認知症患者さんへの対応・時には怒っても大丈夫な理由を専門医が解説

Senior couple, shouting at each other.

認知症専門外来をやっていると、「先生、昨日主人を怒ってしまいました」「母の言動を否定してしまいました」と訴えるご家族がたくさんいらっしゃいます。多くの方々は「認知症患者さんを怒ってはいけない」「認知症患者さんを否定してはいけない」と思い込んでいるようです。 そんな時、私は「我々は仙人ではありません。怒りたければ怒ってください」とアドバイスしています。そうすると多くのご家族が、救われたような表...

続きを読む

エアコン故障で患者が死亡!療養病床の問題点を高齢者専門医が解説

Dark hallway in a scary and possibly haunted abandoned sanatorium from the 1930s

岐阜県の病院で短期間に多くの高齢入院患者さんが亡くなられたニュースがありました。エアコンが故障しており、放置されていたために熱中症との関連も指摘されています。 その病院は、区分で言うと療養病床(療養型病床群)でした。ニュースのおかげでこの療養型病床の問題点も同時に指摘されています。現在、ご家族を療養病床に入院させている家族、もしくは入院を検討されているご家族はさぞ心配されていると思われます。...

続きを読む

手足が動かない…緊急か様子見か?専門医が教える麻痺見極めの全知識

Serious young woman fixing mans feet to a training device

皆さん、想像してみてください。突然、手や足がスムーズに動かなくなったとき、不安になりませんか? 生命の危険をも感じるかもしれません。「麻痺」を感じた時にどうすればいいのか、急にはわからないのではないでしょうか? 事実、手足の動きが悪くなる原因は多彩です。緊急受診が必要な場合もあれば、じっくり専門医の診察を受ける必要があることもあります。または、様子見で改善する場合もあります。 今回の記事では...

続きを読む

脳梗塞・心筋梗塞の再発も予防!アスピリンの凄い効果一覧

Male eating medicine,pill (vitamin) on work in morning.

医師になりたての頃、患者さんの処方に、小児用バファリンが含まれていることがありました。「大人なのに小児用?」と不思議に思ったものです。当時は、低用量のアスピリンを摂取するためにあえて小児用バファリンを処方していたのです。(当時はまだ低用量アスピリン剤の製品がありませんでした) 実は、この低用量アスピリンはとても効果がある薬なのです。そのうえ、薬価も信じられないほど安いというメリットがあります...

続きを読む

咳が止まらない…総合内科専門医が病院受診を勧める7つの原因とは

coughing woman. catching a cold. health care concept.

咳(せき)が止まらなくて困っている患者さんはたくさんいらっしゃいます。実は咳・痰は生体防御のひとつでもあります。痰を伴う症状の初期は、むやみに止めることより、気管支を広げて咳をしやすくすることで気管支内の異物を痰として体の外に出すことが大切です。 一方で、咳が長引くと身体へも負担をかけますし、周囲の方にも心地良いものではありません。今回は、総合内科専門医である長谷川嘉哉が止まらない咳の原因と...

続きを読む

高齢者や認知症患者に多い「てんかん」を見逃さない!5つのポイント

elderly falling in bathroom because slippery surfaces

てんかんというと、小児もしくは若い人に多いと思われがちです。しかし、高齢者及び認知症を主に診察している当院では、高齢でてんかん発作を生じる方がたくさん見えます。 最近の研究では、実はてんかんの発症は、高齢者で最も多いことが分かってきています。高齢者のてんかんは、けいれん等を伴わないことが多く、認知症などを併発することもあり、見過ごされやすいものです。今回の記事は、月に1,000名の認知症患者...

続きを読む

FP資格をもつ専門医がイザというときの就業不能保険を勧める理由

We together

脳神経内科の専門外来をやっていて、人生で最も恐れる状態は「死なない程度に働けない」状態になることです。 言い方はきついのですが、死んでしまえば、生命保険金、住宅ローンが免除され経済的問題から解放されることが多いものです。しかし、脳血管障害などで麻痺を伴うと、多くの方は従来通りの収入を得ることは難しくなります。 公的制度として、そのようなときに収入を補填する柱として「障害年金」が一応用意...

続きを読む

認知症専門医が、漢方薬「抑肝散」を活用する5つの理由

Chinese Medicine

認知症専門外来では、「抑肝散(よくかくさん)」という漢方薬をよく処方します。 しかしながら「漢方薬をお出ししますね」と患者さんや家族に伝えると、「いまさら漢方?」という顔をされる方もいらっしゃいます。実は、抑肝散は漢方ですがとてもよく効くのです。 少し興奮気味の患者さんには特に効果を発揮し、その効果にご家族も驚くほどです。但し、抑肝散には特有の副作用があることも事実です。今回の記事では...

続きを読む

レミニール(ガランタミン)の効果、使い方、副作用を専門医が解説

Amount of medications increases with age

皆様の親御さんが、抗認知症薬レミニール(一般名:ガランタミン)を処方されたとします。そんな時、どういう効果があるのか? 飲むとどうなるのか? どんな症状が良くなる?などと考えるでしょう。 さらに、うちの親の認知症の程度にあっているのか? この薬の副作用は? この薬を変えることはあるの? などの疑問が沸くものです。 今回の記事では月に1,000人の認知症患者を診ている認知症専門医の長谷川...

続きを読む

認知症ケア専門士とは・専門医が資格取得を勧める7つの知識

Senior woman with her elder care nurse

認知症ケア専門士という資格をご存知でしょうか? 私自身、第1回目の試験を受験して資格を取得したものです。当時、スタッフと軽い気持ちで受験申し込みをしました。しかし、試験勉強をしていく過程で、あることに気が付きました。認知症専門医として、「絶対に落ちるわけにはいかない」ということです。そのため、相当真剣に勉強し、無事合格をしました。 合格後に感じたことは、本当に勉強になったということです。この...

続きを読む

error: Content is protected !!