受診の壁(家族編)

実は、受診に二の足を踏むのは、患者さん、本人だけではありません。 ご家族自身が“信じたくない、認めたくない”という感情で受診を躊躇されるケースもあるようです。  特に、実の娘さんや息子さんに、その傾向が強いようです。 対して、配偶者や、お嫁さんは、やはり血が繋がっていないためか、その分冷静な判断をされるケースが多いようです。  配偶者さんや、お嫁さんが、“最近おかしな言動”に気づかれた場合...

続きを読む

受診の壁(本人編)

最近、ホームページの無料相談や、初診の予約の際に、本人が、受診を拒否するので困っているという相談を受けます。 認知症専門外来を受診される際に、喜んで受診される方は少ないものです。 考えてみれば、認知症の検査を受ける患者さんの立場を考えると、“認知症”と診断されたらどうしようと不安になるのも無理はありません。 しかし、多くの患者さんは、ご家族が真剣にお願いすれば、渋々ですが受診してくれます。 ...

続きを読む

西村計雄

その後、縁あって、西村計雄さんの作品は5点ほど所有する事になりました。 西村先生は、渡仏の前後で明らかに作風に変化が見られます。 また渡仏後の1950年代の作品は、かなり抽象的です。 1953年開催のパリ個展の出品作品の一つ「鏡」油彩50号は、土岐内科クリニックの待合室を飾っています。 あまり一般受けしない作品ですが、渡仏して間もない意欲に溢れている作品だと感じられるものです。  196...

続きを読む

西村計雄

私が、最初に好きになった画家は西村計雄さんです。 絵画が特集された月刊誌を見て “良い絵だな!”と思って、作者をみるといつも西村計雄さんでした。  西村計雄さんは、1909年生まれで、1951年に渡仏しパリを拠点に活躍された画家です。 その作品は、フランス近代美術館、パリ市美術館、日本では沖縄平和祈念堂などに所蔵されています。 また故郷である北海道には西村計雄記念美術館があります。 なん...

続きを読む

寅3匹

先週、私の母、寅年の節子についてお話をしました。 ちなみに、母だけでなく祖母も、姉も寅年です。 凄いと思いませんか? 女3人が寅。 気の強い、寅3匹の中で、自己主張しようものなら、噛み殺されてしまいます。 その為か、気の強い女性の中で無難に生き残る術を身につけたようです。 この術は、医師という職業、そして現在の職場環境にとても役に立っています。 人生には無駄なことは何もないのだと思い...

続きを読む

三岸節子展

先週、7月7日は、肥田君の絵を見に行く前に、松坂屋南館で三岸節子展を見てきました。 三岸節子さんは愛知県の一宮生まれの画家です。 戦後、花の絵などで一躍、人気作家になりました。 ちなみに、彼女の“薔薇”という作品(リトグラフ)は、ナーシングデイに寄贈してあります。 残念ながら、職員の評価は今一つのようです。 皆の、扁桃核は刺激しないようです。 ちなみに今回の展覧会は、彼女の明治、大...

続きを読む

三省堂書店  第1位!

三省堂の名古屋店のトップランキングで第1位となりました。 先週の3位に続き、今週は2ランクアップしました。 広大な高島屋11階の三省堂の数ある本の中で、1位とはとても嬉しいものです。 購入いただいた方々には改めて感謝です。  ...

続きを読む

肥田和明君、新人賞おめでとう

先週、7月7日、愛知県美術館で現代美術家協会の現展をみてきました。実は、PAL研究会と倫理法人会の仲間である、肥田和明君の絵を見ることが目的です。肥田君の絵には、新人賞と会友推挙の札がついていました。肥田君おめでとうございます。 絵画の鑑賞は、脳で言えばまさに右脳の領域です。右脳は空間認識を司るからです。時々、絵を見ても良く分からないという方が見えます。彼らは、難しく理屈で考えようとしているので...

続きを読む

ブックフレーミング

トークショー&サイン会の日に、石原明先生からも素敵なプレゼントを頂きました。 私の本を、書籍額装した“ブックフレーミング”です。 これは、一宮市の画廊ダリー株式会社のオリジナル商品です。 ブックフレーミングとは、「本を額装する」ことです。 自分の本が、額装されると見違えるほど立派な面持ちになります。 本を書くとは、プロでもアマチュアでも変わらない思いがあるものです。 そんな大切な思いを...

続きを読む

三省堂書店トップ3入り!

7月4日(日)の三省堂主催でトークショー&サイン会では、知合い以外にも多くの方に本を購入いただきました。 そのお陰で、三省堂の名古屋テルミナ店(名古屋高島屋11階とテルミナ店を含むそうです)のトップランキングで第3位となりました。 考えてみると、広大な高島屋11階の三省堂の数ある本の中で、3位とはとても嬉しいものです。 当日、購入いただいた方々には改めて感謝です。   <トップランキング...

続きを読む

error: Content is protected !!