ブレイングボード®を使って姿勢を改善!さらに痩せて見える理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブレイングループでは、認知症を予防するための運動ツール「ブレイングボード®」を開発し、多くの方にご利用いただいています。そんなブレイングボード®を女性の方々に使用してもらうと、「体重は変わらないのに痩せた?」「最近、若く見える?」と言われたなどと嬉しい報告が続いています。ブレイングボード®は、4つの運動を効率的に行うことで、足の裏から自然に姿勢も良くなります。今回の記事では、このツールを開発した認知症専門医・長谷川嘉哉が、ブレイングボード®が姿勢を改善して痩せて見える理由についてご紹介します。

1.姿勢を治すには足の裏から

782371feaf015d7a9e2c

ブレイングボード®

ブレイングボード®は、「有酸素運動」「筋力トレーニング」「柔軟性向上」「バランス性向上」の4つの運動を行うことで、足の裏から姿勢を改善します。足の裏から姿勢が変わる理由をまず解説します。

1-1.多くの女性の姿勢は猿人類

私は、街中でも高い女性の姿勢を見ていると、「猿人類?」と思うような姿勢や歩き方をしている方を見かけます。特に、ヒールをはいていると、足先が内側に向いてしまいます。そうすると、必然的に膝も内側に向いてしまいます。その状態で、歩こうとすると、お尻を後ろに引いたような状態で、胸を張る感じになります。この状態はまさに、猿です。

Woman with impaired posture position defect scoliosis and ideal bearing

左の女性のような姿勢の方をよく見かけます

1-2.ブレイングボード®は足の裏から姿勢を治す

ブレイングボード®を使うと、自然に足の裏の外側に力がかかります。その結果、膝が開き、股関節も開きます。そうすると、ヒップアップして、胸郭が広がり自然に姿勢が良くなります。まさに、ブレイングボード®使用前と後では、人類の進化といえるほどの変化が見られます。

1-3.毎日のブレイングボードの効果は姿勢に現れる

ブレイングボード®を毎日使用すると、姿勢の改善だけでなく、足の裏の感覚が鋭敏になります。私自身も、毎日朝にブレイングボード®に乗りますが、その日によって足の裏の感覚、バランスが異なることに気が付きます。結果、毎日続けていることで、多くの方に姿勢の良さを指摘いただいています。特に、背広を購入する際の採寸の際には、いつも身体のバランスの良さを褒めていただいています。

2.姿勢が良くなるメリット

姿勢が良くなると以下のようなメリットがあります。

2-1.痩せて見える

姿勢が悪く背筋が曲がっていると実際の身長より低く見えてしまいます。姿勢をよくするだけでも身長が高く見えます。また姿勢が良いと胸は大きく、逆に首回りやウエストはすっきり見えます。結果として、周りからは痩せて見られるようになるのです。

2-2.実際に痩せる

姿勢が良くなると、胸が開き呼吸が深くなります。呼吸が深くなると全身の血流の流れが良くなり、基礎代謝も上がります。基礎代謝が上がるとことで、今までと同じ生活をしていても体重が減りやすくなるのです。

2-3.太りにくくなる

姿勢が良くなり、痩せて見えるようになり、実際に体重も痩せてくると、同じ生活をしていても、バランス良く筋肉に刺激が加わります。その結果、筋肉量が増加し、維持されることで、太りにくい体質に変わってくるのです。

3.ブレイングボード®を使った運動の実際

ブレイングボード®の「ブレイング」とは、脳を意味するブレインとトレーニングを組み合わせた言葉です。「ブレイングボード®」の上で運動するだけで、「有酸素運動」「筋力トレーニング」「柔軟性向上」「バランス性向上」の4つの運動が一度にできます。

