言われました。 ...

続きを読む

新聞投稿

私は、定期的に新聞に投稿をしています。 主な投稿先は、中日新聞の「発言」と朝日新聞の「声」です。 過去に、18回ほど掲載されています。 いずれも日頃の生活、仕事で感じたことを300字程度でまとめて投稿します。 採用率は、8割程度です。 投稿する理由には、第3者に自分自身の考えのチェックをいただくということです。 自分自身が考えたり、感じたりしたことが、世間に受け入れられるかの指標として...

続きを読む

袈裟の寄進

私の実家では、毎月、お寺さんによる読経が行われています。 平日であれば、妻や子供たち。 日曜日であれば私も参加します。 何かあれば、仏壇に手を合わせることは、小さいころからの習慣でありました。 誠に勝手ですが、自分や子供の受験の際も、受験の神様と言われる神社より、心のより所はご先祖様が祭られている仏壇であったような気がします。 お墓参りも、季節毎に行っています。 これも、当たり前の習慣...

続きを読む

数値のマジック

2月には、新薬導入により、武田薬品、小野製薬、第一三共製薬の社内勉強会で講演をさせていただきました。 当院では現在、1万錠以上のアリセプトを処方しています。 新薬導入により、今後の処方がどうなるかを考えました。 ①まず、認知症進行によりMMSEが徐々に悪化していくケースや、周辺症状が出現するケースでは第一三共製薬が販売する、メマリーを追加することが予想されます。 私は、外来で患者さんを診な...

続きを読む

アルツハイマー型認知症新薬 ③

3種類目は、第一三共のメマリー錠(成分名=メマンチン)です。 メマンチンは中等度、高度のアルツハイマー型認知症での認知症症状の進行抑制が効能・効果。世界68か国で承認されており、海外では標準的治療薬の一つとして位置付けられています。 同薬はアリセプトと異なる作用機序(NMDA受容体拮抗薬)を持つため、アリセプトとの併用が可能です。 メマンチンの前提となる考え方は、次のようなものです。 つま...

続きを読む

error: Content is protected !!