針治療③

実は、私の専門神経内科の疾患の中にも、針治療が有効ではないかと考えられているものがあります。 いわゆる神経変性疾患です。 認知症、パーキンソン病、脊髄小脳変性症などです。 いずれも現在の医学では原因がはっきりしません。 実は、世の中の多くの疾患は自律神経のバランス異常で証明できるといわれています。 つまり、精神的緊張や不安が慢性化して交感神経が過剰興奮すれば、生理的反応として脈拍上昇・血...

続きを読む

針治療②

貞森中醫鍼灸院では鍼灸適応症神経系疾患として、神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症と表示されています。 実際、うつや不眠の患者さんも多く見えているようです。 当院の外来でもうつ症状や不眠を訴えられている患者さんは、自律神経のバランスが崩れているよう感じます。 特に、どちらかというと交感神経の過剰興奮を感じます。 西洋医学では、薬を処方するしかない...

続きを読む

針治療①

私は健康のために毎週、針に通っています。 近所の貞森中醫鍼灸院といい、かなり遠方(熊本県、長崎県、岡山県、兵庫県、大阪府、滋賀県、奈良県、三重県、岐阜県、静岡県、東京都、宮城県)の日本各地から来院されているようです。 貞森先生は、鍼灸医でありながら、名城大学薬学部を卒業され薬剤師の資格も持っている珍しい先生です。 東洋医学の先生の良し悪しは脈診をしっかり取るか否かで判断できます。 その点貞...

続きを読む

出版後の認知症専門外来

出版後には、土岐内科クリニックの認知症専門外来の患者さんも増えています。 従来、1日一人の予約枠しかとっていませんでしたが、それでは予約が1ヶ月先になる状況でした。 その為予約枠を2人として対応させていただいています。 何分、当院の認知症の初診には、問診・頭部CT撮影・MMSE&FAB検査・診察・説明で一人1時間は必要となります。 再診の患者さんも増えている現状では、2人が限度かもしれませ...

続きを読む

出版後の講演依頼

出版後、多くの方々から講演依頼を頂きました。 ①  岐阜県瑞浪市倫理法人会様 ②  伊賀上野市倫理法人会様 ③  恵那市岩村福祉センター様 ④  蒲郡市の医師会様 ⑤  名古屋経政会例会様 ⑥  岐阜県関市保険センター様 ⑦  あいち成年後見サポートセンター様 ⑧  歯科医の勉強会様   上記以外にも、多くの問い合わせを頂き日程調整中です。 従来年間30回程度の講演でしたが、今...

続きを読む

出版後の増刷

出版から、約1月半経ち、8月5日には増刷もされました。 これで本屋さんによっては、手に入りにくかった状況も少しは改善されると思います。 本の裏側の初版第2刷の文字がなんとも嬉しく感じます。   今まで、本を購入しても、そんなところは気にもしなかったのに不思議です。 何気なく、自分の机にあった20冊を調べてみても増刷されていたものは3冊だけでした。 出版自体が難しい時代に、増...

続きを読む

篠田桃紅③

篠田桃紅さんへの関心が高じて、2005年に汐留にオープンした、ヒルトン系の高級ホテル、コンラッド東京にも宿泊しました。 そのロビーへは、汐留ビルディング1階入口から直通エレベーターで28階まで上がります。 すると天井の高い、大きな空間が開けていて、その空間を圧倒するように篠田桃紅先生による巨大な壁画が納まっています。 ひとり感激して、近くで眺めたり、遠くから眺めたりしていました。 宿泊客も...

続きを読む

篠田桃紅②

その後、しばらくして、画廊さんから、篠田桃紅の作品を売りたい人が居るので見て欲しいとの連絡がありました。 見てみると、2点有り、いずれも素晴らしい作品でした。 しかし、結構な値段でしたので、冗談で“半額なら購入するよ”と言ってみました。 すると、画廊さんが直ぐ、依頼主に電話、半額でも良いとの返事でした。   実は依頼主が、結婚の際、父親から持たされたものだそうです。 娘さんは、絵に関心が...

続きを読む

篠田桃紅①

私が、西村計雄さんの次に、扁桃核を刺激された画家が居ます。 篠田桃紅さんです。 篠田桃紅さんのプロフィールは以下のようです。 1913年旧満州・大連に生まれる。 幼少から家庭で書の手ほどきを受け、戦後、本格的に創作活動を再開し、既成の書の形にとらわれない墨による新たな形を描き出し、独自の抽象芸術へと移行。 1956年単身ニューヨークに渡り、創作活動に励む。 全米をはじめとしてヨーロッパ...

続きを読む

受診の壁(医師編)

残念ながら、本人も受診する気になり、ご家族も受診する気になり、せっかく受診しても、診察をする医師の態度・レベルで、台無しになることもあります。  まず、詳細な聞き取りもせずに、“年を取ればこの程度の事ありますよ”と言って、訴えに耳を貸さない医師。 これは認知症の知識に乏しい医師に多く見られます。 専門医でも、詳細な検査をしないと患者さんの見かけだけでは、騙されてしまう事があります。 但し、...

続きを読む

error: Content is protected !!