3-1.うちがえしで姿勢を改善

まず、両足でブレイングボード®に立ちます。すると、自然と足の裏側の筋肉が伸ばされ、柔軟性が高まります。さらに、足の裏で地面をつかむようにしながら、外側に体重をかけると膝関節、股関節、肩関節が開き、自然と姿勢がよくなります。

uchigaeshi

3-2.マーチングで有酸素呼吸運動

ブレイングボード®の上で青竹踏みのように足踏みします。目安は、1〜5分。やってみると、緊張した足の裏に適度な刺激が伝わり、筋肉が柔らかくほぐれていきます。さらに傾斜がついていることで1〜5分でも負荷がかかることが実感できます。

marching

3-3.膝伸ばしで柔軟性

ブレイングボード®の上で膝の屈伸運動を行います。手で摑む場所を膝、ふくらはぎ、足首へと動かしていくことで、全身のストレッチになります。ブレイングボード®に乗る前は手が床につかなかった方も、運動をしてから降りると、あら不思議! 手が床につくように改善される方もいるのです。

hizanobashi

3-4.片足立ちで筋力とバランス

ブレイングボード®の上で片足立ちをすると、通常よりも逆の足にかなりの力を入れて踏ん張る必要があります。その結果、体幹を中心とした筋肉のトレーニングとなり、筋肉量を増やすことが可能です。ちなみに、一分間の片足立ちによる負荷は50分の歩行に相当します。

balance

以下の動画にて、ブレイングボード®の使い方をご紹介しています。

4.ブレイングボード®を使った運動の効果はほかにもある

ブレイングボード®を使った方からは、姿勢・体重以外にも効果の声を頂いています。

4-1.肩こり腰痛が楽になる

ブレイングボード®で足の裏から姿勢を改善すると、肩こり腰痛が楽になります。姿勢が悪いと身体の重心が安定せず、筋肉や関節に緊張を与えて余計な負担になります。肩が前に出ている、背中が曲がっているという、姿勢が悪い状態が長時間続くと、肩こりや腰痛の原因になるのです。ブレイングボード®の運動でこれを予防改善することができます。

4-2.自律神経のバランスが良くなる。

姿勢が良くなると、呼吸が深くなります。呼吸は自律神経とも深い関わりがあります。

姿勢が悪くて浅い呼吸しかできないと交感神経が優位な状態が続き、身体の緊張に加えて心も緊張したままになってしまいます。姿勢が良い状態で深い呼吸ができれば交感神経と副交感神経のバランスが安定し、ストレスや疲れをためず気持ちに余裕も生まれます。

4-3.集中力が上がる

姿勢が良いと脳に適切な量の血液が送られるため、脳の働きがよくなり集中力が上がります。日常生活でも、大事な場面になると背筋が自然と伸びますが、それはやる気が出て集中できるという、きちんとした理由があるのです。

ブレイングボード®は以下のサイトからご購入いただけます。

一般社団法人ブレイング ブレイングボード®販売ページ

5.まとめ

  • ブレイングボード®は、4つの運動を行うことで自然に姿勢が良くなります。
  • 姿勢が良くなると、痩せて見えるようになり、いずれは実際に体重も痩せ、さらに太りにくい体になります。
  • さらに、肩こり腰痛も改善し、自律神経のバランスも改善し集中力もついて良いことだらけです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

認知症予防について専門医・長谷川嘉哉のレポートを無料PDFにて提供しています。

認知症専門医として毎月1,000人の患者さんを外来診療する長谷川嘉哉。長年の経験と知識、最新の研究結果を元にした「認知症予防」のレポートPDFを無料で差し上げています。

・言葉が出てこない…への対策術
・ワーキングメモリ改善で仕事の能率アップがはかられる方法
・物忘れがひどい方のための5つの習慣
・認知症予防の食事とは。○○よりも○が大事な理由
・認知症予防は運動で! その方法とは etc.,

100ページ以上に及ぶ質の高い情報集です。

以下のページで詳細をお伝えしていますので、興味のある方は参考になさってください。


詳細を詳しく見てみる

 
error: Content is protected !!