ゆうちょ銀行も不適切販売・高齢者が投資信託を買ってはいけない理由

Old confident clever concentrated bearded grandpa is checking his calculations sitting in front of monitor at office

私の外来の高齢者の方々は、フィナンシャルプランナー(FP)資格を持つ私の目からすると騙されて投資信託を購入している方がたくさんいます。騙すといえば、悪徳なイメージですが、多くはゆうちょ、銀行、証券会社といった金融機関が取引先です。彼らは、騙す意識もなく、結果的に騙しているため、たちが悪いともいえます。 先日も、新聞で「ゆうちょ銀による高齢者への投資信託の不適切販売」が指摘されていました。そも...

続きを読む

せっかくの公正証書遺言が争族の種にならないために・・認知症専門医が解説

portrait of a senior asian man

通常の内科診療所ではあまりないことですが、当院は、毎月裁判所や弁護士さんから電話がかかってきます。これは、当院が認知症を専門としているからです。これらの大部分は、遺言作成に関するものなのです。 最近は、遺言を残される方が増えてきています。しかし、遺族のためにと思って書いた遺言がかえって、「争族」の原因となっているのです。遺言内容に不満を持つ遺族が、弁護士や裁判所を通じて、遺言を書いた時点での...

続きを読む

介護職・働き方改革を機に、劣悪でない良質な事業所で働こう

Woman assisting man in wheelchair

働き方改革実現進会議が提出した「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律(働き方改革関連法)」が2018年6月29日に可決・成立し、2019年4月から施行されました。 いろいろ賛否のある働き方改革ですが、社会保険労務士によると、「働き方改革は簡単に言ってしまえば、従業員に、適切な有給をとってもらい、相応の給与を払えない企業は市場から退場するということ」とのことです。働き方改革にそ...

続きを読む

上皇后美智子さまが異常を指摘されたBNPとは?・・総合内科専門医が解説

Doctor showing heart hologram from computer.

2019年6月7日宮内庁は、「上皇后美智子さまが近く宮内庁病院で、心臓の検査を受ける」と発表されました。その週初めに行なった定期的な血液検査で、「心不全の診断指標となるホルモンBNP値が正常値を上回っており」ということで、詳しく検査なされるとのことです。 数ある検査項目の中でも、BNPは聞きなれないのではないでしょうか? しかし、臨床の現場では数年前から測定することが可能になりました。心不全...

続きを読む

10分の軽い運動が記憶を活性化・・認知症を予防する運動法について専門医が解説

40歳を超えたころから、記憶力は間違いなく衰え始めます。私のクリニックでも40歳を超えたスタッフが何人集まっても、思い出せないものは思い出せません。しかし、20歳代のスタッフが一人いれば、すぐに思い出してくれることがよくあります。 そんな記憶力を向上する方法があればすぐにでも試したいものです。最近、10分程度の簡単な運動で脳が刺激され記憶力がアップするという研究成果が発表されました。今回の記...

続きを読む

MOOK本「20万人を診察した専門医が教える『ならない・治す認知症』」

2019年6月18日に、私の初の監修本「20万人を診察した専門医が教える ならない・治す認知症」(扶桑社)が出版されます。人生100年時代。長生きができるのは素晴らしいことです。ただし、長生きという言葉の前に「元気で」という言葉がつくことが重要です。 このブログで常々お伝えしていることが一冊の本となりました。今回の本は、雑誌と書籍をあわせた性格を持つムック本として出版されます。気楽に手に取っ...

続きを読む

認知症患者予防の数値目標発表後に取り下げ!この事態を専門医が解説

Senior Woman Doing Crossword Puzzle At Home

2019年5月、政府は大綱の素案で「70代の認知症の人の割合を10年間で1割減らす」など、初めて予防の数値目標を提示しました。しかし、認知症の予防法は確立されておらず、当事者や家族が「予防できるという誤解を生む」などと反発していました。その結果、6月には予防に関する数値目標を取りやめる方針を固めました。 認知症は、単一の原因で起こるわけではありません。いくつもの要因が組み合わせることで発症し...

続きを読む

年金だけは不十分?怪しげな投資に騙されない方法をFP医師が解説

Senior couple with consultant at the office

2019年6月3日、金融庁の金融審議会は、長寿化による「人生百年時代」に備え、計画的な資産形成を促す報告書をまとめました。年金だけでは老後の資金を賄えず、九十五歳まで生きるには夫婦で二千万円の蓄えが必要になると試算。現役期とリタイア前後、高齢期といった人生の段階別に資産運用、管理の心構えを説きました。 こんな話を聞くと、慌てて何か資産運用をしなければと思ってしまいます。そんな皆さんを狙って、...

続きを読む

口の中がカラカラ!常に水分が必要な人へ唾液の増やし方を医師が紹介

最近、講演やセミナー、さらには学生への授業で不思議に感じることがあります。それは、殆どの方が、ペットボトルなどで水分を取りながら聞いていることです。私自身が学生の頃は、水分を取りながら先生の話を聞くことはあり得ませんでした。最近では、殆どの学生が水分をとっています。それどころか、講演・セミナーでは主催者がペットボトルを準備していることも珍しくありません。 実は、最近年齢に関わらず日本人の唾液...

続きを読む

70歳定年延長を利用して、認知症・熟年離婚・老後破産を予防しよう

Tailors talking about a design of the denim

2019年5月、政府は、希望する人が70歳まで働き続けられるようにするための制度案を取りまとめました。人によっては、65歳までの定年延長が一般的になって、さらに70歳まで定年延長することに違和感を感じる方もいるかと思いいます。しかし、これからの超高齢化時代、多くの面から働くことは良いことだらけです。定年延長を逆手にとってより充実した人生を送りたいものです。今回の記事では、老年病専門医として高齢者医...

続きを読む

error: Content is protected !!