ファイナンシャルプランナーとは、“お金持ちでない、お金のセールスマン”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ファイナンシャルプランナーといわれる方は、本当多くみえます。

しかし、一様に“お金の匂い”がしません。

“お金の匂い”の意味することは、江上治さん曰く“魅力”です。

魅力があるところには、自然と情報も人も集まってきます。

 ファイナンシャルプランナーには、その魅力に欠けた方が多いように思われます。

その理由について、思いを巡らしていたのですが、とてもよい文章を見つけましたので紹介します。

 “お金持ちでない、お金の専門家”の法則by世野いっせい

「お金の専門家」というと、どういう人を思い浮かべますか?

証券会社、投資会社、銀行、保険会社、 ファイナンシャルプランナーを思い浮かべるのではないでしょうか?

では、彼らは「お金の専門家」でしょうか?

いいえ、『お金のセールスマン』です。

 正確に言うと、「お金の専門家」ではなく、「お金持ち相手に手数料を取る商売をしている専門家」です。

そして、お金持ちよりお金は持っていません。

そのような人が、なぜ「お金儲け」の指導ができるでしょうか?

皆さん、自分よりゴルフが下手な人から、ゴルフを教えてもらう気になりますか?

 彼らは、情報提供を行いますが、これは恐怖心をあおって、自分たちに有利な商品を売ることが目的です。

ですから自分たちに不利なことは決して言いません。

そのため、情報にも「一貫性」がありません。

彼らにいいようにやられないためにも、彼らを「お金の専門家」として信じすぎないことです。

  とても、納得のいく文章でした。

経営者の方々も、「お金のセールスマン」との面談は時間の無駄になるだけでなく、自身の運気をも下げてしまいます。

西田文郎先生の言われるように、ビジネスで成功している、ツキを持った本当の「お金の専門家」との付き合いにこそ時間をかけるべきではないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 
error: Content is protected !!