講演後の手紙 ③

認知症のご家族からのお手紙の中で、認知症患者さんにより、家中に尿臭が漂い、家族関係が悪くなると言う話も良く聞きます。 真夜中に便で汚れた畳を、夫婦で涙を流しながら雑巾で拭いていた。 これが現実です。 我が家も、呆けた爺ちゃんが入ったあとの湯船に、ウンコでまみれたトイレットペーパが浮いていた事がありました。 一番風呂にこだわっていた爺ちゃんに、まず風呂に入ってもらいお湯を入れ替えたものでした...

続きを読む

講演後の手紙 ②

先日お手紙を頂いた方は、認知症で特別養護老人ホームに入所されているご両親に、毎週手紙を書かれているそうです。 ご両親が手紙を理解できるか否かは定かではありませんが、息子さん自身が手紙を書くことで、自分を見つめなおす良い機会になっているようです。 以前は、両親に対して責め心ばかりであったそうですが、最近では、改めてご両親に深く感謝することができるようになったそうです。 その結果、従業員や仕事の...

続きを読む

講演後の手紙 ①

講演後にいただく手紙ほど嬉しいものはありません。 先日も、認知症の講演後、認知症のご家族の方からお手紙を頂きました。 ご両親ともが、重度の認知症であり、現在は特別養護老人ホームに入所されているようです。 ご家族としては、入所させた事が、良かったのかどうか葛藤されているようでした。 私自身は、在宅医療を進めることで在宅でも看取りのお手伝いをしています。 しかし、決して在宅を強制する事はあり...

続きを読む

喜多川泰 ③

喜多川先生の講演の中で、最も心に残った話が以下です。 不安と希望は、同じ場所から見える景色の認識の違いです。 たとえば、戦後すべてを無くした際、同じ環境状況下でも不安をもった人と、希望を持った人がいたのです。 人間は、不安をもつと、安定を求めます。 そしてその安定は、他人依存になります。 その後、結果として上手くいかなかった際には、“そんなはずではなかった”と行動を失敗と認識してしまいま...

続きを読む

喜多川泰 ②

当日の、喜多川先生の講演では、現代は、「生きる力」が問われる時代である。そして、どんな状況でも、「今できる事は無限にある」と思えることが「生きる力」であると。しかし現在は、あまりに「生きる力」が弱くなっていると指摘されていました。 その原因としては、戦後の教育が、あまりに「自分のために生きること」を教えすぎた事が一因であるとも。 確かに戦争中、国のためのいう大義ののもと、多くの不幸が起こった事...

続きを読む

喜多川泰 ①

私は、岐阜県東濃地方の中小企業のアドバイザーとして弁護士・会計士・税理士・中小企業診断士・不動産鑑定士・社会保険労務士・司法書士・土地家屋調査士・FPなど各分野のエキスパートが結集した専門家集団であるNPO法人PAL研究会の会長をしています。   平成22年10月21日(木)に喜多川泰さんに講演をお願いしました。 喜多川さんは、“君とあえたから”、“手紙屋” “福に憑かれた男”といっ...

続きを読む

倫理法人会③ 

倫理法人会の考え方を実践すると、仕事も上手くいきます。 これも、それなりの理屈があると思います。 中国古代の道家思想の開祖とされる「老子」が優秀なリーダーについて次のように述べています。   <優秀なリーダーの順位> 最もダメなリーダー    : バカにされるリーダー 3番目に優れたリーダー : 恐れられるリーダー 2番目に優れたリーダー : 敬愛されるリーダー 最も優れた...

続きを読む

倫理法人会②

倫理法人会には、定期的に法人会から役員の方が講演に見えます。 皆さん共通しているのは、年齢の割に、とても元気である事です。 見かけも、とても若々しく見えます。 倫理を続けると、健康になる。病気になっても、治癒するといわれています。 何故でしょうか? 少し、宗教めいているように思われるかもしれませんが、私は医師として、科学的な根拠があると思っています。 現在、多くの病気の原因にはストレス...

続きを読む

倫理法人会①

当グループは法人として、倫理法人会に参加しています。 倫理法人会とは、「企業に倫理を」「職場に心を」をスローガンとして、企業の活性化と明朗な職場づくりを目指す、企業経営者の団体です。 宗教と勘違いされる事もありますが、教祖はいません。 各会員企業の経営者が、「心の経営」を目指して「明朗、愛和、喜働」の実践による自己革新に励んでいます。 具体的には、週1回の朝6時からのモーニングセミナー。 ...

続きを読む

認知症の素因遺伝子

岐阜県以外でも講演会を行うため、遠方からも多くの患者さんが集まります。 そのような中で、クリニックの医療レベルを維持する事は大変です。 完全予約制の認知症専門外来。頭部CTおよび看護師が全て学習療法士の資格を持っているなど、多くの工夫をしています。  その中で、診断の一助として、アポEの遺伝子型を測定します。 もちろん保険適応ではないため、クリニックの負担で行っています。 アポEとはアル...

続きを読む

error: Content is protected !!