専門医が教える、ちょっと得するお金の話 遺族年金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自分が亡くなったら残された遺族はどうなってしまうのでしょう。

そのようなときに頼りになるのが遺族年金です。

  遺族厚生年金   基礎年金(国民年金)
平均標準報酬月額 30万 60万  
子の人数(2) 1,762千円 2,273千円 1,251千円

 やはり国民年金の場合、子供が二人で、1,251千円。

遺族年金の場合も、やはり国民年金ではとても生活できる額ではないと思われます。

サラリーマンなら平均標準月額報酬30万で子供が二名で、1,762千円。

平均標準月額報酬60万で子供が二名で、2,273千円。

障害年金に比べ少し支給額は少ないですが、本人が亡くなっていて一人分生活費がかからないと考えると妥当な額かもしれません。

しかもこの場合、住宅ローンは免除されているわけですから、ある意味十分かもしれません。

障害年金・遺族年金いずれの場合も、住宅ローンが負担となります。

住宅ローンを組む場合は、こんなことも考えて組まれてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 
error: Content is protected !!